花の道東旅行

以前勤務していた千歳の会社主催のゴルフコンペ「HKG杯」に参加するのに合わせ、その前に妻と世界遺産に登録された知床半島を中心に道東を旅行した。もちろん宿は温泉だ。

HKG杯は毎年6月と10月に開催され、今までもそれに合わせて旅行している。「北海道大好き人間」を自称する私はコンペに毎回参加し、3月初旬のニセコスキーツアーにも妻と行くので年に3回北海道に足を運ぶ。
ゴルフに合わせた旅行は1人で行くことが多いが、たまに妻も同行する。

05年10月には旭山動物園を皮切りに紅葉の層雲峡、大雪高原、帯広近郊の芽登温泉など旅行したあとニセコまで足を伸ばした。(旅行記はアップしていません・・・単に忘れただけ。)

03年6月には新緑の然別湖やかんの温泉、滝上(たきのうえ)の芝桜を堪能して美幌峠、屈斜路湖、阿寒湖などをめぐっている。旅行記

ゴルフをしない妻はフェリーで一緒に行ってゴルフの前日に飛行機で先に帰るか、ゴルフ終了後に千歳空港に飛行機で来て合流し、旅行後一緒にフェリーで帰るかしている。

知床は13年前の夏、上記会社在任中に初めて行って以来今回が2回目だ。
今回も天気に恵まれ、初夏の北海道を満喫した素晴らしい旅行になった。

スケジュールは次の通り。
1日目 6/2(土) 12:40頃家発→16:00頃大洗港着 18:30大洗港発(商船三井フェリー「ふらの」)
2日目 6/3(日) 13:30苫小牧港着→苫小牧東IC→(道央自動車道)→旭川北IC→協和温泉泊
3日目 6/4(月) 協和温泉→湧別(サロマ湖)→網走→藻琴山→もことやま山荘泊
4日目 6/5(火) もことやま山荘→ウトロ→知床周遊→知床峠→羅臼 知床観光ホテル泊
5日目 6/6(水) 羅臼→霧多布岬→アヤメが原→厚岸→釧路→帯広 ホテルニューオビヒロ泊
6日目 6/7(木) 帯広→紫竹ガーデン→広尾→浦河→新千歳空港→千歳 ビジネスホテルホーリン泊
7日目 6/8(金) 千歳→三井観光苫小牧GCでゴルフ練習ラウンド→千歳 ビジネスホテルホーリン泊
8日目 6/9(土) 千歳→新夕張GCでHKG杯ゴルフコンペ→苫小牧 I氏宅泊
9日目 6/10(日) 苫小牧→真狩→ニセコ アンヌプリ温泉湯心亭泊
10日目 6/11(月) ニセコ→神仙沼→岩内→札幌 ススキノグリーンH3泊
11日目 6/12(火) 札幌→千歳→苫小牧港 18:45苫小牧港発(商船三井フェリー「さっぽろ」)
12日目 6/13(水) 14:00大洗港着→18:00頃家着

6/2(土)
愛車ホンダCR-Vにゴルフクラブをはじめ、大量の荷物を積み込んで出発。第3京浜の港北ICから高速に乗り、横浜の首都高へ。湾岸線でベイブリッジを渡り羽田空港を通過、そのまま東関東自動車道へ。東名から都心に入り、レインボーブリッジを通って湾岸線に入る方が距離も短く、高速代も安いが、都心で大渋滞に巻き込まれると困るので何時も横浜経由で行く事にしている。
土曜日で車が少なく予定より早く大洗フェリーターミナルに到着。家から202km、3時間10分。途中成田付近で風も無いのに急にハンドルが取られて慌てたが、まもなくラジオで「千葉県で震度4の地震」と速報が流れて納得。

大洗でコンビニに入り、19時間の船旅で必要な夕食の弁当、冷えたビール、ミネラルウォーター、朝食用サンドイッチ、昼食用のカップ麺などを買い込んでフェリーターミナルへ。乗船手続きをして、順番を待つ。

片道料金は、車と運転手込み(2等。今はかっこよく「エコノミールーム」という)25000円、旅客は8000円だが、シニア割引でそれぞれ22500円、6400円となる。よって1人平均14450円ナリ。1泊出来るので安い。もし、60歳以上の年輩者4人で乗れば1人10425円になる。
もちろん食事は3食レストランでたべられるし、特等、一等の個室もあるがそんな贅沢は要らない。
フェリーは200m、13000トンを超える大型で速度は24ノット(時速44km)。乗用車100台とトラック180台が積載できる。

