'03年6月北海道旅行記

今年3月になり、恒例の「HKG杯ゴルフコンペ」のお誘いが以前私が4年間勤務した千歳市のHKG(北海道工業ガス(株))から届いた。
コンペは年2回あり、毎回参加している。いつもこれに合わせて4〜5日間北海道に滞在している。お気に入りのニセコなどに泊まったり・・・。

今回はもっと北海道でゆっくり旅行しようということで飛行機をやめて車で行こうということになった。家内と計画を練っていたら13日間の「大旅行」になった。出発地は茨城県大洗フェリーターミナル。苫小牧まで約20時間の航海だ。車はホンダCR−V。新車登録1年で、絶好調だ。

と、決めて4月に商船三井のフェリーを予約。フェリー料金は運転手1名の2等料金込みで21000円、それにJAF会員割引10%が利用できて意外に安い。
行きは1人、帰りは2人で二人目は2等旅客6500円。もちろんJAF割引あり。4人ぐらいでフェリーを使うとずいぶん安く行けることになる。

以下今回の旅行記ですが、友人に送ったHTMLメールを貼り付けて手直しした「手抜き工事」をお許し下さい。少し長くなりましたが、ガマンしておつき合いいただければ幸いです。お持ちでしたら、北海道の地図を開いて・・・。

北海道旅行記('03年6月1日〜13日)
(6/01日)雨
夕方横浜の自宅発。
首都高速湾岸線→東関東自動車道で終点の潮来まで行き、国道51号で大洗へ。雨で視界が悪いが車も少なく、成田の少し手前のパーキングで食事して約4時間弱で茨城県の大洗着。
23:59大洗港発のフェリーに1人で車ごと乗り込む。
フェリーは13000トン。22ノットの快速船。ビルのような巨船で殆ど揺れない。

(6/02月)晴れ
苫小牧港まで20時間の船旅だ。本州旅行を楽しんで北海道に帰る車が大部分だ。船内ではラウンジでの読書と沿岸の景色を楽しんだ。若い頃陸路を旅行した北山崎や尻屋岬もよく見えた。
19:45
苫小牧港着、いよいよ憧れの北海道だ。寒いと云ってもよい位涼しい。
早速
千歳まで国道36号を30分のドライブ。ビジネスホテル「HORIN」泊。なじみのお寿司屋さん「万留川」(まるかわ)に行って生ビールと寿司で船旅の疲れを癒す。

(6/03火)晴れ
会社に挨拶の後、恒例の
ニセコへ出発。真狩村で「羊蹄山の湧き水」をペットボトルに補給、真狩村は細川たかしの出身地で湧き水にも「細川たかしのふる里」とある。湧き水には業者の方々が灯油缶のような大きい容器何十本もに汲んでいる。
ここはもう
ニセコ町に近く、2キロほどパノラマライン(道道66号)を行くとニセコ町近藤地区の自家製ソーセージで有名なレストラン「シェーンベルク」だ。ここで昼食にする。

この店は、いちえ会の村岸延子さんの甥、村岸弘さんが経営している。今回は2回目だが、ソーセージの盛り合わせを注文したら自家製パンとコーヒー、それに搾りたての牛乳を1杯サービスしていただいた。
ドイツ仕込みのソーセージが4種類あり大変美味しい。出来たてを出しているので、希望のソーセージがないこともある。酸化すると味が落ちるので出来たてを提供するとのことであるが、ソーセージが、古来保存食だと思っていた私には新鮮な驚きだ。
ここでは村岸さんの指導でソーセージの製造体験も出来る。

国道5号倶知安へ向かう。倶知安から五色温泉に登る道道58号を行くと右手にピンクのカーペットが目に入った。旭ヶ丘公園の芝桜だ。ここで芝桜を観賞して五色温泉に向かう。

五色温泉から
イワオヌプリへ登ったが、30分くらい登ってニトヌプリへの分岐点付近で雪が多く標識が見えず引き返す。登山口の茶店でニセコの登山情報を仕入れて常宿「ロッジチセハウス」に向かう。
織笠敬子おばあちゃんも、経営者で息子さんの昇さんもお元気で、いつもの通り歓迎してくれる。他の宿泊客なし。「露天風呂がいつもより熱いよ」と云ったら夜丁度いい温度に調整されていた。
「ロッジチセハウス」については下記のページをご覧下さい。
ニセコ物語同PART2同PART3

