第14回 HKGゴルフコンペ
6月の「第13回HKGゴルフコンペ」に続き、今年2回目の開催だ。このコンペの経緯など概要については「第13回」をご覧下さい。

台風21号が日本に接近中の9月30日朝、私は北海道入りした。コンペまでは4日ある。
今回の私の計画は、次の通りであった。
     9月30日   ニセコ旅行  ニセコ物語PART3
    10月 1日   ニセコ旅行
    10月 2日   ザ・ノースカントリーGC(千歳)でコンペの予行演習
    10月 3日   ユニオンジャックCCでゴルフ
    10月 4日   ザ・ノースカントリーGCで第14回HKGコンペ 
ところが台風の速度が急に上がって本州を時速80キロで北上し、10月2日午前6時に苫小牧に上陸し更に北上を続けた。そのため、2日のゴルフはキャンセルになった。

翌3日は天気も回復、予定通りゴルフ。メンバーは4人とも翌日のコンペ出席者で3人(西脇、大沢、私)は関東からの参加である。ゴルフ場は違うが、これが予行演習になるが、ダボペースの108。冴えない結果だ。

いよいよ10月4日当日になった。8時00分集合、8時32分スタートとあって7時前に苫小牧の井元氏宅を出発。台風は2日前に通過しているが、天気は非常に不安定。時々激しい雨が降り、遠くで雷がなっている。ゴルフ場に着いても雷雨はますます激しくなって、稲妻がだんだん近くなってくる。今日のコンペの大波乱を暗示しているようだ。コンペ参加者が続々集まるが、これではコースに出られない。と、ものすごい稲妻と雷鳴!。ついにクラブハウスに雷が落ちたのだ!。これは大変。全館停電こそ免れたが、給水系統の配電盤を直撃したようだ。水が止まってトイレが使えない。コンペ中止か、と誰もが思った。
HKG社提供。

芝は大量の水を
含むがもう雨は
上がっている。
参加者:24名
その時、急速に天気が回復し、何と晴れ間も現れてくる。やがて10分遅れでアウト、INに分かれてスタート。まず、全員で記念撮影。

とき  ’02年10月4日(金)
ところ ザ・ノースカントリーゴルフクラブ

ザ・ノースは青木功プロの設計で、北海道らしい広々としたゴルフ場だ。調子がいいときはあまり気にならないが不調時は池がやたらに目につく。
ここのティグラウンドは、レディス、レギュラー、バック(青)の後に黒ティがあって、青木プロがここからプレイするためのティという。

私はINの2組目。パートナーは山里慈氏と2人の女性、野田栄子さん、佐々木律子さん。天気が良くなったのでとりあえずデジカメを持ってスタート。
天気は急速に回復。パートナーもゴキゲンだ。
私達がレギュラーから打ったあと、レディース・ティからのドライバーショットを撮影する。ナイスショット!?

あとは「19番ホール」まで写真を撮る余裕はない。

いろいろ珍事はあったが無事ラウンド終了。
コンペルームでは、幹事さんがスコアの集計、馬券のチェックなどに余念がない。我々は生ビールを飲みながらゆっくりと食事をする。皆さん成績表を見ながらにぎやかに歓談中。

やあ、皆さんお疲れさまでした。

さあ、表彰式・・・。えっ?、優勝の藤島さんは12アンダー!!。しかも、飯間氏、吉田氏ら強豪を抑えてベスグロ85!ハンディは?25
準優勝の、東京から参加の大沢さんは7アンダー!ハンディ32
これらはもう大波乱(失礼)だ。

・・・、で表彰式はスライドショーで。田中工場長から優勝者にはトロフィーと賞品、その他入賞の皆さんにはそれぞれ賞品が手渡された。ちなみに私(三宅は)何もなし。帰りの荷物が増えなくてよかった??・・・
コンペの結果は こちら にあります。

スライドはエンドレスで、最初の画面は優勝トロフィー授与です。
第14回HKGコンペも斯くして無事終了した。次回は2003年6月。
では、皆さん来年お会いしましょう。