1時間ちょっと前に乗船できたので、出航前にラウンジの見晴らしの良い場所に陣取って、コンビニ弁当と缶ビールで夕食にする。
フェリーは定刻出航。食事をしながら夕暮れの港が遠ざかる風景を見るのは、北海道への期待と開放感で気分がいい。

しばらくして大浴場に行って汗を流す。そしてまたビール。ビールを飲みながら夜更けまでラウンジで読書をして就寝。

6/3(日)
長〜い航海も終わりに近づき、フェリーは減速し、彼方に樽前山と苫小牧の街が見えてくる。やがて定刻、13:30に苫小牧港に接岸。接岸後、車止めを外したり、乗降橋を固定したりで14:00にやっと下船できた。

早速、最寄りの道央自動車道苫小牧東ICへ。途中砂川SA(ハイウェイオアシス)で20分のトイレ休憩、旭川北ICで高速を下りる。17時過ぎ愛別町の協和温泉に到着した。
2300円を払ってまで高速で旭川まで来たのは早く温泉に入りたい、の一心から。一般道でも国道12号経由で+1時間位で到着出来る。

旅館の駐車場はほぼ満杯。宿は満室だと思っていたら、入れ替わり立ち替わり日帰り入浴客が来て夜にはがらがらになった。泊まり客が少なくてホッとする。
駐車場脇の芝桜が見事だ。
茨城県大洗フェリーターミナル
船腹の巨大な太陽(ヒマワリ?)は、商船三井の船舶のシンボル。船名に「さんふらわあ」が付く
このフェリーは「さんふらわあ ふらの」約13000トン。
19時間の航海の後苫小牧港へ。右は出光の精油所。
協和温泉駐車場脇の芝桜。北海道に来て初めての芝桜に感激したが、翌日はスゴイ芝桜群に出会うことになる。
一軒家、協和温泉前で記念撮影。

6/4(月)
天気も上々、今日のポイントは東藻琴公園の芝桜だ。
8:40協和温泉を出発。愛別に戻って網走まで続く国道39号に出る。上川から国道273で北見峠を越え、同333、242でオホーツク海岸に出る。サロマ湖西岸に近い湧別だ。
通ってきた国道の沿線は高速道路、「旭川紋別自動車道」が部分的に開通していて、結構時間が稼げる。無料で通行可。
途中丸瀬布(マルセップ)でも素晴らしい芝桜が見られた。また、上湧別町のチューリップ公園も祭り中だったが先を急ぐ。
サロマ湖はホタテや牡蛎が有名だが、ここも殆ど素通り、一路網走市内を通って東藻琴公園へ。
丸瀬布(マルセップ)の芝桜 サロマ湖を望む
東藻琴村(現在は合併により大空町東藻琴)は網走から近かった。村の中心部を過ぎると見事な公園が見えてくる。
以前滝上公園の芝桜を見に行ったがちょっと時期が遅く最盛期を過ぎていた。こちらは最盛期。芝桜祭りも開催中で一番いい時期に当たった。
今日はここから5km程度上にある宿に泊まるので、時間をかけて芝桜を堪能した。
東藻琴公園の駐車場から。
芝桜の絨毯を背景に。花の香りに囲まれ気分最高!。
拡大すると・・・、葉が殆ど見えない。
中心に牛をかたどった模様があるメインの斜面。
もう、言うことなし。
同上。
同上。
紅白の斜面。
一面の芝桜から芳香が漂う。
売店で芝桜のソフトクリームをいただいて公園を後にする。
一走りで今宵の宿、「もことやま山荘」に到着。16:30。元板前さんで登山家のご主人が経営されている小さな宿だが、とてもユニークで心地よい宿だ。外にある「展望露天風呂」が疲れを癒してくれる。
広告を出さず、口コミでお客が来るという宿だが、心温まるホームページをアップされている。写真が素晴らしい。これを見ていただけばどんな宿かがよく分かる。グループで何泊もして近郊の山に登りに来るという。
今宵は私達老夫婦のみ。予約したとき「旬の料理を用意します」と云って下さった。

何時の日か、ここに1週間ぐらい泊まり込んで道東の各地を歩き回りたい。
もことやま山荘の玄関。
標高1000mの藻琴山への拠点になっている。
展望露天風呂。左奥が山荘、その右が脱衣場で階段を上ると屋根のない浴槽がある。
温泉は地下50mからポンプで24時間浴槽に注がれる100%掛け流しだ。浴槽は道路に面しているが車からは見えないように作られている。

夜、満天の星を見ながらの入浴はこの上ない贅沢だ。

日帰り入浴もOK。地元の人も車で入りに来る。
食事はカウンターで。これは朝食。
夕食は、次々に出される旬の料理に写真を撮るのを忘れた。

カウンターで料理を作るイケ面のご主人の写真を撮らせていただいたが、了解をいただくのを忘れたのでアップしません。
山荘のフロント。とても明るい。玄関には登山靴など山の用具が置かれていて山小屋の雰囲気が出ている。

