魅惑の英国周遊

5月17日から10日間、私達夫婦は阪急交通の英国ツアーに参加した。

私にとって英国は39年ぶり!1966年初夏に仕事で2ヶ月弱英国に滞在した。
当時の日本の石油化学工業は欧米に比べて著しく立ち後れていて、先進国に追いつくため、各社競争で欧米の先進技術を導入していた。私達の会社も同様で、英国のICI(インペリアル・ケミカル・インダストリーズ)社から化学工業の基礎原料であるアンモニア製造の巨大プラントを導入することになっていた。若手技術者であった私は幸運にもICI社の工場でプラントの運転技術習得のためグループの一員として英国に派遣されたのだ。

あれから39年、当時と変わっていない英国を期待してロンドンに向かった。ツアー総勢27名、私達と同じく年輩のカップルが多い。

ロンドン タワーブリッジ

今回の旅行の私のテーマは3つ:
英国(王室)史、英文学、そしてスコッチウィスキー。

日程は次の通り。エジンバラから最終ロンドンまですべてバスによるツアーである。
出発前に英国政府観光庁から取り寄せた「Britainmap」を片手に道路標識を見ながら走行全行程をトレースした。旅行が終わる頃にはこの地図はボロボロになっていた。
訪問地には、エジンバラをはじめ、世界遺産が6カ所も含まれている。

1日目 成田→ロンドン(ヒースロー空港)→エジンバラ
2日目 エジンバラ市内観光→湖水地方
3日目 湖水地方観光
4日目 湖水地方→ハワース→チェスター
5日目 チェスター→テルフォード→ストラットフォード・アポン・エイボン市内観光
6日目 ストラットフォード・アポン・エイヴォン→ウッドストック→コッツウォルズ→バース→
     ブリストル
7日目 ブリストル→ストーンヘンジ観光→ウィンザー市内観光→ロンドン
8日目 ロンドン市内観光
9日目 ロンドン→成田へ
10日目→成田