'07ニセコスキーツアー

3月4日〜6日

私達は毎年ニセコに2泊3日でスキーに行く。いつもの通り事前にパンフレットを入手して比較表を作成する。航空会社主催のツアーに絞っているが、そのわけは割り増し航空料なしで便を指定できるから。JALとANAのツアー6種類をリストアップして比較表に仕上げて決める。宿のロケーション、夕食つきか、リフト券つきか、シニア向け無料宅配便の有無などがポイントになる。また特別のサービス日が利用出来るか、も考慮する。

以上、6ケースについてインターネットで宿の空室状況、航空機の空席状況を調べて、あとは最寄りの青葉台駅構内の旅行会社に行って申し込む。旅行会社に出向くのは、スタッフから関連の情報が得られるからだ。

私達はいつも現地で出来るだけ長くとどまるため、往きは4:50家を出発、始発電車に乗り、帰りは深夜帰宅のパターンが毎年続いている。

今回はJALTOURSの「ホテル日航アンヌプリ宿泊プラン」に決めた。3/4出発がなぜかスペシャルディで夕食2日分とリフト3日分がつき、大変安上がりになる。「ホテル日航アンヌプリ」は格式が高く、立派なホテルにも関わらず比較的安いため、すぐに満室になる。今回は早く申し込んで良かった。ホテルからゴンドラやリフト乗り場に直行出来、ロケーションも最高だ。ただ、難点はニセコ温泉郷のまっただ中にも関わらず、大浴場が温泉ではないこと。ただ歩いて3分ぐらいの所に「いこいの湯」があるので入りにいく。

今年は暖冬のため雪が少なめだが、豪雪地帯のニセコ、アンヌプリスキー場は積雪3.1m。ただ気温が高めで雪質は可成りきびしい。全般に天気は悪かったが一時的に空が晴れ渡った。

3日目、帰りは新千歳空港で充分時間があったので、千歳の寿司屋「花ぶさ」に入り、生ビールで乾杯無事帰還を喜んだ。寿司をいただき、千歳の地ビールも追加、私もオクサンもご満悦。23時に無事帰宅した。
粉雪を期待したが初日の雪はまあまあ。
アンヌプリの頂上(1308m)。
ゴンドラにて。同乗したオーストラリアの青年にシャッターをお願いした。彼はシドニーから毎年来るが今回は2週間滞在するとのこと。ユースホステルに泊まっている。雪質が気になるらしく、いつから寒くなるか?と訊くので明後日から、というと喜んでいた。

ゴールドコーストからの別のオーストラリア人は私達と同じホテルで優雅な休日を過ごしている。
羊蹄山(1898m)。雪不足で迫力はイマイチだ。例年は麓まで真っ白。
夜更けのお客はキタキツネ君(さん?)。
ホテルの部屋は1階。窓を見るとキツネ君が背中を向けている。窓をたたいても知らん顔。
3日目のゲレンデ状況。ゲレンデへの出口にある看板。
昨夜は雨。雨のち−7度でがりがりのアイスバーンになっている。最悪のコンディション。ゴンドラで上がってしまって下りるしかない。冷や汗ものだ。

ニセコは左から「アンヌプリ」「東山」「ヒラフ」の3つのスキー場からなっていて、上部で相互に行き来できる。
再びアンヌプリ頂上。見上げているのでなだらかに見えるが実際は可成りの急斜面だ。
帰りのバスから美笛峠下の道の駅「フォーレスト276」前スゴイ吹雪になっている。「276」は国道276号線からのネーミング。ここのきのこ汁が美味しい。