6/5(火)
8:50宿を出発、一路知床半島へ。国道334(別名「知床国道」)で斜里に出てオホーツク海岸を走り、10:26知床観光の拠点、ウトロの「知床自然センター」に到着。途中名瀑「オシンコシンの滝」を車から見るが、前回見ているのでパス。

知床自然センターで情報を収集し、フレペの滝の見学する同センター起点のハイキングコースを歩く。ガイド付きのツアーグループが多数来ている。私達はもちろんガイドなし。広い草原と残雪の山々が素晴らしい。

知床五湖はクマが出ているとのことで、残念ながら全面閉鎖中。駐車場脇の完全にガードされた展望台から一湖だけが遠くに見える。展望台だけでも駐車場代を取られて、文句を言うが聞き入れられない。
五湖は前回(13年前)全部歩けた。クマが出るという情報はなかった。

五湖から自然センターに帰る途中、自然センターから数百m上でクマを目撃!道から30mぐらいの茂みに居た。野生のクマを見るのはは初めてでラッキー! 何とか車の中から撮影に成功した。
ウトロの道の駅で昼食。ウニ膳?をいただく。さすが知床、薄い箱に入ったウニがそのまま出てきた。

ウトロから知床峠に登る。残雪の羅臼岳が目前に迫り、素晴らしい。国後島がうすくかすんで見える。前回は霧がかかっていて何も見えなかったので感激ひとしおだ。
雄大な風景を堪能して羅臼に下りる。ビジターセンタを見学して知床観光ホテルに到着。
知床自然センター(ウトロ)。
知床峠方面と知床五湖方面への分岐点付近に建つ。
フレペの滝へはここが起点。
フレペの滝への散策コースから知床半島の骨格を形成する山々を望む。
フレペの滝。地中から湧出し、そのまま滝になって海に落ちている。
知床五湖の看板。「全面閉鎖中」の赤い標識。
五湖は湖底で繋がっていて水位はすべて同じ。
クマからガードされた展望台から一湖が見えるが、双眼鏡でクマを探したが見えなかった。
同展望台から知床の山々。
柵には電線が張られていてクマを斥ける。
道路の近くに現れたクマさん。

道路脇に車が止まっていたのでシカかな?と思っていたら何とヒグマだった。登別のクマ牧場で何回も見ているが野生は初めてで興奮した。

道の駅の従業員にカメラのモニターを見せたら「私は見たことがない」、と興奮気味に話していた。
知床峠から堂々たる羅臼岳。
知床峠から国後島が見えた!
手前の低い山並みの遥か先にうすく見える。(画面一番上)
上の写真の上部だけ切り抜き、画像処理したら国後がはっきり浮き上がった。
知床観光ホテルの夕食。赤い花咲ガニが1人に1ぱい付く。料理は素晴らしい。
花咲ガニは根室の特産で、前回根室駅前で丸ごといただいた。棘が難点で指が痛いが、とても美味だ。
羅臼の知床観光ホテル外観。料金が激安なので予約したが、ボロボロで外観が悪く、部屋の壁紙もはがれ、温泉には洗面所もドライヤーもなく惨めな所だ。
地元の住民が温泉に入りに来たり、、近隣で工事をする人が泊まったりする所らしい。

設備は上記の通りだが、ホテルのスタッフは親切だし、温泉自体は素晴らしい。また、料理は上の写真の通り、カニが丸ごと付いたり・・・で、ホテルを出発するときにはマイナスイメージは殆ど消えていた。

知床ではウトロが中心になっていて羅臼は置き去りにされた感があり残念だ。将来世界遺産で観光客が多くなれば、羅臼も発展するだろう。

6/6(水)
8:10羅臼を出発、途中前回泊まった「民宿甲子園」の前を通り、前回の旅行を懐かしむ。標津、別海を経由、国道44号(根釧国道)に出る。浜中町で国道と別れ、霧多布(きりたっぷ)岬に向かう。ここは初めてだ。岬は霧がかかっていた。「霧たっぷり」だ。歩いて岬の先端まで行ったが、可憐な花々に出会った。岬は断崖になっていて迫力のある風景だ。周期的に霧笛が聞こえ、旅情を誘う。

霧多布岬を出発して琵琶瀬展望台、アヤメが原を経由して厚岸(あっけし)に向かう。琵琶瀬展望台からは何も見えない。アヤメが原はヒオウウギアヤメの自生地で有名で時期的にはちょっと早い、広大な大平原には馬が放し飼いにされている。

