ペルー世界遺産紀行
・・・その1・・・

プロローグ
07年11月22日から9日間ペルー旅行を楽しんできた。初めての南半球、アンデスの高地に残るインカ文明の遺跡やインディオの人々の暮らしなど素晴らしい体験が出来た。

私達がスペイン旅行に行く直前の07年5月、世界遺産めぐりをしている義妹chakoがペルーに行き、彼女のブログを見たり話しを聞いているうちにぜひ行きたいと思うようになった。

9月20日に阪急交通社の説明会に出席し、即座に「ゴールデンペルー9日間」を申し込んだ。
ペルーの公式言語はスペイン語。6月のスペイン旅行の時よりもスペイン語のレベルアップをしようと「スペイン語入門(白水社)CD付き」と「スペイン語ミニ辞典(白水社)」を買った。

現地で発行される地図によると観光スポットは多いが、日本人観光客がよく行く有名観光地の数は5〜6カ所、と少ない。それぞれの観光地に行くのにかなり時間がかかる。日本からペルー入国まで1日、出国から帰国まで2日かかり、実質6日のペルー旅行だ。
訪れた観光地は首都リマ、クスコ市内と近郊、クスコからマチュピチュ往復、チチカカ湖、ナスカの地上絵など。

中南米がヨーロッパ人に征服される以前に栄えていた諸文明は、インカ文明を含めて紀元前から多数存在したが、彼らは文字を持たないため歴史記録が存在しない。そこで考古学者が発見、発掘した遺跡を見て「何の遺跡か」諸説が出てくる。祭司の場所、天体観測所etc. そこが、文字が存在し、解読されているヨーロッパや、オリエントの遺跡と根本的に異なる。
ペルーの遺跡も謎に満ちていて見る者を魅了する。
下の地図は阪急交通社さんのパンフレットから掲載させていただきました。
11/22(木)成田→LA→リマ(時差14時間)
11/23(金)リマ市内
11/24(土)リマ→クスコ市内・近郊→クスコ

11/25(日)クスコ→マチュピチュ→クスコ
11/26(月)クスコ→ラ・ラヤ峠→プーノ

11/27(火)チチカカ湖、シルスタニ遺跡→リマ
       →イカ
11/28(水)イカ→ナスカ→イカ→リマ→
11/29(木)→NY→
11/30(金)→成田

1日目 11月22日(木)
17:05全日空NH-006便ロサンゼルス行きで成田出発。日付変更線を越えて同日朝9:45LA着。空港のトランジットだが一旦アメリカに入国する。両手人差し指の指紋と顔写真を撮られて入国。観光客にとって厳しい処置だが、窓口の入国審査官は実に陽気で冗談を言いながら対応してくれる。私達はウインクしながら「ハネムーン?」と聞かれ、「Second Honeymoon」。厳しい印象は可成り緩和される。

ランペルー航空リマ行きLP-605便12:30発の出発ゲートに移動する。ここはもうスペイン語の領域だ。
定刻出発の飛行機はペルーの航空会社で、「インカコーラ」という黄色の甘い飲み物が出される。

9時間と8時間。乗り継ぎ時間3時間を加え、20時間をかけて漸く23:30ペルーの首都リマに着いた。20代のイケメン現地ガイドSさんがにこやかに出迎えてくださった。
ホテルは「シェラトン リマ」。床についたのは1時を過ぎていた。

2日目 11月23日(金)
今朝はゆっくり寝て11:00ホテル出発。リマの歴史地区の観光へ。アルマス広場、カテドラル、ミラ・フローレス地区、黄金博物館など。
シェラトン・リマの部屋から最高裁判所。
このあたりは旧市街だが再開発が進められ近代都市に生まれ変わろうとしている。
私達が乗る「コンドルトラベル」社のマイクロバス。
私達ツアーメンバー8名と添乗員さん、現地ガイド、運転手の11名。
8名は新婚さん、父と娘さん、中年のご夫婦、と私達夫婦の4組。
サン・マルティン広場。
騎馬像はペルーの独立運動に功績のあったサン・マルティン将軍。
黄色い建物はリマで一番古いコロニアル様式。
黒っぽいテラスが特徴。
大統領府の衛兵。鉄柵で囲まれていかめしい。
同。衛兵の交替。
藤森大統領時代の1996年に過激派に占拠された日本大使公邸の跡地。すでに取り壊され、塀だけが残っている。
別の場所に建てられた新しい日本大使公邸。警備がものものしい。
太平洋沿いのミラ・フローレス地区「恋人の公園」。巨大な接吻像のモニュメントがある!。
同地区の超近代的なビル。
ペルー黄金博物館の入口。
地下には発掘された黄金の装飾品やミーラが展示されている黄金の数々は圧巻だ。

1階は武器博物館で、古代から現代まで世界の武器が展示されている。もちろん日本の刀や鎧などもある。
こんなボンネットバスがまだ多く走っている。故障で停止中?
ホテルで夕食。手前のビールは「クスコビール」。

3日目 11月24日(土)
いよいよインカ帝国の首都クスコへ向かう。移動はリマ空港09:20発ランペルー航空LP-027便エアバスA-319型。1時間15分でクスコ空港に着く。標高3360m。これから4日間空気の薄いアンデス山地で過ごすことになる。高山病に注意!

クスコに着くとやはり酸素が少なく感じる。一旦ホテルで荷物を降ろし、クスコ市内と郊外の遺跡などを訪ねる。

11月は北半球の5月で初夏に当たる。雨はあまり降らないが、現地ガイドさんが今日は雨が降るという。サクサイワマン遺跡で夕立のような強い雨にやられた。

夕方ホテルに帰着。ディナーショーが行われるレストランに出かける。

ホテルは「ロイヤル インカ II」。さほど大きくないホテルで家庭的な温かさがあってなかなかいい。ここで2泊する。
クスコ空港に到着するとバンドでお出迎え。
チップ歓迎とあるので遠くからズームで撮影させていただいた。
アルマス広場のカテドラル。インカの神殿跡にスペイン人が100年かかって建設したという。
インカ帝国時代の石積み。かみそりの刃も通さない。
この上にカトリック教会が建てられたが地震で教会が壊れてもインカの石垣は破壊を免れた。。
サント・ドミンゴ教会の中庭。インカ時代は黄金いっぱいの「太陽の神殿」であった。神殿を壊してきん、銀を採取し。強固なインカの土台の上に建てられた。
石積みの通路。狭い通路を歩くと、巨石の重量感が強くのしかかる。
市内の見所は他にも多数有るが、バスで郊外、聖なる谷の遺跡に向かう。
サクサイワマンの遺跡。個々もスペインの大軍によって城壁や円塔が破壊され下部の石壁が残る。
サクサイワマン、タンボ・マチャイ遺跡の標識。
この標識の手前に高度3765mの標識があった。
インディオの中学生が記念撮影中。
「聖なる泉」の前で記念撮影。
乾期、雨期を通じて常に同じ量の水が湧き出ている。
水がどこから来てどこに流れるのかはわかっていない。
遺跡見学の帰り道クスコ市街を望む。
レストランでのディナーショー。料理は伝統のペルー料理だ。高山病よけに「クコ茶」がよいらしく、よく飲んだ。ホテルにもサービスのポットが置かれている。アルコールはよくないので平地に下りるまで飲まないことにする。

インカ伝統音楽のバンド演奏。珍しい楽器が演奏される。
何時もそうだが、終了後CDを売りに客席を回る。
インカ舞踊の踊り子さん。激しい踊りだ。酸素が希薄なところでよくこんな踊りができるものだと感心する。
その2へ その3へ