ニセコ物語 PART4


千歳で行われる定例のゴルフコンペへの参加に合わせ、またまた北海道へ。3月のスキー、6月、今回、と今年3回目だ。今回も横浜から車で行くことにする。6月と同じく茨城県の大洗港から苫小牧行きのフェリーをインターネットで予約する。
このところゴルフの前にニセコを訪ねる日程が定番になっている。
数日間天気が良さそうなので、今回はぜひニセコの主峰「アンヌプリ」登山と沼めぐりをしたい。そこで、登山靴、ザック、雨具、防寒衣、それとクマよけのカウベルなど一式を車に積み込む。


10月5日(日)18:30大洗発、商船三井のフェリー「へすていあ」号。総トン数13539トン、全長192mもある巨大フェリーだ。17800馬力の高速ディーゼルエンジンを2基搭載して外洋を24ノット(時速44キロ)で航行する。出航2時間前に港に到着しなければならないので、余裕を見て12時過ぎに家を出発する。
6月に同じフェリーを利用しているので、道を間違える心配はない。
日曜日の昼間の道路は殆ど渋滞しない。東関東自動車道も成田を過ぎると一段と車は少なくなる。高速代を節約するために佐倉ICまで一般道を走って高速に乗り終点潮来(いたこ)まで行く。15時50分頃大洗港に到着した。

係員の指示に従ってフェリーに乗り込む。日曜日の夕方発ということで、広い2等客室はガラガラだ。
船内には大浴場、レストラン、展望室、売店など完備していてちょっとしたホテル並だ。寝ている間に車ごと北海道まで連れて行ってくれるので、こんなにいいことはない。
台風のあとということでうねりが残っているが、200mもある船はあまり揺れない。
苫小牧まで約19時間。TVでNYヤンキースの野球を見たり、展望室で本を読んだりしてひまをつぶす。他のお客さん達と情報の交換をするのも楽しい。
翌日昼過ぎに苫小牧に近づき懐かしい樽前山が見えてきた。船は、わずか10日前、9月26日早朝に発生した十勝沖地震で不運にも石油タンクが破損して火災になった出光の精油所のすぐそばを通る。火災で赤さびた直径50mもあるタンクの残骸も見える。燃焼中は安全のためフェリーは欠航したとのことで、もし1週間早かったらフェリーで来ることが出来なかったかも知れない。
樽前山 後部デッキにて 出光の焼失タンク(鉄錆色)

定刻13時15分苫小牧着。天気は良好だが少し寒い。
早速、倶知安まで続く国道276号でニセコに向かう。喜茂別の近くまで来ると羊蹄山が見えてくる。
寄り道せず走行を続けて、倶知安から五色温泉への急な坂道を登る。イワオヌプリ北側の紅葉が最盛期だ。4時前に無事「チセハウス」に到着した。今回は、初めて2泊する。
敬子おばあちゃんも、昇さんも元気で歓迎してくれる。今日も泊まり客は私だけ。

6時の夕食まで充分時間があるので、ゆっくり温泉に入る。昇さんは、「温泉」と「音楽」は日本一と自負する。音楽は、週末にご自慢のバンド演奏がここで開催される。私は聴いたことがまだないが、1度は聴いてみたいと思う。
チセハウスのことは、下記のページを参照下さい。

ニセコ物語
(01.10)
ニセコ物語
PART2
(02.6)
ニセコ物語
PART3
(02.10)
北海道旅行記
(03.6)
喜茂別から羊蹄山 アンヌプリ遠景
夕食はカニ付きの豪華版。ニセコは山の中と思われるが、ここから日本海側の漁港、岩内までは車で1時間もかからない。ビールの酔いがさめた頃にまた温泉に入る。露天風呂からは満天の星が眺められる。幸福感がいっぱいだ。明日は「アンヌプリ」に登るぞ〜。

翌日は絶好の登山日和になった。8時からの朝食の前に周辺を散歩する。近くに蘭越町営「大湯沼自然展示館」がある。もちろんまだ開いていないが、外の散歩は自由だ。ななかまどの紅葉が美しい。
宿に帰って朝食をとる。おばあちゃんが作る家庭料理は素朴で美味しい。昼食用に作ってもらったお弁当を持って、9時にロッジを出発。車で4キロほどの五色温泉休憩所の駐車場で登山の準備をして出発する。地元で発行される「NISEKO EXPRESS」によると、標高差558m、1時間30分とある。