厚岸大橋を通って厚岸町に入る。厚岸湖は海に繋がる汽水湖で牡蛎の名所だ。牡蛎をいただくためにここまでやってきた。厚岸グルメパーク「コンキリエ」で遅い昼食。「牡蛎づくし膳」を注文する。実においしい。

3時過ぎに厚岸を出発。今日はすでに知床から194キロ走っているが、釧路経由帯広まであと174km走らねばならない。
釧路近くで泊まっても良かったが、翌日は妻が夕方千歳発の飛行機で帰るので、なるべく千歳に近づいておきたい。帯広なら4時間くらいで千歳まで行けるので車にトラブルがあっても何とかなる。

ホテルは帯広駅前の「ビジネスホテル ニューオビヒロ」。国道236に面していてすぐ判った。釧路や帯広の大都会では結構渋滞するのでホテル到着は18:35。遅いようだが想定内で予約は19:00としておいた。
このホテルの予約は楽天のインターネットで。禁煙の部屋を希望したが「希望に添えないことがある」事を了解の上で予約のボタンを押した。その直後ホテルから電話があり、「申し訳ありません、なるべくタバコの匂いのない部屋をご用意してお待ちしております。」とのこと。この親切な対応に感激することしきり。

グルメと温泉の旅が続いたので、今晩は駅前のナガサキヤの食品売り場で売れ残り半額の弁当と冷えたビールを買い込みホテルで質素な夕食とする。温泉もなし。今日はよく走った。
霧多布岬とアヤメが原で出会った可憐な花たち
霧多布岬。名の通りきりで見通しが利かない。それだけに神秘的だ。
記念撮影。少し風があり寒い。
岬の灯台。湯沸岬灯台といい、昭和26年完成と銘板に記載されている。
霧笛の正体。規則的に腹に響く低音が発せられている。
カモメの整列。
カモメは数多く生息していて岩の上はフンが堆積して真っ白になっている。
素晴らしい景色が見られるらしいが、視界ゼロ。
アヤメが原には馬が放牧されている。
オグリキャップに似た鹿毛の馬身は気品があって美しい。
アヤメが原の名前の通り、ヒオウギアヤメの大群落が際限なく広がる。
前回は遅すぎ、今回は早すぎで残念。3週間ぐらい先から咲き始めるとに事。
厚岸のグルメパーク「コンキリエ」で「牡蛎づくし膳」をいただく。厚岸の牡蛎は小振りだが身が引き締まっていて最高に美味しい。

これでビールが付けば最高だが・・・もちろん断念。帯広まで170kmのドライブが待っている。。
「コンキリエ」の外観。食事の他厚岸のお土産が多数用意されている。

あまり知られていないが厚岸の昆布は素晴らしい。
私は根昆布水を毎日飲んでいるが、ここの昆布を水に浸けておくとうすい褐色の液体になる。I(ヨウ素)が豊富でこのためらしい。他の高級昆布の利尻昆布、羅臼昆布、日高昆布では着色しない。

「コンキリエ」とは「貝」に関係ある言葉らしい。
コンキリエの一角にはまだ八重桜が咲いていた。

6/7(木)
道東旅行最後の日。天気はパッとしない。8:55出発、帯広駅から20km位南にある「紫竹ガーデン」を見て千歳に帰ることにする。
紫竹ガーデンは1989年に18000坪の牧草地を紫竹秋葉女史が買い取り四季の花が咲くフラワーガーデンでチューリップが満開だった。来る途中土砂降りの雨に見舞われたが、雨も上がり広い庭園を散策した。雑誌「サライ」の取材があり、10月号に載せるとのこと。買ってみたいと思う。

道の駅中札内で昼食用のパンなどを買って国道236を南下し広尾から日高山脈を越えて浦河に出る。その後は太平洋岸を走る国道235を快適に走って16:20少し早いが新千歳空港の駐車場に着いた。
道東旅行はこれで終わり。5日前に家を出発してここまで1530km走行した。

空港のレストランで食事をして妻は18:50千歳発の飛行機で一足先に帰京した。私はゴルフとその後の旅行のため北海道に留まる。

紫竹ガーデン本館。
この裏に広大な庭園が広がる。
庭園の一角。
クリスマスローズも清楚に咲いている。
手前の紫はパンジー。
白いチューリップの群。
ここにも八重桜が。
コブシの花。
きれいな草花が咲き乱れる。
ライラック。

旅はまだ続く。冒頭のスケジュール表に記載の通り、あと5日間北海道をエンジョイして1人フェリーで帰った。
後半の旅は別のページで・・・。