紀伊半島一周激走ドライブ

紀伊半島一周ルート図(原図は「るるぶ伊勢志摩'06」による。)

2006年11月6日(月)から2泊3日で妻と2人で紀伊半島へ。目的は伊勢神宮参拝と熊野の温泉。出来れば本州最南端潮岬と大島へ足を伸ばしたい、ということで愛車ホンダCR-Vで勇躍出発する。

8時50分家を出発、R246経由約5分で東名青葉インターに入り、一路西に向かう。天気はまずまずだ。足柄PAでトイレ休憩。意外に雲が低く御殿場を過ぎても富士山は殆ど見えない。由比の近くで一瞬頂上まで見えただけだ。
焼津のあたりで急に大雨が降り出し、あっという間に視界がきかなくなる。ライトを点けて徐行する。雷が激しくラジオにスゴイ雑音!。50キロ規制がかかって前の車のテールライトを見ながら進む。8月に北陸道の米山付近の豪雨を思い出す。

1時間近くして徐々に天候が回復、ホッとする。その後は順調に走り、豊田JCTから愛知万博開会前に完成した伊勢湾岸自動車道に入って刈谷PA(ハイウェイオアシス)で昼食休憩にする。壮大なパーキングで多様な食事、買い物が出来るが、日本一のデラックストイレがあるのでも有名らしい。但し女性用だけ。高速のパーキングが混雑するときに女性用トイレから人があふれているのをよく見かけるので、たまにはこういう女性だけのサービスがあってもいいと思う。

今日の目的地は伊勢。伊勢湾岸自動車道は多数の橋を通り、景観は抜群だ。ただ見えるのは工業地帯ばかり。四日市JCTで東名阪自動車道で終点の亀山インターまで行って伊勢自動車道に入る。松坂の手前嬉野PAでトイレ休憩し、丁度15時に二見浦の女夫岩駐車場に到着。先程まで小雨が降っていたので傘を持って1時間ほど遊歩道をブラブラ散歩した。

二見浦の民宿「天然温泉やわらの湯 まるや」に旅装を解く。この宿はインターネットで「伊勢 温泉 松坂牛」で検索して見つけた。良い意味で古い民家風の宿を想像していたが、建て替えたばかりで大変明るくきれいな宿だった。

松阪牛の陶板焼きは肉が小さいが確かに美味しかった。
 今日の走行距離465km。現代の「伊勢路」は江戸から全部高速道路が敷かれていて7時間ぐらいで行ける。江戸時代に比べてそれだけ「お伊勢さん」の有難味が減っているのだろう。
二見浦の女夫岩にて。
まるやの夕食。インターネットで宿を検索し、写真付きの料理と値段を調べて予約した。
民宿「やわらの湯 まるや」 伊勢には温泉が無く、湯は運んでいるという。設備は最新鋭だが、ペンションとはひと味違う。
2日目朝は風が強く、外を歩くのは大変そうだ。今日は午前中お伊勢参りをして、熊野の名湯「湯の峰温泉」まで走らなければならない。

伊勢神宮参拝は、しきたり通り外宮→内宮の順にする。参拝は外宮1時間弱、内宮1時間ちょっとかかる。外宮と内宮の間は3キロくらいで移動に時間はかからない。
内宮参拝が終わってすがすがしい気分になったら「おかげ横町」を散歩する。

外宮
外宮入口の鳥居。すがすがしい雰囲気が漂う。
心配した強風は伊勢に着く前におさまり、晴れてきた。
神楽殿
伊勢の正宮は外宮、内宮とも20年毎に建て替えられる。
これを遷宮という。次は平成25年で、すでに準備の行事は始まっている。6年前(平成19年)に天皇が遷宮を宣言されることになっている。1200年以上前から延々と続く行事だ。
ここが新正宮の用地だ。
正宮入口。ここから先は入れるが写真は禁止。
勾玉池。
外宮敷地内に鳥居が密集した豊川稲荷がある。

内宮
内宮入口の鳥居
清流みすず川
正宮入口
内宮遷宮敷地。第62回ということは1220年経っていると云うこと。

おかげ横町
レトロな街並みが素晴らしい。
芝居小屋「おかげ座」。
伊勢名物「伊勢うどん」。ここで昼食にする。おかげ横町には多数の店がある。太いうどんに醤油たれがかかっていてシンプルな味わいがなかなかいい。値段も安いし。
内宮を出発し熊野に向かう。伊勢自動車道を勢和多気に戻り、東名阪自動車道に入って南下する。高速の標識に「尾鷲○○km」とあるので尾鷲まで高速で行けると思ったら10kmくらいで終点。国道42号(R42)に入り、R42を延々と走る。R42は海岸や峠道が多いので、カーブが多く可成りしんどい。尾鷲を通過、途中で給油し熊野市でR311に入る。
地図上は狭い国道に見えるが立派な国道だ。午後の強い日差しを浴びて快調に走る。

ところが・・・通行止め!で大慌て。R311に入るとき「通行止め」の標識が見えたが天下の国道、片側通行止めか夜間通行止め位と思っていた。マズイと思ったが戻るしかない。工事のおじさんに訊くと17時まで通行止めという。あと1時間だが早く温泉宿に着きたい。近道があるというので教えてもらう。県道785?の標識があるが手持ちの20万分の1の地図にはルートNo.も出ていない。熊野の森の中を切り開いた道だ。
狭い道で、車はたまに通るがすれ違いが困難で苦労する。それにもまして晴れているのに真っ暗、ライトを点けて超低速で走る。15キロ程度の距離が長く感じられた。熊野杉の鬱蒼とした森のすごさを実感した。

