雪に悩まされたニセコスキーツアー

私達夫婦は毎年ほぼ同じ時期に「北海道ニセコスキーツアー」に行く。
今シーズンも2月25日(月)から27日(水)まで行ってきた。

毎回、航空会社主催のスキーツアーを東急の「テコプラザ」に出向いて申し込むが、インターネットで阪急交通社トラピックスのページを見ていたら、「新春特別サービス」と銘打って、一流ホテル泊の格安プランが多数のスキー場に用意されていることがわかった。長いツアー名だが「JAL便選択可 北海道スキー第2弾!リフト券付きニセコ東山プリンスホテル(新館)指定3日間」をネットで予約した。海外旅行はいつも阪急交通社のトラピックスを利用するので定期刊行物の他膨大な海外、国内旅行のパンフレットが送られてくるが、スキーツアーは見つからなかった。

今年は雪が多く、毎日スキー場の積雪情報を見ていたらついに3mを超えた。ルンルン気分で出発日を待った。

ところが、往きのジャンボ機は超満席、スキー場は濃霧や雪で見通しが悪い、帰りの便は空港閉鎖で夕方の全便欠航で空港に一晩足止め、と散々だった。そこそこスキーを楽しんだが、スキーの写真も少なく、代わりに空港の写真が多い別の意味で記憶に残るツアーとなった。


2/25早朝5時20分に家を出発、たまプラーザ駅前から羽田空港行きバスに乗り込む。
予定通り07:25発JAL507便ジャンボ機で新千歳空港へ。毎年この時間帯のJAL便はガラガラ。それが今日は満席だ。前日新千歳空港が大雪で閉鎖されたためだった。荷物を上げるスペースも無く窮屈この上ない。
チェックインに時間がかかり出発が遅れたため15分位遅れて新千歳空港に到着。

道路には雪が多いが、空港からニセコへのスキーバスは定刻12:50に東山プリンスホテル新館に到着。今日の天気はまあまあ。
新千歳空港1F。7月に開催予定のサミットの横断幕が目立つ。
電線が邪魔だが、バスからニセコアンヌプリ(1309m)が見えた(左のとがった山)。今日は天気が回復して何とか滑れそう。
ニセコ最長を誇る東山ゴンドラ(2660m)の終点。標高約1100m。ゴンドラ下駅まで標高差800m。滑走距離5000mをノンストップなら15分で下るが、シニアの私は疲れるので途中何回も休んで30分ぐらいかけて降りる。
霞んでいるがアンヌプリ頂上が見える。

今日は寝不足もあり、4時頃に上がってホテル内の温泉に入る。東山温泉は名湯で露天風呂もある。外気温-5度の露天風呂は快適だ。

風呂から上がると大食堂でバイキング。北海道の美味しいビールに大満足!
東山プリンスホテル新館は馬蹄形になっていて内部は巨大な吹き抜けになっている。バイキング食堂から

2/26翌日は天候不良。1日中濃霧と降雪のためゴンドラの上部は全く見えない。
下の短いリフトで遊ぶが、多少霧がうすくなったので一度だけゴンドラで登った。やはり視界不良で30mくらい先は見えない。これは危険だ。超低速、ボーゲンで何とか降りたが疲れがひどく懲りた。昼食を挟んで2時間ぐらい休み何とか体力が回復したので下のリフトを使って数回降りる。天候回復の見込みがないのでそうそうに切り上げる。まだ3時だ。今日は中日。まる1日スキーを楽しめるはずだったのに残念!写真を撮る気にもならなかった。温泉三昧の時間を過ごすしかない。温泉で汗を流すと結構エネルギーを消耗するようだ。お腹がすいて夕食に向かう。

今夜の食事はメインダイニング「ボー・セジュール」でフランス料理のコース。豪華な雰囲気で気分最高。スタッフも親切に質問に答えたりシャッターを押してくれる。

ところが東山プリンスホテルが売却され、7月からヒルトンホテルになると聞いてショック!。本館も含め4回も泊まっているので残念だが「西武王国」滅亡のためやむを得ない。どんな風に変わるのか来年も来てみたい。
一足早く、ニセコアンヌプリコースでも、拠点の「ホテル日航アンヌプリ」がJALを離れ、「ニセコノーザンリゾートアンヌプリ」になっていてツアー料金が高くなっている。
ニセコの風景は不変だが資本の移動は激しい。
「ボー・セジュール」でフランス料理。

東山プリンスホテル新館は16階建て。ニセコの代表的なリゾートホテルだけあって料理も多彩だ。
和食の「函館」、すし処「小樽」、バイキングレストラン、バーラウンジ「SAPPORO」など。

お揃いのセーターは昨年秋にペルーで買ったアルパカの高級品。
メインディッシュのチキン料理。

2/272/28今日は最終日。チェックアウトしてからゲレンデに出なければならない。
天気はパッとしないが昼はまあまあのようだ。夜は大雪とのこと。その予報が当たって空港で泊まることになった。
珍しい経験をしたので下に詳しく記述する。
朝、ゴンドラは運転しているが・・・。
ホテル前。
今朝のゲレンデ情報。
ゲレンデでの写真はこれが初めて。
同上。
スキー終了。これから帰る準備をしなければ・・・。

帰り支度をし、スキーと荷物を宅急便で出し、温泉に入って帰りのバスに乗り込む。16:25発。可成り降雪が激しい。バスは順調に走り19:05新千歳空港着。
予定のJAL544便は20:55発なのでゆっくりビールを飲んで食事をして帰れると思いきや、JAL係員が「欠航の可能性があるので、19:10発の早い便に乗れ」と言う。空弁(そらべん)を買って急いで搭乗する。満席になるまで客を詰め込んで出発するらしく、いつまでたっても出発しない。
すでに満席になったが降雪は益々激しくなり機体の雪を溶剤で落とす作業(デ・アイシング)をするという。15分かかると云うがエアコンをストップし、溶剤のベーパーが客室に入らないようにする。その後誘導路に小型機が立ち往生したり、再度デ・アイシングしたりで21時過ぎ漸く滑走路に向かって出発する。
3000m走ってさあ離陸かと期待したが、機長が客室に現れて(こんなことは滅多にない)窓から翼面の着雪状況を点検し、「離陸危険」と判断して欠航が決まった。ターミナルビルの近くに戻り、迎えのバスを待ってやっとビルに戻った。(22:30)。結果3時間以上機内に閉じこめられた。北京まで行ける時間だ。

次の日のなるべく早い便を予約すべくカウンターに行き11:30発を予約し、宿泊に当てられた大部屋に案内される。
北海道に来る前日もそうだが、よくあるケースなのでJALの対応も慣れたもの。毛布と寝袋を支給され、眠りにつく。人の出入りが激しく騒々しいが、スキーの疲れで良く眠れた。

北海道新聞(ドーシン)を読むと、3000人が空港で夜を明かしたとの記事と写真が掲載されていた。
空港の大会議室が今宵の宿。
公共スペースもこのありさま。
翌朝毛布の山。
大雪原と化した空港の駐車場。
デ・アイシング中のANAジャンボ機。融雪剤を機体に吹き付ける。
ポケモン仕様のANAジャンボが目立つ。滑走路に向かって出発。
空港で暇つぶし。新千歳は4年間の単身赴任で隅々まで知っているので悠々散歩。
ここにも7月洞爺湖サミットの垂れ幕が。はたして誰が主役になるのだろう?
この便11:30発で無事帰宅した。