ニセコひらふスキーの旅

2月の5年ぶりのスキーにつづき、今度は憧れの北海道はニセコに「遠征」しました。
JAS主催の2泊3日格安ツアー。ちなみに飛行機代、空港からのバス代、食事代込みロッジ宿泊費にリフト3日券、それに宅配便片道付き、これで1人32,800円!しかも航空会社のツアーだけあって往復ともどの便に乗っても料金不変がいい。
こんなツアーも20種類くらいのスキーツアーパンフレットを調査した結果見つけたのだ。

3月17日(日)、2月の斑尾高原で自信を身につけた2人は羽田空港へ。
07:45発JAS105便。最新鋭のボーイング777は憧れの新千歳空港への距離を時々刻々座席のモニターの表示される。羽田離陸後800キロが1時間ちょっとのフライトで0になって着陸した。空港は小雨。周辺の景色に雪が見えない!ニセコに行けば何とかなるだろうか。

専用のスキーバスでニセコに向かう。雨が降って視界が悪い。見慣れた樽前山や恵庭岳も見えない。途中、道の駅「フォレスト276」で休憩。軽く腹ごしらえをする。まだ雨が降っている。
しかしニセコに近づくと天気は徐々に快復し、羊蹄山も徐々に姿を現す。
昼過ぎにニセコひらふスキー場に到着。荷物は宅急便で徒歩5分の「ロッジ浦中」に着いている。ニセコは「ニセコ物語」以来1年半ぶり、スキーはニセコアンヌプリ以来5年ぶりだ。

入念に準備をしてゲレンデに向かう。天気はすっかり快復している。初級コースを選んで足慣らしをして今日は余裕を持って引き上げる。

「フォーレスト276大滝」は国道276号沿いにある、
大きい道の駅だ
超低速で試運転
ロッジ浦中での夕食

3月18日(月)、天気は上々、朝食前にオープン前のゲレンデに行ってみる。羊蹄山から朝日が昇っている。ゲレンデは大型機械で整備中だ。

ロッジに帰って朝食をとる。夏のオーストラリアから雪を求めてここに宿泊するスキーヤーが多いそうで、今日も2組の外人客が食事をしている。

今日は朝から夕方まで充分時間がある。下のコースで足慣らしをして、ゴンドラリフトに乗り込む。朝のうちはなるべく初級コースを選んで一気に下まで滑る。景色がよくゴキゲンだ。
気温が上がって、下の雪質が悪くなってきたのでゴンドラの終点から上のゲレンデを利用して中級コースを練習。昼食も、午前、午後のおやつ休憩も標高1000m位にあるレストランで済ませる。何回も滑るうちに上達していくのがよくわかり、だんだんスピードが上がっていく。あまり調子に乗ると危険だ。

今日も1日無事に終わった。
夕食後は、アンヌプリ温泉に行く。マイクロバス代と入浴料で1人1000円。ゆっくり温泉に浸かって今日の疲れをほぐす。温泉からでて地ビールで乾杯!。うまい!ロッジに帰ってすぐ熟睡したのは云うまでもない。

オープン前、早朝のスキー場。
ロッジ浦中、150人が泊まれる。。
こういう機械で除雪する。
羊蹄山はちょっと雲がかかって・・・。
2日目夕食。毛ガニ付き。
地ビール「小樽ビール」。
ロッジ浦中は一見小さいようだが奥行きがあり150名の宿泊が出来る。平日ですいていた。素朴で、宿の人も大変親切でなかなかよかった。
アンヌプリ温泉。スキーヤーや地元の人でにぎわっている。露天岩風呂は圧巻だ。

3月19日(火)、今日も晴れ。ついている。羊蹄山からの日の出がまぶしい。昨日よりもっと気温が上がりそうだ。早く上に行こう。午前10時、休憩タイムにスキー型巨大温度計(標高
1000m位?)を見ると−5度!3月のニセコとしては異常高温だ。

2人の年輩の女性がボーゲンで慎重に急坂を滑っている。私達も含めて年輩者は比較的少ないのでお互いに親しみを感じて挨拶するが、昼食時にその女性と話をしていたら、年上の方は74才!東京からとのことである。私達もまだ10年はスキーに行きたいと思う。

3時半に空港行きバスが出るので、3日間の無事故を感謝しつつ早めにスキーを脱ぐ。ニセコスキーがあっという間に終わってしまった。ロッジに帰り、帰り支度をしてバスを待つ。ニセコともお別れと思うと寂しさを感じる。雪と温泉と地ビールにご機嫌な旅でした。また、来年もくるぞ〜。

羊蹄山(蝦夷富士)の日の出。今日も快晴だ。
ニセコの最高峰、アンヌプリ頂上。ヌプリは
アイヌの言葉で「山」。チセヌプリ、イワオヌプリ
などがニセコの山々を構成する。
スキー型巨大温度計。−5度C。
昼には−2度Cまで上がっていた。

道路に雪がなく、空港に予定より早く着いたので、千歳市内の寿司店、万留川(まるかわ)さんに立ち寄った。このお店は私が千歳の会社に着任した’94年以来のおつき合いだ。「さば棒寿司」はここの名物で、TVで紹介されたこともある。おいしいお寿司に満足し、空港に向かった。