5時頃今宵の宿、湯の峰温泉「あづまや」に無事到着。今日の走行距離233km

あづまやさんは天皇が皇太子時代に美智子様と泊まられた格式高い名門で、3年前に大阪で法事があったついでに天王寺から特急で紀伊田辺に行き、バスで中辺路沿いに熊野本宮大社経由1泊した。素晴らしい温泉だったのでもう一度泊まりたいと思っていた所、ここの女将、若女将は青山学院の校友であることを「Chimes」という校友会誌で知った。私も高等部卒業の校友なので親密感が高まり、今回も泊まることになった。

湯の峰温泉は平安時代から名湯として知られ、歴代の天皇も行幸されたという。周辺は前回来たときに見て歩いたので今回は省略。

泉源は92度で含硫黄炭酸泉。槇風呂が素晴らしい。メインの槇風呂は源泉を水で冷やしているが「さまし湯」はこれを間接冷却したお湯で源泉そのものだ。

夕食は名旅館らしく盛りたくさん。特に熊野牛のしゃぶしゃぶが昨夜の松阪牛より量が多く素晴らしかった。料理の写真を撮り忘れたのは大失敗!
「あづまや」の前で。前に泊まっているので写真は殆ど撮っていない。
女将さんと若女将さん。お二人とも青山学院の校友。
夕食時に女将さんが部屋毎に挨拶に来られるが大変上品な方です。
若女将は高等部の19年後輩。お客さんをお見送りする忙しい時間帯にもかかわらず同窓のよしみで話し込んでしまった。

3日目は快晴。旅館でお土産を買い込み国道42号まで下り、本州最南端潮岬に向けて出発する。
途中、店頭に出ている紀州みかんが安そうなので10kg買う。甘みは充分だ。国道をひた走りノンストップで潮岬まで走る。約90キロ。2時間ちょっとで到着。

灯台から眺める太平洋は黒く見える。まさに「黒潮」だ。串本に戻って大島に渡る。♪ここは串本/向かいは大島/仲を取り持つ巡航船・・・は昔の話し。立派な「くしもと大橋」が架かっていて車で簡単に行ける。

大島には「トルコ記念館」がある。これは明治時代に大島沖で難破したトルコの軍艦の乗組員をを救助した島民の献身的な努力した縁で現在も交流がある。その記念館だ。大島東端の樫野崎に立ち寄って太平洋を眺める。

串本に戻って遅い昼食。町の中心からちょっと離れた回転寿司屋に入る。店の名前は忘れたが、南紀にチェーン店がある地元の回転寿司屋で安くて美味しかった。

寿司を堪能した後串本の名所「橋杭岩」に立ち寄って帰ることにする。来るときに見たが先を急ぐため素通りした。先がとがった岩が橋の杭のように並んでいる。

写真を撮って駐車場に戻ると私と同じ横浜No.の車が隣にいる。別段気にとめないで車に乗り込むと、その車の主が私に声をかけてきた。相手は懐かしそうに話しかけてきた。横浜は広いのでどうせ知らない所の人だと思っていたら、何と、孫が通っていた幼稚園のすぐ近くに住んでいるという。10分ぐらい話し込んで別れた。そのご夫婦は今日串本に泊まるという。羨ましい。
青空に映える白亜の潮岬灯台。本州最南端。
灯台からの太平洋。黒潮の色は写真では到底表現できない。
同上。
紀伊大島の「トルコ記念館」。2003年1月にトルコに行ったので親近感がもてる。
紀伊大島の樫野崎灯台。大島の東端に位置する。
橋杭岩。
同上。
串本と大島を結ぶ串本大橋。
私達は今日中に家に着かねばならない。

串本からもと来た道を伊勢湾方面に引き返せば距離的に近いが東名阪自動車道までR42で160キロ。紀伊半島一周コースを行くとR42を80キロでみなべICに着き、高速に乗れる。42号線(死に号線?)を早く脱出するには半島一周コースを行こう!、ということで15:00橋杭岩を出発、17:00に「死に号線」にサヨナラしてみなべIC(紀伊田辺のすぐ近く)に到着。ここから7〜8分の印南SAでトイレ休憩。御茶とおやつを食べて出発。これから家まで660キロ!。

阪和自動車道→湯浅御坊道路→海南湯浅道路→阪和自動車道→近畿自動車道を乗り継ぎ、吹田ICで名神高速道路に入る。ついに大阪まで来た。途中、和歌山ICの先で工事渋滞に遭い30分ぐらい遅れたがその他は順調に走れた。

渋滞中に休憩出来たので、一気に琵琶湖畔の大津出口PA(ハイウェイオアシス)入り、遅い夕食にする。もう午後8時過ぎだ。レストランから湖面が黒く見えるが昼間だったら絶景だろう。
ここで最後の給油をして20:38出発。小牧JCTで東名高速に入りひたすら東進する。名古屋の先、東郷PAで10分間のトイレ休憩。22:40出発、あと320キロ。ここまで来れば帰ったようなもの。家まで直行だ。

深夜の名神、東名はトラックばかりで乗用車は殆どいない。90キロくらいで走るトラックを他のトラックが次々追い越すので走りにくい。それでも平均時速100キロちょっとで青葉ICに無事到着した。ここから家までは10分弱。午前1時55分我が家に帰り着いた。本日の走行距離 882km


3日間の走行距離は何と1580km、翌日ガソリンスタンドで満タンにした。合計127.1L消費。燃費は12.4km/L 2人乗車、エアコン使用なしとはいえ可成り良い数値だ。

大体お天気に恵まれてお伊勢参りも出来たし、熊野の温泉も楽しめ、更に潮岬や大島では雄大な黒潮を眺めることが叶った。素晴らしい旅行だった。それにしても紀伊半島は伊豆や房総と違ってとても遠く、とてつもなく大きい半島だった。