北海道ニセコ/札幌

花の道東旅行」の後2日間千歳近郊で「ゴルフ」。1人旅はまだ続く。

6/10(日)〜11(月) 8:50に苫小牧のI氏宅を出発、ニセコへの1泊旅行だ。

ニセコは北海道に来たら必ず行って1〜2泊するし、3月初旬には毎年スキーに行く。つまり、年3回行っている。はじめは新千歳空港からレンタカーで行っていたが、2003年6月からはマイカーで行くことにしている。レンタカー代、ゴルフクラブの往復や大量に買い込む段ボール入りの野菜やコンペの賞品(滅多に貰えないが)などの宅急便代などを考えると決して高くはない。

ニセコはなじみのスポットが多く癒しの場所でもある。
すべてのニセコ紀行をアップしているわけではないが、よろしかったら下記をクリックしてご覧下さい。私のニセコへの傾倒ぶりが解っていただける。
ニセコ物語(00.10)」 「ニセコ物語2(02.6)」 「ニセコ物語3(02.10)
北海道旅行(03.6)」 「ニセコ物語4(03.10)」 「ニセコ物語5(04.6)
ニセコスキー(02.3)」 「ニセコスキー(07.3)

1日目 6/2(土) 12:40頃家発→16:00頃大洗港着 18:30大洗港発(商船三井フェリー「ふらの」)
2日目 6/3(日) 13:30苫小牧港着→苫小牧東IC→(道央自動車道)→旭川北IC→協和温泉泊
3日目 6/4(月) 協和温泉→湧別(サロマ湖)→網走→藻琴山→もことやま山荘泊
4日目 6/5(火) もことやま山荘→ウトロ→知床周遊→知床峠→羅臼 知床観光ホテル泊
5日目 6/6(水) 羅臼→霧多布岬→アヤメが原→厚岸→釧路→帯広 ホテルニューオビヒロ泊
6日目 6/7(木) 帯広→紫竹ガーデン→広尾→浦河→新千歳空港→千歳 ビジネスホテルホーリン泊
7日目 6/8(金) 千歳→三井観光苫小牧GCでゴルフ練習ラウンド→千歳 ビジネスホテルホーリン泊
8日目 6/9(土) 千歳→新夕張GCでHKG杯ゴルフコンペ→苫小牧 I氏宅泊
9日目 6/10(日) 苫小牧→真狩→ニセコ アンヌプリ温泉湯心亭泊
10日目 6/11(月) ニセコ→神仙沼→岩内→札幌 ススキノグリーンH3泊
11日目 6/12(火) 札幌→千歳→苫小牧港 18:45苫小牧港発(商船三井フェリー「さっぽろ」)
12日目 6/13(水) 14:00大洗港着→18:00頃家着

I氏宅を出発して苫小牧起点、岩内まで通じる国道276に入り、この国道を行くとやがて美笛峠を越え、下ったところが喜茂別で、初めて蝦夷富士とも云われる羊蹄山と対面する。このまま走ってT字路にぶつかる。左折して国道230を行く。大リゾート施設「ルスツ」を過ぎ、道道66「パノラマライン」に入るともうニセコは近い。

今回は、細川たかしの出身地「真狩(まっかり)」に立ち寄る。ここのスーパー、Aコープで働くKさんに会うためだ。Kさんは以前昆布温泉の簡易郵便局に勤務されていて、私は毎回貯金を引き出しに立ち寄って局の皆さんと懇意にしている。(上記ニセコ物語に何回も登場する)
コープで何か買わないと悪いと思い、缶ビールを買おうとしたら、それをプレゼントして下さった。感謝!

真狩を出発するとき丁度12:00になったので、すぐ近く、パノラマライン沿いの「シェーンベルク」で昼食。自家製ソーセージやパン、アイスクリームが美味しい。ここも「ニセコ物語」に登場する。1時間くらいゆっくりして出発。
道の駅「ニセコビュープラザ」、ニセコ駅、ミルク工房、チセハウス、昆布駅前の蘭越町観光センター、ヒラフ駅に立ち寄る。いずれも私の「ニセコ情報センター」だ。
羊蹄山との再会。喜茂別町。頂上は雲に隠れて・・・。
真狩のジャガイモ畑。10月に来るときは収穫の時期だろう。
真狩のフラワーセンター。細川たかしの看板が見える。
ニセコ駅のホーム。1両編成の「列車」と、背景は黄色のニセコ大橋。
ミルク工房から羊蹄山。広い牧草地に展示されている巨大トラクター。
以前何回も泊まってKおばあちゃんと語り合った懐かしい「ロッジ チセハウス」。
残念ながら、おばあちゃんは昨年亡くなられ、チセハウスは閉鎖された。
アンヌプリ温泉「湯心亭」。温泉も、料理も素晴らしく、ニセコの常宿に決めた。
昆布温泉簡易郵便局のK局長さん。7年のおつき合い。民営化の苦労話をいろいろお聞きした。
10月には民営化直後のお話しを期待している。
何時もコーヒーをご馳走になり、1時間ぐらい長話。お客様が見えると一緒になってお話しを聞く。お客様も私にとって重要なニセコの情報源だ。
翌日のミルク工房。トラクターの他☆草ロールも展示されている。
昨日よりちょっとだけ雲が少ない。

この後は神仙沼へ。昨年の同じ頃は残雪が多く、入口から少ししか入れなかった。今年は大違いだ。
神仙沼のことは上記のページに何回も出てくるので、以下写真をご覧下さい。
神仙沼の花たち

神仙沼を楽しんだ後、岩内→R276→R230で中山峠を越えて札幌へ。
札幌の宿は常宿のビジネスホテル「ススキノグリーンホテル3」。安くて細やかなサービスが大変気に入っている。
札幌の都心部については私が一番詳しいと自負している。

翌日は札幌市街地を散歩し、千歳の会社に挨拶に行ったりして苫小牧港に向かった。
ススキノグリーンホテル3のシングルルーム。
ベッドサイドに折り鶴が置かれ、手書きのメッセージが・・・。私はこのようなサービスに弱い。、で、何時もこのホテルに。
大通り公園のテレビ塔。テレビ塔が札幌都心部の基点で、いわば座標の原点。北○条西△丁目etcと碁盤目の4方に広がる。
札幌市電。冬になると電車の前に竹で出来た回転ブラシが回り、線路の除雪をする。
札幌市は車体に広告をつけて広告収入で収益改善の努力をしている。
「Kitara」は中島公園に建つ大ホールの名前だ。
大通りの三越札幌店を望む。。
ススキノのデパート「ロビンソン」。
ススキノの象徴ニッカウィスキーの巨大看板。
南4条西3丁目にあります。すぐ左にススキノ交番。
ススキノプラザビル。このビルの1階にチャンコ料理の「北の富士」があり、昔冬によく行った。「親方チャンコ」が最高!
フェリーから苫小牧の日没。背景はもちろん樽前山。
18:45発。

斯くして春の北海道旅行は終わった。定刻14:00大洗港着。14:23下船、18:00無事帰着した。

全走行距離2366km(1470マイル)、ガソリン消費量188.3L(49.7USガロン)。燃費12.6km/L(29.6マイル/ガロン)でした。わが
ホンダCR-Vのカタログ燃費は13.0。カタログ燃費に近い数値が得られて満足している。ご参考まで。

実は10月9日に、また秋の北海道へ9日間、フェリーで出発です。それで急いでアップしました。