レストラン「シェーンベルク」
オーナーの村岸さん
倶知安・旭ヶ丘公園の芝桜と
残雪の羊蹄山
ニセコアンヌプリとイワオヌプリ チセハウスにて。
織笠敬子おばあちゃん

(6/04水)晴れ
今回はニセコ地域をゆっくりドライブ。これで一度も通っていない道がなくなった。いつも立ち寄る
昆布温泉の郵便局で記念切手を買って貯金をおろす。ここでコーヒーをごちそうになり、1時間くらいおしゃべり。お客様が少ないので局の方々は親切にニセコのことを色々と教えていただけるので必ず立ち寄ることにしている。お客様からも貴重な情報をいただける。郵便局のKさんはメル友になっていただいている。
昼食にどこかおすすめは?と聞いたら、
国道5号線沿線の羊蹄山登山口の「牧歌」がいいですよ、とのこと、早速行ってみる。
1年前にオープンしたとのことで、客も多く繁盛している。倶知安から来たという8人のお客さん達と意気投合、1時間以上も倶知安の名所などについてお話をきいた。その結果、
半月湖に行く予定が、札幌でのアポイントの時刻もあって時間がなくなり、共和町の「吹き出し公園」経由で一路札幌へ向かう。

札幌市内の渋滞もなく、「
ススキノグリーンホテル2」着。
バスルームで硫黄のにおいが染みついた体を洗い、シャツの洗濯をして、いつもの通り「晴れ晴れビル」2Fの「
ななかまど」に出かける。「2次会」は南6西3、中央ビル6F「スナックかなえ」。1時半にホテルに帰る。


チセハウスの朝。今日は曇り空。
泊まり客は私だけ。
昆布温泉簡易郵便局の窓口。公社
になっても変わりなくなく一安心。

(6/05木)晴れ
朝寝坊して10時出発。
国道36号を千歳に向かう。11時過ぎHKG着。
OBの西脇さん、井元さんはすでに来場。歓談の後昼になったので、昼食にまた「
万留川」さんへ。寿司ランチをいただいてゴルフ場へ。翌日のコンペの予行演習だ。

ユニオンジャックCCの薄暮ゴルフはたったの3000円也。もちろん18ホールだ。

終了後近くの名湯「
鶴の湯温泉」に入り、苫小牧へ。3人で回転寿司に行き、今夜の宿、井元さん宅に向かう。やがて、大沢君が到着する。井元さんも北海道に魅せられて引退後苫小牧に家を建て奥様と2人暮らだ。家が広いので4人が充分泊まれる。明日の準備をして就寝。

(6/06金)晴れ
今日はメインイベント「第15回HKG杯コンペ」。6時半出発。途中一宮社長をホテル日航千歳に迎えに行く。7時過ぎザ・ノースカントリーGC着。
コンペ終了後、私は千歳の
HORINへ。洗濯に励む。社長、西脇さん、井元さん、大沢君は支笏湖観光へ。

今日のコンペについては「第15回HKG杯ゴルフコンペ」参照下さい。

6時に、ちとせ地ビール「
BEER WORKS CHITOSE」で待ち合わせ。
私はビールを美味しくいただくためにホテルから24分歩いて到着。地ビールは4種類。「2時間飲み放題、食べ放題」のコースを選ぶが40分ぐらいで満腹する。何とか粘って、2時間後井元さんの車でホテルまで送っていただく。一宮社長、ごちそうさまでした。

洗濯の続きをして一休みの後、1人で清水町の「
スナックJOKER」へ。去年10月以来で懐かしい。ここでも千歳の最新情報を色々と・・・。
2時間ぐらい歓談して11時半頃ホテルに帰着した。

サケが遡上する清流千歳川の岸辺にある地ビールレストラン。
近くにはインディアン水車や「さけのふるさと館」もあり、千歳の名所になっている。

(6/07土)晴れ
今日のゴルフは「
ワシントンクラブ札幌GC」12時30分スタート。
その前に、北海道最古の日本酒醸造元、「北の錦」ブランドで有名な栗山町の「
小林酒造」を5人で見学する。試飲だけしてゴルフ場へ。HKGの田中工場長も到着され昼食後2組でスタート。トリッキーなコースの上、3連ちゃん目のため疲れが出たのか、私は絶不調。

