長野・八ヶ岳セレブの旅2008


今年も義兄Iさんから長野(野尻湖)の別荘へ招待していただいた。今年別荘の玄関を拡張されたので見せていただくことも目的の一つ。
2003年9月に始まり、2005年8月、2006年8月2007年10月、とこれで5回目となる。2005年と2006年はブログにアップ、該当年月から見つけてください。
また、同行の義妹chakoのブログ「Sachikos Diary」に「夏休み(1)」から「夏休み(5)」まで5回に分けて詳しくアップされている。2008年8月の記事からすぐ見つかります。「詳細はそちらにどうぞ!」では身も蓋もないので、私も1月遅れですが補足的なことをアップします。

従来1日目は別荘に泊まり、翌日はIさんがメンバーになっておられる「松代ロイヤルホテル」に泊まっていたが、今年は同系列の涼しい「八ヶ岳ロイヤルホテル」になった。別荘から160kmもあるが、標高が1000m以上あるので涼しさは格別だ。
夏休み中はメンバーといえども3室の部屋が空いている日が少なく、かろうじて7/28の1泊が確保でき、7/27〜2泊3日の旅が決まった。

7月27日(日)
M姉、chako、私達の3家族が私の家に近い青葉台駅に集合、8:50ホンダCR-Vで出発。目的地は長野県「豊田飯山IC」。ここでIご夫妻と待ち合わせる。斑尾高原に近く、高原への途中にある「まだらおの湯」に入ってから別荘に行くためだ。

環八経由、関越道練馬ICに入る。関越道→藤岡JCT→長野道→更埴JCT→上信越道で豊田飯山ICに向かう。天気も良く、もちろん暑い。夏休み最盛期、日曜日、と渋滞の条件がそろっていたので、Iさんには14:30頃着の予定と云っておいた。ところが「ガソリン高騰」さまさまで全然渋滞無し。Iさんに到着時間繰り上げを連絡し、13:00前に到着。
早速「まだらおの湯」に行って温泉を堪能した。
早めに別荘にお邪魔し、ビールと上海土産の高級紹興酒で乾杯。夕方には雨が降り、とても静かに夜は更ける。

7月28日(月)
お昼ころまで別荘でゆっくりくつろぐ。別荘周辺を散歩したり、2000m2の庭を歩いたり、部屋でおしゃべりしたり、・・・。
昼前に蕎麦の美味しい「極楽坊」に予約を入れ、出かける。別荘から40分ぐらい。毎年ここに行って蕎麦をいただくが、知る人ぞしる有名店。県外No.の車が駐車場に並ぶ。駐車場に入れない車が道路で待っている。

もう一度別荘に帰り、八ヶ岳行きの準備をする。
2時過ぎに出発、信州中野IC→更埴JCT→岡谷JCT→長坂ICで高速をおりて5時過ぎにホテルへ。途中諏訪湖SAで給油する。

八ヶ岳ロイヤルホテルは天然温泉があり、ゆっくりお湯に浸かって休養。中華のコース料理をいただく。
上信越道「佐久平PA」でトイレ休憩兼時間調節。
まだ10:58だ。目的の「豊田飯山IC」まで50分位で着く。昼食には早過ぎるし・・・。
別荘での豪華夕食風景。四姉妹がウデを振るうので何でも出来ちゃう。みんな新潟のカンパーニュの味を保存しているので素朴でとても美味しい。
一夜明けて別荘庭でブルーベリーの収穫。こんな大粒のブルーベリーははじめて見た。
朝霧が立ちこめる別荘。幻想的だ。
八角形のティールームでIさんのギター練習。
お昼は戸隠蕎麦どころ「極楽坊」へ。Iさん行きつけのお店でさすがに美味しい。ざるに盛られた蕎麦は五ぼっち(標準)。メタボ向けの三ぼっちから七ぼっちまである。

もう一度別荘に帰り、八ヶ岳高原への出発準備をする。
八ヶ岳ロイヤルホテルの夕食は中華のコース料理。
全員で記念撮影。

7月29日(火)
ホテルで遅めの朝食をいただく。

Iご夫妻とは、ホテルでお別れする。私達関東組は清里方面へ。
先ず吐竜の滝に行って十分なマイナスイオンを浴びた後、清里へ。清泉寮でジャージー牛のミルクで作ったソフトクリームをいただいて、清泉寮やKEEP教会のことが解る「ポール・ラッシュ記念センター」へ。この地域開発の素晴らしい歴史を学ぶことが出来て大満足。

道の駅「南清里」に立ち寄り昼食と野菜の買い込み。それからまた甲斐大泉まで戻り、小海線沿いの「泉ライン」を通って甲斐小泉駅前の「平山郁夫シルクロード美術館」へ。増設直後の「新館完成記念平山郁夫と大いなるシルクロード特別展」開催中。シルクロード関連の新作多数と出土品のコレクションをゆっくり見学できてラッキー!。こちらも大満足。

美術館見学後は、泉ラインの続きを走り、小淵沢ICから中央道をひた走り青葉台に19:45帰着した。
ホテル屋上から八ヶ岳。真ん中より少し右のピークが主峰赤岳。
屋上には天体望遠鏡のドームがあり、星の観測が出来るが昨夜は酔って寝てしまったので☆は見なかった。昼間はカギがかかっていて中に入れない。
吐竜の滝。川俣川渓谷にかかる。滝のしぶきを浴び、涼しさは格別だ。
滝の前で記念撮影。
小海線が滝のすぐ近くで渓谷を跨ぐ。清里駅と甲斐大泉駅のほぼ中間。
ポール・ラッシュ記念センター内、ポール・ラッシュ博士の居室。

ポール・ラッシュ博士の功績や、清泉寮とKEEP協会との関係を迂闊にも知らなかったが、ここに来てはじめて分かった。素晴らしい歴史の存在を知った。清里を訪れる人はぜひここに立ち寄るべきだ。
アメリカンフットボールを日本に紹介したのもポール・ラッシュだ。
同記念センター入口。
平山郁夫シルクロード美術館の建物。
火曜日は定休日のため、せめて建物の外観でもカメラに・・・、と思い中を見たらライトが点灯している。
実は美術館増設に伴い、9月中は無休とのこと。ラッキーだった。もちろん見学したが内部は写真禁止。

美術館の増設、オープンは僅か2週間前、7月13日であった。オープン記念に「平山郁夫 私が歩んだ道」というCD付きの冊子を買う。記念特価1000円也(定価4200円)。

今回もIご夫妻に「おんぶにだっこ」。「セレブライフ」の3日間だった。
Iご夫妻、有り難うございました。


玄関の拡張の様子。左はI兄のHPコーヒータイムから。右はchakoの「夏休み(1)」から写真をいただきました。

今回の走行距離       720km
ガソリン(レギュラー)73.8L 12890円 
燃費 9.76km/L(23.0USガロン/マイル) エアコン使用、大人4名乗車としては良好だ。CR-Vはまだまだ快調だ。
高速代             13050円。
こんなにガソリン代が上がってもまだ高速代より安い!日本の高速道路代はおかしいよ!ガソリンより、こちらの方が腹が立つ。