アンヌプリ登山
アンヌプリへの登山口は道路を渡ってすぐのところにある。9時30分、備え付けのノートに登山計画を記入し、早速山道に入る。前々日まで降っていた雨で道がぬかるんでそれが凍っている。帰りは氷が融けて泥んこになるだろう。好天を見越して札幌や江別から可成り登山者が入っていて、1人旅の私も安心だ。イワオヌプリの紅葉が美しく、写真を撮るのに忙しい。目指すピークは常に見えていてそれがだんだん近づいてくる。
ジグザグの急坂を登ると頂上は間近となる。風景を観賞しているうちに、さほど苦労もなく1308.2mの三角点に着いた。11時0分。ガイドブックの時間通りだ。360度展開するパノラマは圧巻だ。羊蹄山も頭に雪を戴き、目の前にそびえている。
函館の駒ヶ岳や、支笏湖の近くの恵庭岳樽前山も視界に入る。スバラシイ!
チセハウスのある湯本温泉近くの霜柱。
蘭越町営「大湯沼自然展示館」付近の紅葉。
町営国民宿舎「雪秩父」から大湯沼。
湯の温度は90度。湯本温泉郷の泉源になっている。
五色温泉からニセコの主峰「アンヌプリ」(1308.2m)。
麓の紅葉は見事だ。
アンヌプリ登山道からの「イワオヌプリ」(1116m)。
倶知安から五色温泉に至る道道58号から見る裏側の
紅葉も素晴らしい。
Nach dem Gipfel! アンヌプリ頂上へ。
頂上付近から五色温泉。
宿は五色温泉旅館1軒だけ。
頂上の三角点にて。
蝦夷富士の別名を持つ「羊蹄山」(1898m)。
4カ所から登れるが、いずれも登山口から4〜5時間
を要する。残念ながら私はまだ登っていない。
登るより見る山?。
岩内町と日本海を望む。右に「泊原発」も見える。
羊蹄山を背景にもう1枚。
倶知安の街並みが手に取るように見える。
頂上に建つ避難小屋。
頂上から再びイワオヌプリ。ここより200m低いので
見下ろす状態に。

毎年スキーシーズンにゴンドラやリフトで登る南側が、無雪期にどんな風に見えるか確かめたく、少しサブピークの方に下りてみる。冬季とは可成り違う印象だが、大体の見当はついた。スキーリフトで一番上まで行くと、頂上はすぐ近くに見えるが上からだとリフトは可成り下に見える。また頂上に戻って、おにぎり弁当をいただく。
心ゆくまで景色を堪能して12時30分に下山開始。得意の下りは快調に飛ばして55分で登山口に着いた。帰着時刻をノートに記入し、車に戻る。

鏡沼へ
本日の予定はもう一つ。「鏡沼」探訪だ。ここは以前から敬子おばあちゃんから行くように薦められていたところだ。
登山靴のまま車を運転して、15分ぐらいで「鏡沼入口」に着く。道路脇に駐車出来るちょっとした空き地がある。「先客」の大型ミニバンが1台。私はその後ろに停める。ザックを担いで早速歩き始める。
入口に「クマが出る」とあるので過去何回か躊躇したが、今日は、天気もいいし、時間も早い。クマよけのカウベルもザックにぶら下げている。おまけに先客も入山されている・・・。おそれることは何もない。
よく整備された道は、小さな滝あり、木々の紅葉ありで楽しい散歩道だ。約30分でダケカンバの原生林に囲まれた沼のほとりに着く。「素晴らしい」の一言。名前の通り鏡のように静まりかえっている。神仙沼もいいが、こちらは人も少なくより神秘的だ。初夏にはワタスゲの群落が咲き誇るとのことだが、今はダケカンバにナナカマドなどの紅葉が映えて見事だ。

「先客」は中年のご夫婦だった。大阪に長らく住んでいらっしゃったが、ある時ニセコに旅行されて虜になって、今は真狩村に住んでおられる。真狩は細川たかしの故郷で、「羊蹄山の湧き水」に行きましたと云ったら、「その近くですよ」とのこと。誠に羨ましい。他に人はいない。

