ニセコ物語PART5

今年も6月初旬、千歳の北海道工業ガス(株)からゴルフコンペのお誘いを受け北海道にやってきた。

3日間のゴルフのあとニセコ方面に出発する。

「ニセコ物語、同PART2〜PART4」については、
私の旅行記
をご覧下さい。


北海道での日程は、次の通り。
 6月2日(水)13時15分苫小牧着。札幌泊。
   3日(木)午前中札幌の大通り公園観光、ライラックの花を楽しむ。
      午後ゴルフ練習ラウンド(ユニオンジャックCC)。
   4日(金)北海道工業ガス(株)HKG杯コンペ(千歳国際GC)。
   5日(土)もう1日ゴルフ(スポーツ振興千歳CC)。
   6日(日)積丹半島→岩内経由ニセコへ。ロッジチセハウス泊
   7日(月)イワオヌプリ登山。倶知安、ひらふ駅→ロッジチセハウス泊

   8日(火)18時45分苫小牧発,、大洗へ。

今回も大洗港からフェリーで苫小牧まで行くことにする。19時間の船旅は長いが時間がたっぷりあるのが定年退職者の特権だ。片道2等(大部屋)22000円だがJAF会員割引10%で19800円。今どき大部屋を好まない人が多く、2等寝台(+2500円)以上の客が増えているので大部屋はガラガラだ。一度は2等寝台にしたことがあったが狭くてかなわない。飛行機代と大差なく、宅急便代やレンタカー代など現地での交通費を考えたら重い車とドライバー1人を運んでくれるフェリーは安い。旅客だけだと1人6000円弱だ(JAF割引で)。
・・・、というわけで愛車「ホンダCR−V」にゴルフ用品やおみやげなど荷物を積み込んで茨城県大洗港へ。
往きは、北海道旅行への期待感から旅客の皆さんは陽気でにぎやかだ。知らない人と行き先の情報を交換したりするのはとても楽しい。読書したり、マリンシアターで映画を見たり、結構退屈しない。シアターでは「マジソン郡の橋」を上映していた。
大部屋では、アメリカ人の青年が乗船していて、1時間位話しをして北海道のことを色々教えてあげた。彼はアトランタ在住で、マウンテンバイクで旅をしながら英語を教えているという。名刺には、「artist bicyclist traveler」と書いてある。日本に初めて来て日本語はあまり話せないという。3ヶ月間北海道を旅するというが、彼が持っている地図は何と1枚の「日本地図」。それでは細かい地名が出てないでしょう、と私が持ってきた北海道の道路地図帳で詳しく説明してあげたら大変感謝された。空港の案内所や札幌の紀伊国屋か丸善で英語の北海道地図を探したらいいですよと云っておいたが見つかっただろうか。
紺碧の太平洋を航行する「へすていあ」号 苫小牧港のアメリカ人ツーリスト。スゴイ荷物だ。

6月6日(日)苫小牧の知人、I氏宅を8時に出発、国道276を倶知安まで行く。ここで国道5号に入り、ニッカウィスキーで有名な余市にいく。ここから積丹半島の海岸沿いに走る国道229を行く。国道229は以前、神威岬の南側約7キロが未完成で岬を周回出来ず、迂回路もなかった。平成8年、この部分が開通したが、私はまだ通ったことがなかったので今回周回を試みた。余市〜岩内間ほぼ100キロの道のりだ。岩内からニセコの宿までは30キロ。半島の景観をゆっくり楽しむ時間が充分ある。

余市を出て美しい海岸を見ながら走る。8年位前の冬、古平町のトンネルに2万トンの巨岩が落ちて国道を通行中のバスや乗用車が押しつぶされるという大惨事があった。このあたりは巾の狭いトンネルが多数あり、通行時には緊張するが、今は立派な巾広いトンネルが新しく造られて見違えるように通行が容易になっている。美国を過ぎると国道は海岸を離れるが、積丹岬の先端まで行くために道道(どうどう)に入る。岬の駐車場で車をおり、遊歩道を灯台に向かって歩く。ここから見る日本海の景色は素晴らしい。

積丹岬で食事をして出発。また国道に戻って10キロほど行くと神威岬の入口に着く。神威岬は一度来たが、車から出られないくらい風が強く岬の先端まで行くことを諦めた。今日は天気も良く、風もそれほどでもないのでゆっくり散歩を楽しめる。神威岬は積丹半島の最大の見所だ。よく整備された遊歩道を行くとエゾカンゾウの黄色い花が咲いている。岬の方に歩いていくと木製の小さな門があり、「女人禁制の地・神威」とある。もちろん今は女性も通行自由。ここも先程の積丹岬と似た海岸線の風景が広がる。

神威岬を出てしばらく行くと、8年前に開通した部分を走る。この辺は神恵内村という土地だ。国道から奥まった場所に「レストハウス西の河原」があり、その前に国道開通の記念碑が建っている。

