恒例の長野セレブ旅行

今年も義兄Iさんご夫妻の招待を受けて長野の別荘に行く。今回で4回目だ。
最初に訪ねたのは2003年夏、2005年8月2006年8月、今年と毎年訪ねている。
*05年、06年の長野は私の「ブログ」にリンクしています。「以前の記事」の該当年月をクリックするとすぐに見つかります。

Iさんは「コーヒータイム」というHPをアップされている。音楽をはじめ、海外旅行など沢山の趣味を持たれている。もちろんご自慢の別荘についても掲載されている。
今年は、Iさんの別荘に7月ティールームが完成し、みんなで見学する事になっていた。毎回避暑を兼ねて8〜9月に行っていたが今回はスケジュールの調整に手間取り、紅葉の10月になった。

10/22(月)
メンバーは義姉M子と義妹S子、妻と私の4名。S子と青葉台駅で待ち合わせて8:20出発する。座間に住むM子姉を迎えに国道246号を走り、相模湖ICから中央道に乗る。3姉妹の楽しい会話を聞きながら愛車CR-Vは快調に走行、岡谷JCT、更埴JCTを経由してほぼ予定通り14:00に豊田飯山ICに到着しIご夫妻の出迎えを受ける。

いつものように斑尾高原入口にある「まだらおの湯」に行く。アルカリ単純泉の温泉に入り、貸切の部屋でくつろぐ。
紅葉の景色を見ながらの露天風呂は素晴らしい。「お肌つるつる温泉」だ。
斑尾高原にドライブする。高原の中心部はすぐ近くで、季節はずれのスキーリフトが冬を待っている。
斑尾山の反対側に「タングラムスキーサーカス」があり、5年前ここの会員で妻の友人Sご夫妻とスキーにいき、会員専用の「ハーベストクラブ」に泊まった。懐かしいので行ってみた。紅葉が美しい。

まだらおの湯に戻り、ここで夕食をいただく。新鮮な地元の食材が豊富に使われてとても美味しい。

ここから別荘まで20分ぐらいだ。懐かしい別荘に着き、早速「ティールーム」に入る。八角形ガラス張りの部屋はさすがに居心地がよい。'ん百万円というご自慢のギターも輝いている。
車運転のため温泉で飲めなかったビールをいただきながら夜が更けていく。
斑尾高原にて
ハーベストクラブの紅葉。
東急が経営するタングラムスキーサーカス。
会員専用の宿ハーベストクラブの看板。
2002年2月にスキーで2泊3日滞在。
タングラムの広い庭園にダリアが・・・。
後ろにゴルフ場が見える。
Iさんご自慢のギター。
記念撮影。

10/23(火)
別荘の朝は遅い。別荘の庭や周辺を散歩した後みんなで朝食。さすがは「4姉妹」、テキパキと準備をしている。
午前中はゆっくり別荘で過ごし、お昼になったので信州ソバをいただきにドライブ。
一旦別荘に帰り、荷物を車に積んで今宵の宿、「信州松代ロイヤルホテル」に向かう。中野ICから長野ICまで高速で行く。長野ICから数分でホテルに着く。Iさんはこのホテルの会員で何時もVIP待遇のもてなしを受ける。部屋は最上階の12階。見晴らしが素晴らしい。
3階の大浴場の岩風呂には温泉が引かれていて
再会した姉妹達。話しが尽きない。
Iさんの高級車「レクサス460」。
今年1月に購入された車。この車を見学、試乗するのも別荘訪問の目的の一つ。
外から見たティールーム。屋根は45度の傾斜があり、雪は積もらない。
庭の木が美しい。
左に鳥の餌台があり、ヒマワリの種を入れると近くで待っていたヤマガラがすぐ飛んでくる。
別荘入口と私の車。
Iさんのギター演奏に聴き入る。
昼食は別荘から40分の信州そば「極楽坊」で。
以前にも来たが、とても美味しい。
ざるソバはこのように盛りつけられていて、一つの塊を「ぼっち」という。5ぼっちが標準で3、7ぼっちがある。生わさびと大根下ろしでいただくそば絶品だ。
極楽坊の近くに、自家製ベーコンの店がある。少々お高いが、ご主人のこだわりの一品。あばら肉を薫製にしたベーコンの香りと味は最高。
店内には蔓で編んだ籠などが飾られている。

10/24(水)
Iさんの薦めで「松代大本営」を見学する。存在は知っていたが見学は初めてだ。

太平洋戦争末期の1944年、政府中枢、大本営、天皇御座所の移転計画が松代付近の約20km四方にわたって計画された。総延長10kmに及ぶ地下壕を9ヶ月で完成する計画で、75%完成の時点で敗戦を迎えた。無理な計画のため動員された朝鮮人や地元の人々が過労や事故で犠牲になった。「慰安所」も作られ、朝鮮の女性達が強制的に連れてこられた。戦争の悲惨さが蘇り、かなりショックを受けた。展示室があり、詳しい説明と展示品を見てから、地下壕へ。地下壕群の一つ、象山地下壕の一部500mが公開されている。

軍部の暴走で戦争を続け、国民無視の「本土決戦、1億総玉砕」を唱えて来た当時の政府に激しい憤りを感じる。
オキナワ、ヒロシマと共に松代大本営も出来るだけ多くの国民が見てほしい、と思う。
平和祈念碑に黙祷を捧げ、重い気分で大本営を後にした。

ホテルの隣にある生協に農家の野菜を直売するコーナーがあり、ここで大量の野菜などを買い込む。特に多種類のキノコがあり、地方の豊かな暮らしが羨ましい。

昼食は「おぎのや」で釜飯にする。信越線の横川駅で昔から釜飯を売っていたあの「おぎのや」さん。新幹線開通で横川・軽井沢間が廃止になり、釜飯の販売は相当のダメージを受けたが、松代に店があるとは知らなかった。ここは単なる「釜飯屋」ではなく、一大観光センターになっていてレストランやお土産などが売られている。観光バスも多数来ていて「おぎのや」さんの大発展にエールを送りたい。

ここで再会を約してIご夫妻とお別れ。私達関東組は帰途についた。
大本営跡の入口に展示室「もうひとつの歴史館・松代」がある。車を置いて200円を払い見学する。
地下壕内部。ヘルメットを被って見学する。
絵や文字が表面に残されている。
地下壕入口に建つ慰霊碑(平和祈念碑)。
同。献花が絶えない。
諏訪湖PAで小休憩。
談合坂PAで最後のトイレ休憩。相模湖ICはすぐ近くだが、高速を下りてから家までは長い。

ここでも地元の野菜や物産品が売られているが長野で大量に買い込んだので見るだけ。


今年も楽しい旅になりました。Iさんありがとうございました!。走行距離723km。
名ブロガーS子妹のブログ「Sachiko's Diary」もご覧下さい。大きい写真が多数あります。私とは違った視点からの文章も楽しめます。