早春の武蔵野

 春も間近の2月28日、高校時代の友人で、メル友でもあるY氏のお招きにより、東久留米市のお宅を初めて訪ねた。
 10時過ぎ、西武池袋線ひばりヶ丘駅に着くと、早速Y氏の車に乗り込む。せっかくだから、いいところを案内するよと言われ、先ずはじめに行ったのが東大農学部見本林。隣接する東大農場はポプラがあり、あこがれの札幌近郊を思わせる風景が気に入った。見本林には数百種類の樹木があり、それぞれの木に名前、学名、特徴など解説した銘板がついていて、大変勉強になる。平日で見学者は多くないが、それでも、学校の生徒や主婦のグループなどが勉強や散策に訪れている。

東大農学部付属農場事務所ここで見学の記帳をする 農場の風景

 次に行ったのが向山緑地公園。ここには縄文時代早期の「向山遺跡」がある。縄文遺跡の数ある中で、特に7000年前、と非常に古く、一定の「ムラ」の形になる前の原型と考えられる貴重な例と、カンバンに書かれている。
縄文の時代区分については、「古代遺跡」のページ参照。

 次は、1日1万トンの清水が湧きだす南沢緑地保全地域(南沢緑地公園)。ここには、落合川に注ぎ込む4カ所の湧水と周囲を取り巻く雑木林や竹林があり、湧水の一部は水道水に利用され、近くに巨大な貯水タンクを持つ水道局の浄水場がある。
 湧水は、実に清らかで冷たく、一帯はホタルの里にもなっている。
 すぐ近くには氷川神社がある。
 また、この辺一帯は「雑木林のみち 南沢・南町コース」として、散策できるようになっている。

湧水は小川となって・・・落合川に注ぐ。
こんこんと湧出する清水。
東京にもまだこんなに美しい自然が・・・。
氷川神社。

 最後は、竹林公園へ。面積3600m2とそれほど大きくはないが、緑地保全の一つとして昭和49年開設された。このあたりの農家には、どの家にも必ず竹林があったらしいが開発により次第に少なくなっている。それだけにこの公園は貴重だ。

竹林公園の入口。簡素な門がこの公園にはよく似合う。
立派な太い竹の存在感!緑の竹林を見ていると、都会暮らしで疲れた目が癒される。
地下ではタケノコが伸び始めている頃だ。

 ひばりヶ丘周辺は学園都市で、文化的な雰囲気にあふれている。
 また、古い武蔵野の面影が至る所に残っていて、大変住み心地のよさそうな所だ。東京都や東久留米市が環境保全に大変努力しているのがよくわかる。Y氏も毎日散歩を欠かさないとのこと。健康そのものだ。
 今日は色々とご自慢の場所を案内いただいたが、帰って地図を調べたらこれらの場所はY氏の家からほんの数キロ以内にある。Yさん、いいところに住んでますね・・・。
 散策が終わって、Y氏のお宅に伺う。閑静な住宅地の一等地に建つ豪邸だ。奥様の心のこもったチョット遅い昼食をいただき、趣味の話など、会話がはずんだ、と気がついたらもう夕方。お酒も飲んでるし、天気もいいので駅までゆっくり歩いて送っていただいた。
 Yご夫妻、今日は1日ありがとうございました。