アイルランド紀行

今までヨーロッパ各国の主要部を廻る旅をしてきたが、主要部をはずれた地方の旅に出たいと思い、北スコットランド、南イングランド、アイルランド、北スペインの旅を探していたら阪急交通社の「地球遊々散策」と言うパンフレットが送られてきた。私達が行ける日程も決まっているので選択の余地が少ないが、多少スケジュールを調整すれば「アイルランド8日間」に行けることが分かった。
インターネットにも詳しい情報があり参考になったが説明会もあるというので3月25日の説明会に出席し、その場で申し込んだ。その時点で6名、最大20名とのこと。
8日間の旅だがアイルランド滞在は5日間。

10年ぐらい前に読んだ高橋哲雄氏の「アイルランド歴史紀行」を読み返して、実にユニークで興味のある国であることを再発見した。
アイルランドのキーワードは特異な自然先住民の巨石文明初期キリスト教の遺跡アイルランド語とケルト文化妖精ノーベル賞級の偉大な文学作品それにパブ・・・、と多彩だ。
上の写真はクロンマクノイズのハイクロスと教会の遺跡。

アイルランドは北海道とほぼ同じ面積。人口も北海道の540万に対し400万。それほど変わらない。気温もほぼ北海道なみ。ただ、緯度がダブリン北緯53度に対し札幌は43度。海流の影響で高緯度にも関わらずマイルドな気候だ。

言語は第1公用語が「アイルランド語(アイルランド固有のゲール語)」第2公用語が英語。標識などにはアイルランド語と英語が併記されている。
上の地図2枚及びクロンマクノイズの写真は阪急交通社の資料をコピーさせていただいた。

6月5日(木)  成田→ロンドン→ダブリン
6月6日(金)  ダブリン→クロンマクノイズ→ゴルウェイ
6月7日(土)  ゴルウェイ→ロッサヴィール→イニシュモア島→ロッサヴィール→ゴルウェイ
6月8日(日)  ゴルウェイ→バレン高原→モハーの断崖→アデア→リムリック
6月9日(月)  リムリック→キャッシェル→キルケニー→ダブリン
6月10日(火) ダブリン市内

6月11日(水) ダブリン→ロンドン→
6月12日(木) →成田

その1へさあ出発