冬の北京旅行

阪急交通社の「trapics」で「ニーハオ北京4日間」というツアーを発見。激安39,800円!国内旅行並の安さに引かれて妻と相談、即決で申し込んだ。
中国は2人とも初めて。経済成長著しい中国の首都、08年オリンピック開催を控えた北京に期待して出発。
4日間といっても初日夕方成田発、4日目早朝北京発で実質は2日間の観光だ。成田−北京の所要時間は約3.5時間、時差は1時間で時差ボケはない。

旅行会社の資料によると北京の気温は札幌並で北海道に行く服装で出かけたが、行ってみると東京とあまり変わらず寒さはそれほど感じなかった。

2月25日(日)
17:30全日空機で成田出発。中国語の挨拶など、簡単な会話の本を見ているうちに韓国を横断、やがて20:30北京空港に定刻到着。入国手続き後、阪急が指定する場所に行くと現地ガイド、リュウさんが日本語で歓迎してくれた。総勢27名、うち男女6名は中国語の勉強仲間らしく、いきなりガイドさんと中国語でオシャベリ、ガイドの方が驚いていた。全員の集合を待ってバスでホテル(華潤飯店)へ出発。ここで3泊の予定。荷物はすべて自分で運搬するので同じホテルはありがたい。
華潤飯店のロビー。中国風の飾りが華やかだ。
英名はChina Resouces Hotel
空港から1時間もかからない。

2月26日(月)
北京は滞在中いつも車の排ガスによるスモッグに覆われていた。

北京観光のはじめは八達嶺の万里の長城。秦の始皇帝が北方の蛮族侵入防止のためBC220年頃築いたという。
バスでロープウェイの下まで行き、ゴンドラで一気に城壁の横まで登る。
2200年も昔にこんな壁を延々と築いたとは信じがたい。でも、現実に存在するのだ。正に「Great Wall!」
ここももやにかすんで壁が明瞭な姿を現さない。
自由時間をフルに活用して城壁をくまなく歩き、2千年前の国境警備の兵士を偲んだ。

昼食後は明の十三陵へ。13代の明朝皇帝と妃が眠る墓で巨大な地下宮殿になっている。
次はお土産屋。翡翠の指輪やネックレスなどの店だが、買う人は殆どいない。安いツアーではやたらにお土産店に連れて行かれるが、その時間が惜しい。

夕食は宮廷料理をいただいて、オプションの中国雑技の見学に。3900円也。TVで見たことはあるが、現物は迫力が違う。見応えがあった。迎えのバスでホテルに帰る。
ロープウェイ駅の下のおみやげ店の前。現地ガイドのリュウさんと。
万里の長城。古代の土木建築技術のすごさに圧倒される。
昼食の広東料理レストランで。飲み放題の「白酒」(パイチュウ、アルコール56%)と有料(20元)の「燕京のビール」。
白酒はアルコール度数からしりごみしたくなるが意外に口当たりがよい。
「燕京」は北京の古名。明が都を置く前は燕京と云う街だった。
このビールは昼夜の食事時はいつも飲んだ。値段は高級店では30元、安い店では20元。アルコール3%で飲みやすい。
明の十三陵。
夕食に宮廷料理をいただいた店。。
夕食後は中国雑技を見学。人間業とは思えない演技の数々に大拍手。

2月27日(火)
午前中は中国政治の中枢、天安門へ。渋滞があるので予定を30分繰り上げて7:30出発する事になっていたが、メンバーの1人が部屋のセーフティーボックスを閉め忘れて貴重品を盗られたため定刻より遅れた出発になった。
先ず、天安門広場へ。この広場はとてつもなく広く、40万平米100万人が入れるという。TVでよく見る風景が現実に目の前に広がる。

天安門の奥にあるのが故宮。明代の永楽帝が造った皇帝の居城で紫禁城と呼ばれる。。何重にも巨大な門があり、60の建物に膨大な財宝が収蔵されていた。財宝の殆どが台湾に持ち去られ、ここは建物が故宮博物院の宝物になっている。

四川料理の昼食後、天壇公園へ。明、清代の皇帝が五穀豊穣を祈願した所だ。祈年殿をはじめ4つの巨大な建物があるが、何しろ敷地が広すぎて遠くから見るとそれほど巨大に見えない。

次は、古い民家が残る胡同(フートン)に輪タクで行く。輪タクは2人乗りでお兄さんが自転車で引く。究極の無公害車だ。

中国茶が味わえる「茶芸館」やシルクの店に立ち寄り夕食の北京料理の「全聚徳」に。ここで本場の北京ダックをいただく。日本と味付けなどが違うのであまり美味しくないという人もいたが私はさすが本場の味だと思った。
満足してホテルに帰る。

今日は朝からの盗難騒ぎから市内の渋滞などで行程が遅れがち、また博物館の高価なものを買う人がいて(マホガニー製の2m×2mの棚に玉や陶器が多数入った100万円のセット)ここでも大幅に遅れ、北京ダックにありつけたのもずいぶん遅れた。私達はホテルに帰るだけだが、オプションで京劇観賞を申し込んだ人は食事の途中で出発しなければならず、怒っていた。。
天安門広場にて。
天壇公園の「祈年殿」壮大な円形の塔。クギを一本も使わない建物。
北京最後の夕食は「全聚徳」の北京ダックと北京料理。
もちろん「燕京ビール」も注文する。
昔からの四合院造りの民家が残る「胡同(フートン)」には2人乗りの輪タクで。すき間だらけで寒いので毛布を掛ける。
輪タクとフートンの街並み。
2月28日(水)
今日は早朝出発。5時にモーニングコールがかかり、6時ホテル出発。食堂は6時〜のため、弁当が配られ、バスの中で食べる。空港には6時50分頃到着した。ここでお世話になったガイドのリュウさんと別れ、出国手続き。空港内で買い忘れたお土産を買ったり、高級ブランド品の店を見学したりして時間をつぶす。
8:50発の全日空機で無事成田に到着した。

北京はオリンピックの施設建設が最盛期だが、一方、故宮や天壇公園の世界遺産登録に備えて修復作業が盛んに行われている。巨額の金がかかるので、観光客に高額の品物(著名な書家の掛け軸や、前述の、一流作家の玉製品や陶磁器など)を国家の名において販売している。金がかかるのは判るが、世界遺産にそんな価値があるのか私は疑問に思っている。

駆け足の北京旅行だったが、広大な大陸、強大な権力を持つ歴代の皇帝による巨大な施設などに圧倒され、中国の魅力の片鱗に触れた旅だった。
「中国4千年の歴史」といわれるが、もっと古く紀元前3千年頃「夏」という国に黄帝という伝説上の帝王が存在したという。ちなみにローマの伝説上の建国は紀元前753年オオカミの乳で育った双子の兄弟ロムルスとレムスによる。中国の歴史の重さは半端ではない。

なお、この旅行記はお土産の「月餅」と「プアール茶」をいただきながら書いている。