ここを過ぎるとのどかな海岸沿いの道となり、やがて羊蹄山が見えてくると岩内はもうすぐだ。
札幌大通公園のトウキビとジャガイモの屋台と紫のライラック。
トウキビ300円、ジャガイモ200円。
積丹岬の風景。奇岩が目白押し。
積丹岬の灯台。
神威岬の海。限りなく透明なブルー。
「神威」はアイヌ語で神を表す。
神威岬に咲くエゾカンゾウ。
神威岬の海岸風景。陸の緑が美しい。
岬の先端。神威岩。
神威岬の灯台。明治21年完成。43キロ先まで光がとどく。
一般国道229号開通記念碑。平成8年 神恵内村。
起点 小樽市
終点 江差町
全長 287.6km
この国道完成によって積丹町と神恵内村がつながった。
岩内に近づくと羊蹄山が見えてくる。いつ、どこから見ても美しい山だ。

岩内からはパノラマラインをゆったりとドライブ。明日「イワオヌプリ」に登るので、五色温泉の登山口にある休憩所に行ったら4時過ぎなのにもう閉まっていた。今日は日曜日でニセコの山開き。登山客が多いはずなのに・・・。丁度山を下りてきた2人連れのパーティに様子を聞いたら、今年は雪が少なく登りやすいとのこと。去年同時期は雪のため登山を途中で諦めたのでラッキー!。
安心して常宿「ロッジチセハウス」に旅装を解いた。敬子おばあちゃんと再会した。
夕食前に温泉に入る。硫黄のにおいがたちこめていて、いかにも効能がありそうな感じだ。
日曜の宿泊は初めてだが、今日も泊まりは私だけ。日帰り客は多く、外国人の女性も来ていて、夕食をいただいていたら「オイシソウデスネ」と挨拶された。

6月7日(月)。今日はイワオヌプリに登る。1時間ちょっとで登れるので全然急がない。8時の朝食前に周辺を散歩する。もちろんその前に温泉だ。新緑が鮮やかで冬に赤い実をつけるナナカマドが白い花をつけている。
朝食後、昼食用の手作りのおにぎりを持って9時頃ロッジを出発。
先ず、いつもの通り昆布温泉簡易郵便局でお金をおろし、記念切手を入手する。ここは必ず訪問して、ニセコの情報を仕入れる。窓口の小口さんの後任、北田氏には初めてお目にかかるが、大阪を脱出して畑付き800坪の豪邸に住んでおられるとのこと。このあたりに住んでいたら健康で長生き出来るだろうと羨ましい。
蘭越町営「大湯沼自然展示館」。
大湯沼や周辺の動植物について詳しく説明されている。
大湯沼は50m×90mの沼だが沼底から噴出する120度の噴気ガスで63度の含硫黄熱湯沼だ。毎分1000Lの湯が温泉として引き湯されている。我がチセハウスの泉源ももちろん大湯沼だ。
白い花をつけたナナカマド。秋には紅葉し赤い実を付けて美しい。
昆布温泉簡易郵便局。木村さんと新任の北田氏。年2回必ず立ち寄る。お客さんが居ないのをいいことに、いつも1時間ぐらい居座ってくつろぐ。皆さん親切で、コーヒーをご馳走して色々のことを教えて下さる。時にはお客さんとも話しが弾む。郵便局のこういう雰囲気は、民営化がなされても続くのだろうか。
局長さんとツーショット。北田氏撮影。

イワオヌプリ登山

郵便局で長居をしたので、イワオヌプリ登山口の五色温泉に着いたのは10時30分。ここで登山靴に履き替えたりストレッチ体操をしたりして、10時50分出発。10分位登ると登山者記帳所がある。ノートを見ると昨日の山開き日は100組以上。今日は私の他2組しかいない。11時2分記帳所出発。30分登ると大沼分岐点を過ぎる。麓ではそれほど感じなかったが風が強い。雪は所々に残っていたが、登山に支障はない。幸運にも、途中で「エゾシマリス」に出会う。カメラを持って近づいても逃げようとしない。2〜3分するとゆっくりと姿を消した。頂上付近ではますます風が強くなる。ピークが沢山あって、どこが頂上か分からなかったが、平らな部分を歩いていくと、頂上の標識があった。まだ12時5分だ。一足先に登った外国人の女性2人が頂上の標識を背景にケイタイで写真を撮っている。私もシャッターを押して貰った。
親子3人の家族が風をよけて岩陰で楽しそうに昼食中。石狩市から来たという。私も頂上から少しおりて風を防ぎながらおにぎりをいただく。
12時35分おり始める。しばらく行くと1人の登山者が登っていく。13時20分には早くも休憩所に着いた。今日の登山者は結局彼が最後で4組7名だった。
休憩所でコーヒーとケーキをいただく。ケーキは女性は無料。山を登らない中年の女性グループは大喜び。ここの主は自ら木彫りの品物を作って売っている。ニセコでは有名な人らしい。
休憩所を出ると先程の親子、安田さんご一家が帰ってきた。私と同じ「ホンダCR-V」で来られている。写真を撮らせていただいた。「よろしかったらメールを下さい」と名刺をお渡ししたら早速返事をいただき、私も写真を送った。
イワオヌプリ(1116m)登山口。アイヌ語で硫黄の山。標高差は360mで1時間で登れる。
登山道に姿を現したエゾシマリス君。
頂上付近の火口原。
頂上の一角を占めるピーク。
頂上からの眺め。大沼がちょっと見えている。
頂上付近の雪渓。
頂上にて。風がスゴイ。
去年10月に登ったニセコアンヌプリ。ニセコ連邦の最高峰1308m。
下山中に見たツツジ?。この前で頂上でシャッターを押して貰ったドイツ女性が休憩していた。日本に住んでいて日本語ペラペラ。
安田さんご夫妻とお嬢さん一家。私も子ども達が小さい頃大分に住んでいて家族でよく山に登ったものだ。