私は、18時着のJALで千歳に着く家内を迎えるためにゴルフ終了後お先に出発。空港に少し遅れて到着。
HORIN泊。チェックイン後、久しぶりに北海道料理の「裏長屋」に行く。
カウンターでエゾシカの刺身やじゃがバター、焼きタラバetc.etc。北海道のおいしいビールと料理にオクサンも私も大満足。

小林酒造「北の錦記念館」 北海道料理の「裏長屋」千歳の
中心街、アーケード通りにある。


(6/08日)晴れ
千歳から
平取(ビラトリ)へ。平取はアイヌコタンで有名だが、市街地から30キロくらいの所にスズラン群生地がある。あまり知られていないが広大なスズラン自生地で花の香りが漂う。今日は日曜日で、スズラン祭りの最終日。平取はトマトの名産地で、ジュースもとびきり美味しい。
また平取和牛も有名でバーベキュー用に売店で売っていた。

スズラン観賞後、日高経由で
日勝峠へ向かう。日高側は晴れているので峠からの展望を期待したが、十勝側は霧が立ちこめ視界ゼロで残念!。やむを得ず十勝清水に降りて扇ヶ原展望台に行ってみると、ここからも十勝平野には霧がかり、薄く見える程度だ。

時間がまだ早いので
然別湖に行く。観光客は殆どいない。ここは静かな湖面になだらかな山が影を落としていて心が安まる。湖畔を散策して、今日の宿、「然別峡かんの温泉」へ。温泉博士、札幌国際大の松田先生が絶賛するだけあって非常にいい温泉だ。建物の入口に「猟銃持ち込み禁止」とある。この辺は鹿が多いのだろう。

かんの温泉は一軒家だが内部は迷路のようになっていて、慣れるまでが大変だ。また5カ所の浴場は館内バラバラに配置されていてなおさらわかりにくい。これは、泉源が別々で、泉源に最も近くして、お湯の劣化を防ぐためらしい。

私が最も気に入ったのは露天風呂。新緑に囲まれて最高の気分だ。夜は満天の星空。
山菜料理と温泉と・・・。大変満足した。

平取のスズラン。スズラン祭りは
今日で終わりだが花は最盛期。
日勝峠。
十勝側はこんな感じ。
然別湖畔。シーズン前か日曜と
いうのに観光客は少ない。
かんの温泉の露天風呂。
樹齢800年の檜で作ったという。

(6/09月)晴れ
かんの温泉をあとにして、昨日行った扇ヶ原展望台(今日は少し視界良好)、然別湖を通って糠平へ。ここから国道273号を北上する。
やがて
三国峠に着く。ここからの眺めも好天に恵まれ素晴らしい。残雪の大雪の山々が輝いている。大雪湖を横目に見て国道39号に入るともう層雲峡だ。

今日の主目的は
滝上の芝桜。泊まりは層雲峡。ここまで戻るので層雲峡は素通りし、一路滝上に向かう。上川を通って、長〜い「浮島トンネル」を抜け、30分くらい走ると滝上町の芝桜公園に着いた。

滝上町のホームページには芝桜の開花状況が毎日更新されていてちょっと時期が遅いのを承知で来ることにしていた。5月の連休頃が最も見頃という。芝桜祭りは昨日(日曜)で終わりレストランも1カ所しか開いていない。観光客も少なくゆったり見学できた。

花は減っていて葉の緑が混ざっているが、広大なピンクの絨毯に感激する。6日前倶知安の芝桜を見たが、ここは規模が全く大きく迫力が違う。最盛期にまた訪れたいと思う。

芝桜を充分堪能して層雲峡に引き返す。

層雲峡温泉マウントビューホテル」にチェックインして層雲峡の見物に。以前10月に来て紅葉の素晴らしさに圧倒されたが、新緑の層雲峡は初めてだ。
流星の滝」、「銀河の滝」が見渡せる「双瀑台」に30分かけて登る。
滝の上部と同じ目線で二つの滝が見える。駐車場まで慎重に降りて来る。一汗かいてホテルに戻った。