鏡沼の素晴らしさを満喫して「鏡沼入口」に戻った。
鏡沼入口の標識。沼まで1.6キロ。
何となくじめじめしていて入りにくい。
鏡沼の標識。
ここを経由して「アンヌプリ」に登るコースもある。
静まりかえった鏡沼。絶景だ。名前の由来に納得。
少し風が出てさざ波がたっている。
周辺のダケカンバと紅葉が美しい。
紅、黄、緑、白のコントラストが鮮やかだ。
沼面に写る木々がさざ波によって
オーロラのようにゆれている。

道道58号を倶知安駅まで下りて国道5号を行く。そろそろ給油しなければならない。国道をスタンドを探しながらニセコ町まで行くが見あたらない。結局ニセコ大橋を通ってチセハウスに帰った。
倶知安駅から羊蹄山 ニセコ大橋とアンヌプリ

チセハウスの2泊目も温泉三昧。今日もどうやら私だけのようだ。
夕食をいただいていたら日帰り入浴のご夫婦が来られた。1時間ぐらいすると風呂から戻ってこられた。近くに住んでいるという。このカップルもニセコの土地に魅せられて都会から移住してきたとのこと。
明日お茶でも飲みに来ませんか、とお誘いを受けたが明日もスケジュールが詰まっていて・・・、と辞退した。土地の皆さんはとてもおおらかで親切だ。

敬子おばあちゃんと昇さん。
親子2人でチセハウスを守っている。

半月湖へ
翌日もお天気は上々。今日は羊蹄山の西側からの登山口近くにある「半月湖」に行こう。
朝食を済ませて9時にチセハウスを発つ。また、敬子おばあちゃん、昇さん来年来ますのでお元気で・・・。
昨日給油し損ねたのでガソリンが少々心配になってきた。昇さんに一番近いスタンドは?とたずねると「楠村商事」。彼のスカイラインGTもここで給油しているという。昆布駅のすぐ近くの国道5号沿いとのこと。シェルのスタンドだ。早速行って給油機のそばに車をつけるが誰も出てこない。しばらく待って、店内に「お願いします」と入っていったらやっとおじさんが出てきて給油が始まった。こういうのどかなところが好きだ。

次は、昆布温泉簡易郵便局でお金おろし。ここもニセコに行くと必ず立ち寄るおなじみのスポット。窓口の小口さんにメールでニセコ旅行のスケジュールを連絡しておいたので、小口さんと木村さんが待っていてくださった。用事はお金の払い戻しと記念切手の購入だが、いつもの通りニセコの口コミ情報が得られて次に行くときの参考になる。また、スキー場に雪が降りましたよ、とメールをいただいたりしている。
今、楠村商事でガソリンを入れてきましたと云ったら木村さんが私もそこで入れてます、とのことで、この近くには「楠村」しかないのかな、と思って楽しくなった。今度もコーヒーをご馳走になって色々お話しをきいて、出発する。
おなじみの昆布温泉簡易郵便局にて。北海道の花木の記念切手を購入。
近くには立派な温泉ホテルや「甘露泉」という名水の湧出口がある。

パノラマライン(道道66号)をニセコ町まで下り、羊蹄山を眺めながら国道5号を北上すること約10分、登山口入口に右折して5分ぐらいで駐車場に着く。ここに車を置いて登山靴に履き替え、半月湖に向かう。今日も平日のため人はキャンプ場に1人だけ。
道は少し登ってやがて湖に下っている。20分ぐらいで湖畔に降り立つ。半月湖は鏡沼の開けた感じと違って鬱そうとした森の底に静かに佇んでいる感じだ。

半月湖は羊蹄山登山口近くにある。
羊蹄山登山行程の標識。
湖への道。ダケカンバの緑が心地よい。
道はよく手入れされていて歩きやすい。
半月湖俯瞰。森に抱かれた「秘湖」。
湖面。神秘的だ。
正面の斜面から風が降りてきて、さざ波がたっている。

誰もいない湖畔で静かな一時を過ごして来た道を戻る。駐車場に戻って靴の泥を落とし、車に乗る。
国道に出る手前に「牧歌」という食堂がある。前回、郵便局で教えて貰って食事したところだ。しかし、今回は満席だ。残念だが、諦めて倶知安でラーメンを食べ、一路今宵の宿、札幌に向かった。

途中、中山峠で休憩する。ここからも羊蹄山が美しく見えていた。私との別れを惜しんでいるように・・・。
中山峠にて。ニセコから札幌へのほぼ中間点。