真夏のスペイン大周遊

2007年6月30日(土)成田を出発、10日間のスペイン旅行に行った。
阪急交通社「trapics」の人気コース。(殆ど)スペインは初めてのため、いつものように盛りだくさんのコースを妻と2人で申し込んだ。
コースは右の地図(阪急交通社のパンフレットから)の通り。バルセロナからアンダルシア地方に南下し、マドリッドまで北上する。
日程は下表の通り。
ご一行様18名。比較的少ない人数で良かった。
6月30日(土) 成田12:00発→16:35着ロンドン19:10発→22:10着バルセロナ バスでシッチェスへ
7月1日(日) シッチェス→バルセロナ市内観光→シッチェス
7月2日(月) シッチェス→モンセラット→タラゴナ→バレンシア
7月3日(火) バレンシア→ラ・マンチャ風車見学→グラナダ
7月4日(水) グラナダ市内観光→フリヒリアナ散策→マラガ市内観光→コスタ・デル・ソル(トレモリノス)
7月5日(木) トレモリノス→ミハス散策→ロンダ市内観光→セビージャ
7月6日(金) セビージャ市内観光→コルドバ市内観光→(AVE乗車)→マドリッド
7月7日(土) マドリッド市内観光→トレド市内観光→マドリッド
7月8日(日) マドリッド王宮見学→空港マドリッド発16:05→18:30着アムステルダム20:15発
7月9日(月) 14:30成田着


1日目 6/30(土)
10:00成田第2ターミナルJAL団体カウンター集合。30分ぐらい前に着くと添乗員Mさんがにこやかにお出迎え。
いつものように荷物をチェックインし、ユーロに両替し、出国審査へ。4月にIC付きパスポートに更新して初めての出国だ。

JAL401便のボーイング777は満席。ヨーロッパ行きの便は各社とも満席に近いという。景気がそんなに良くなったのだろうか?
夏至に近い今、ロシアの北極圏を飛ぶ航空機では日が暮れない。白夜だ。ロンドンのヒースロー空港に着いても日が照っている。ロンドンでの乗り継ぎもほぼ定時で、イベリア航空IB4189便ボーイング757は順調にバルセロナ空港に到着。空港で入国審査を受け、バスでバルセロナ近郊の保養地シッチェスのリゾートホテルに到着した。現地時刻は24:00。日本時間で朝の7時だ。白夜のため飛行機では殆ど眠れない。徹夜したようなものだ。

シッチェスは素晴らしい保養地で、夏休みで長期滞在する家族で賑わっている。子ども連れで夜中まで散歩したり、レストランやバルで食事したりしている。ヨーロッパの豊かな生活が羨ましい。
成田発JAL-401便ボーイング777形ロンドン行き。
後尾に近い席で多少ゆったりしていたが満席だ。
シッチェスのホテル「ANTEMARE(海の前の意?)」。
小規模なリゾートホテルで快適だった。

バルセロナ市内ではなく、ここに2泊出来たのはとても良かった。
シッチェスの浜辺。
シッチェスはバルセロナ近郊の地中海に面して開ける小さなリゾート地。別荘も多数ある。町中の狭い道路には、すき間もないくらいの駐車車両が有り、大型バスの通行は困難を極める。

早朝は堤防の上をジョッギングする人が時々見える程度で靜だ。昼や夜は夏休みで滞在にきた人々でにぎあう。

2日目 7月1日(日)

いよいよバルセロナ市内観光だ。この時期、スペインは殆ど雨が降らない。もちろん今日も快晴だ。
スペイン第2の大都会バルセロナはガウディーの遺産が色濃く残っている。バルセロナをたった1日で見学するのでかなり忙しい。昨夜までの寝不足と時差ボケが残り、まだ、体調はイマイチだ。
先ず、「モンジュイックの丘」に向かう。バルセロナ市街を展望するのに最適の場所で、'92オリンピックのメイン会場になったオリンピックスタジアムやカタルーニャ美術館、スペイン村などがある。

それから、スペイン広場、バルセロナ港、カテドラル、王の広場、カタルーニャ広場など写真を撮るだけの下車があったが忙しい。残念だったが、寝不足もあって、あまり印象が強くない。