「マウントビューホテル」は温泉街にあって唯一ロッジ風のお洒落なたたずまい。料理もカニつきで豪華版だ。
滝上の芝桜。広さの
表現が難しい。
ちょっと遅いが
まだこんな所も。
層雲峡。銀河の滝
&流星の滝。
(6/10火)晴れ
ホテルを出発し、道東の美幌峠を目指して国道39号を東に向かう。150キロ先だ。
その前に層雲峡の「
大函」を見学する。層雲峡独特の柱状の岩が間近に見えて面白い。層雲峡の名所の一つになっている。

石北峠のパノラマを楽しんだあと温根湯留辺蘂(るべしべ)を通り北見市街に入る。北見駅の近くで信号待ちして地図を見ていたら頭上から「ドコ行くの?」。北見バスの運転手さん。「美幌峠」と答えると「橋を渡って坂を上ってまっすぐ。その先を「左折しないで」まっすぐ行くと美幌・・・」。「左折云々」は何と27キロも先。北海道は人も土地もスケールが大きい!。

美幌峠も快晴!眺望最高だ。9年前の夏、千歳に単身赴任の最初の年に家内を呼んで道東旅行した。この時は天気がすぐれず、ここも、摩周湖も、阿寒湖も霧に閉ざされていた。今回こそ・・・と再挑戦し、見事に峠からの屈斜路湖の景色をモノに出来た。

美幌峠を越えて屈斜路湖畔へ。湖畔を半周する形で次は川湯温泉を通って摩周湖へ。第3展望台第1展望台の両方から神秘的な湖面を観賞できた。不満といえば第1駐車場の駐車料金400円。硫黄山の駐車場と共通とは云え、平日でがらがらの駐車場料金は半額くらいにならないか。ちなみに硫黄山の駐車場は利用していない。

摩周湖を堪能したあとは阿寒湖へ。
阿寒湖手前に、
雄阿寒岳と?岳が見える「双岳台」(私には雄阿寒しか見えなかった)と、ペンケトーパンケトーが見える「双湖台」があってなかなかいい眺めだ。9年前はここでも霧が・・・。

阿寒湖畔で一休み。ここからの
雄阿寒岳は美しい。
休憩後一走りし、
雌阿寒岳のすぐ西にある雌阿寒温泉のひなびた宿「オンネトー温泉景福」に旅装を解いた。
この宿は5室しかない小ささで有名な宿だが、広い露天風呂がよい素晴らしい温泉だ。今夜も3回温泉に入って、運転の疲れを癒した。

層雲峡「マウントビューホテル」 美幌峠から屈斜路湖
第3展望台から摩周湖 阿寒湖畔から雄阿寒岳

(6/11水)晴れ
今日は札幌まで470キロの遠距離ドライブが待っている。

景福」から5分くらいで「オンネトー」。山間の小さな湖で、水の緑色神秘的で深い味わいがある。風が全くなく、鏡のような湖面に雌阿寒岳の影がとてもきれい。「トー」はアイヌ語で湖の意味。

オンネトー東雲湖オコタンペ湖と共に北海道の3大秘湖と云われるだけあって素晴らしい。観光バスが次々にやってきてにぎやかだが、彼らが立ち去ると元の静寂に戻る。透明度も高く、湖底に朽ち木が見える。
湖岸から800メートルの
展望台に登って一汗かく。降りてきたら少し風が出てさざ波が立っていた。

オンネトーから足寄(あしょろ)へ。開通して3日目の「道東自動車道足寄−池田間約30キロを走ってみる。黒光りするアスファルトが鏡のようにフラットで全然揺れない。もちろん車は殆ど通らないがクマもいない。さすが、S.宗男サンの「努力」で出来た道路だ。
池田インターを通過して終点の十勝清水インターまで高速を行く。
広大な十勝平野を眺めながらのドライブはなかなかいいものだ。