旭ヶ丘公園(倶知安)

五色温泉から倶知安へ。市街地に入る手前に旭ヶ丘公園がある。今、シバザクラの季節で昨日は「シバザクラ祭り」で賑わったようだ。ここは総合公園で、サッカー場、野球場、・・・、パークゴルフ場などがそろっている。
わずかに残雪を着けた羊蹄山を背景にピンクの絨毯がよくマッチしている。お気に入りのスポットだ。
羊蹄山とシバザクラ シバザクラ(部分)

駅の宿ひらふ

国道5号に出て比羅夫駅に向かう。目的は、比羅夫駅舎を使った民宿「駅の宿ひらふ」。以前TVで紹介され、午前中に行ってみたが宿の人は見あたらず、もう一度行こうと思っていた。今度はご主人がチェーンソーで丸太を切る作業中。お話しを伺うことが出来た。
9年前に先代から引き継ぎ、南谷ご夫妻がオーナーとして経営されている小さな宿だ。特長はなんといっても駅舎そのものが宿になっていること。だから列車を降りて0分(パンフレットでは、17歩!とある。)
南谷さんは立派なホームページを持っておられ、私が説明するよりこちらを見ていただいた方が確かだ。
http://www32.ocn.ne.jp/~hirafu/
南谷さんも奥様も旅行好きのようで、奥様はこの宿に泊まられたのが縁で結婚されたという。
ホームページに、この宿との「相性度」の判定が出来るページがある。試してみたら80%!。次回ニセコに行ったとき1泊して色々とお話しを聞きたいと思う。
「駅の宿ひらふ」の室内。壁には本物の行き先表示板が掛かっている。
比羅夫駅のホーム。線路(単線)側から。夕食はホームでのバーベキュー。列車はめったに来ないので靜かで乗客の迷惑にもならない。
オーナー自作の浴場建家。太い丸太をくりぬいた浴槽がある。
訪問時は色とりどりのルピナスが咲いていた。
チェーンソーで作業中のオーナー。
南谷ご夫妻。

再び国道5号に戻り、2駅分を走って昆布駅付近の国道沿いのガソリンスタンド「楠村商事」に立ち寄って給油後「チセハウス」に帰着した。
6月8日(火)。朝はチセハウスの周りを散歩。広い駐車場には山菜採りの車が多数来ている。この近くはタケノコやフキ、ワラビなど山菜の宝庫だ。ニセコエリアとしては小さいがここは「チセヌプリスキー場」でリフトの乗り場になっている。
チセハウスの織笠敬子おばあちゃん。相変わらずお元気でよかった。
食堂からこののれんを通って温泉に行く。週末に開催されるコンサートの楽器が置いてある。ミラーボールは硫黄のため黒ずんでいる。
スキーリフト下に保管された四駆車、スズキジムニー。頑丈な車でも硫黄分には勝てず錆だらけ。
この辺の宿ではTVもすぐダメになるし、パソコンは使えない。
チセハウスの外から見た露天風呂。源泉は「大湯沼」。底には硫黄の微粒子が混ざったドロが溜まっている。ニセコ最古の露天風呂。
自衛隊の隊員と四駆車。水道の管理を自衛隊がしてくれることになっているそうで、丁度「チセハウス」の前にやってきた。イラクと違ってここは平和そのものだ。
こんな車を払い下げて貰って、大勢でスキーに行けたらいいなと思う。多少ぶっつけてもびくともしないだろうし・・・。
昆布温泉の「甘露水」湧出口。郵便局のすぐ近くだ。このあたりは名水が多いが、ここの水も素晴らしい。いつもここの水を飲んで、ペットボトルで持っていく。

ニセコをあとにして帰路に就く。パノラマラインを通って国道230に入り「ルスツリゾート」を通り昼頃千歳に着く。
ここに住んでいた頃よく行った「金ちゃんラーメン」に行ってみた。9年位前、事務用品の会社に勤務されていた金子さんが脱サラしてこのお店を開設され、私もよくラーメンを食べに行った。なかなか評判がよく、私も気に入っていた店だ。突然行ったらご夫婦ともお元気で歓迎していただいた。
千歳市内の農家で野菜類を購入し、空港でお土産を買って、18時45分発フェリーが待つ苫小牧港に向かった。
「金ちゃんラーメン」と金子さんご夫妻
今年10月にはまた行きますよ〜〜。