ピカソ美術館(内部は写真禁止)とグエル公園で見学タイムを楽しんだ。
ピカソ美術館では、ピカソの幼少時の写実的な画があり、普通の私でも素晴らしいと実感できる。キュービズムの画は理解できなかったが、ここで立体を平面に展開したらこうなる・・・、と説明されて少し分かったような気がした。ピカソの、他では見られない人間的な面、特に女性に対する憧憬などよく分かり来て良かった。

グエル公園もゆっくり見学できた。さすが、天才ガウディー。凡人には思いもつかないアイデアで作られた建造物や像など大いに楽しめた。

モンジュイックの丘にある「カタルーニャ美術館」。
モンジュイックの丘から市内を展望。
やはり目立つのはサグラダ・ファミリアの尖塔群。
ランブラス通りの北端に立つ「コロンブスの塔」。
1888年バルセロナ万博を記念して作られたという。彼が発見したアメリカ大陸を見ている。
町中の奇妙なオブジェ。
ゴシック地区の狭い通り。
同。
中世の面影が残る。
2階建てのツアーバス。
暑くても太陽大好きな観光客。スペイン全国でよく見かける。
ガウディーが作ったグラシア通りの「カサ・ミラ」。
金持ちから依頼されて作った高級アパート。
グエル公園の曲線を持つ回廊。
いかにもガウディー的な建造物だ。
グエル公園の塔

昼食はカタルーニャ風「タパス」。ビールが乾燥した気候によく合う。
食後は聖家族教会(サグラダ・ファミリア)をゆっくり見学。そして早めにシッチェスのホテルに戻った。

5時頃ホテルに到着。一休みして8時からホテルで夕食の予定だったが2人とも寝てしまい、10分前に目が覚めた。大慌てでロビーに行ったら寝過ごして下りてこないメンバーが多数で安心した。
魚料理の夕食をいただいて、早々と就寝。。
クレーンが林立する建設現場。

1882年に着工。中世のゴシック建築と違って、当時から近代建築が続く。あと100年ぐらいかかるか?資金はすべて寄付で賄われ、工程は資金の集まり具合によって決まる。

同時に既設の塔の補修も行われる。
奇抜な彫像たち。
完成の暁にはこのようになる。
巨大なステンドグラス。
記念写真の撮影ポイントにて。


3日目 7月2日(月)
十分な睡眠で時差ボケも解消し今朝は体調は正常に戻った。。
今日はバルセロナの北東50kmの「モンセラット」(鋸山)を訪ねる。カタルーニャの聖地でベネディクト会の修道院があり、巡礼者が多く訪れる。黒いマリア像「ラ・モレネータ」(聖堂内写真不可)で有名だ。
この山は緑に覆われていたが、山火事で木が燃えて今では岩山になっている。

午前中一杯見学し、ローマ時代に建設された街、タラゴナで昼食、今日の宿バレンシアに向かう。バレンシアはオレンジで有名だがオレンジの時期は過ぎている。また、バレンシアは、今回泊まるだけで、街の観光の予定はない。
モンセラット(のこぎり山)がだんだん近づいてきた。
下から見上げる修道院。
モンセラット修道院。観光客が多い。
この先にケーブルカーの乗り場があり山頂に行ける。
石造りの壁にはめ込まれた聖女の像。
聖堂の薔薇窓。
タラゴナ郊外のローマ時代の水道橋。
高速道路のパーキングから足場の悪い道を下りると10分ぐらいで橋の真下に行ける。
2000年経ってもこの通り。古代ローマ人のテクノロジーは大したものだ。
水道橋の上。ここを水が流れていた。
この水道橋は長さ220m。
ローマの水道橋の遺跡はセゴビアにあるのが有名だが、タラゴナで見ることが出来てラッキーだった。
タラゴナは、ローマ時代には「タラコ」と呼ばれていた「ヒスパニア・タラコネンシス」の主邑。

円形劇場(アンフィテアトルム)の遺跡。
思いがけずローマの遺跡に接することが出来て最高!
市街地にもローマの遺跡が・・・。
昼食はタラゴナのカフェ・レストランで。店内には骨董品が飾られている。
タラゴナ〜バレンシアの高速道路。
パーキングから橋を渡って反対側に行ける。

スペインの高速道路は有料と無料がありここは無料区間。高速道路網はスペイン全土に張り巡らされていて渋滞も都市部以外殆ど無い。
沿道には赤や白の花が沢山咲いているが、スピードが速く、写真はこの通り。青空と緑の地平線のコントラストが美しい。

次のページ