道北道の資料をもらおうとパーキングに入るが、無人で自販機があるだけ。お目当ての公団発行の道路地図はなかった。
パーキング出口の行先表示が「
札幌」と表示されているが、清水−夕張間130キロは未完成。知らない人は高速で札幌まで行けると勘違いしそうだ。でも、「札幌」の標識は道路公団の人たちの「意気込み」が感じられて、良い、悪いは別として面白い。
高速を降りて
国道38号狩勝峠へ。ここも眺望は最高!。景色を堪能して南富良野町に入る。道の駅「南ふらの」で昼食。
子供達へのおみやげに、調理済み、真空パックした「じゃがバター」がめずらしく、買い込む。

富良野までは走り慣れた国道237号を行く。途中から十勝連峰の山々がよく見えた。

中富良野町のラベンダー畑のパイオニア、富田忠雄氏経営の「FARM TOMITA」に行ってみる。ラベンダーは温室の早咲きがわずかに咲いている程度で、屋外はまだ。しかしポピーやサルビア、その他ラベンダーと似た色の花など色とりどりで大変美しい。ラベンダーのソフトクリームを食べて出発する。

芦別赤平を通って38号を滝川へ。国道12号275号で札幌に入るつもりでいたが、6時のチェックインに間に合いそうもない。やむを得ず道央道に乗る。札幌市内に入ると夕方のラッシュと重なり、久しぶりの渋滞にはまりこむが、首都圏の大渋滞でいつもひどい目に遭っている私としては大して苦にならない。丁度6時に中島公園に近い「ホテル330グランデ」にチェックイン。

夕食は
狸小路5丁目の「魚や一丁」で。安くてうまいだけあって15分待ち。札幌で待たされたのは初めてだ。この店は、昔何回も行って安くて美味しい、との記憶があり、今回も確かに良かったが、新横浜にもあると聞いてがっくり。知らなかった。
景福の露天風呂 オンネトー温泉「景福」
オンネトー。湖面は鏡のよう。 中富良野の「ファーム トミタ」。
ラベンダーはあと1ヶ月か。

(6/12木)晴れ
今日は北海道最後の日。チェックアウト前に大通公園中島公園を散策する。市内の散歩を終えて、ホテルへ戻る。

チェックアウト後「
芸術の森」へ。有島武郎の家と野外美術館に入場し広い館内を見学するとさすがに疲れた。

国道453号支笏湖まで行き千歳に向かう。2時前寿司の「万留川」に行ったら幸いにもまだ営業中。早速海鮮丼を2人でいただく。

道産市場」でおみやげを買いそろえ、苫小牧のフェリーターミナルに向かう。大洗行きフェリーは18:45発。2時間前に着くように云われているので余裕を見て16時過ぎ着。17時頃から車の乗り込みが始まった。

このころから私達の北海道旅行が終わるのを待っていたように霧雨が降り始めた。やがてフェリーが出航し、楽しかった北海道の旅は終わった。外は霧で何も見えない・・・。
札幌大通公園 芸術の森美術館。「美術館」
というよりハイキングコース?
 
(6/13金)曇り
夜が明けても何も見えない。(行きはリアス式海岸の陸地が常に見えていたが・・・)13:30
大洗港定刻到着。

(以下はオマケ)
千葉県は水郷
潮来(いたこ)と佐原では「あやめ祭り」の真っ最中。天気だったら・・・、と行く前から見学を予定をしていた。

潮来まで国道51号で行き、6月1日から始まった潮来のあやめ祭りを見る。
ここは、95年6月25日、HKGの岡 健君・厚子さんの結婚式が行われた所。式場に行く前にちょっと
あやめ祭りを見たので大変懐かしい。潮来ののどかなたたずまいが大変気に入ったのでよく覚えている。

花菖蒲が満開で見応えがあった。ゆっくり見物し、
潮来インターから帰途についた。めずらしく渋滞がなく、19:00無事自宅に帰り着いた。
潮来のあやめ祭り。
ここ前川あやめ園には100万株のあやめや花菖蒲が植えられている。


  
全走行距離   : 2391キロ(1486マイル)
ガソリン消費量 : 218L(57.6USガロン) 5回給油。
燃料消費率   : 11.0km/L(25.8マイル/ガロン)

1.4トンを超えるCR-Vとしては燃費良好と感じました。ご参考まで。

ご精読ありがとうございました。