雲上の楽園木曽駒ヶ岳へ

 昭文社山と高原地図「木曽駒・空木岳」を使わせていただきました。

8月21(木)〜22日(金)に中央アルプス木曽駒ヶ岳に登った。
若い頃は北アルプス、南アルプスを中心に一般コースを登ったが、3000m級の山に荷物を担いで登るのは約40年ぶり。大丈夫かどうか自信がなかったが、ベテラン登山家の指導のもと、無事登ることが出来感激している。

8/21(木)
ロープウェイ千畳敷駅→八丁坂→乗越浄土→宝剣山荘(泊)
8/22(金)
宝剣山荘→中岳→木曽駒ヶ岳→中岳→宝剣山荘→乗越浄土→八丁坂→遊歩道→ロープウェイ千畳敷駅

新宿駅西口から7:00発飯田行きの中央高速バスにメンバー7人が乗り込み一路駒ヶ根へ。中央道は空いていて10:13定刻に駒ヶ根ICに到着。タクシーに分乗してロープウェイのシラビ平駅へ。ここは標高1662m、タクシーで1000m以上急坂、急カーブを登ってきた。涼しくて気持ちいい。ロープウェイに乗り換え僅か7分で2612m千畳敷駅に到着。まだ11:20だ。ロープウェイは41年前に完成、とあるが昔登っていた頃はこんなに便利な物は無かった。千畳敷駅にはホテルがあり、スカート姿の観光客も大勢来る。ホテルの食堂できのこ汁をとり、持参のお弁当をいただく。

千畳敷駅はガスがかかっていて視界はきかない、大したことはないが雨も少し降っている。天気は良くなると信じて12:15に出発する。標高差300mちょっとの八丁坂の上りは可成りきびしい。高山植物がまだ咲いていて、写真を撮りながらゆっくり登って13:50乗越浄土着。宝剣山荘はすぐ目の前だ。まだ早いが今日の行程はお終い。
夕食は17:30なので充分時間がある。食堂で小宴会をして疲れを癒し、外に出てカメラタイム。

夕方になって天気が回復。何と青空が広がって周辺の山々が完璧に姿を現した。ラッキー!
シラビ平駅で乗車を待つ。通常時は20分間隔だが、シーズン中の今は9分間隔で運転中。
頂上駅まで7分。

千畳敷ロープウェイは国内で最も高い所に登る。
千畳敷駅の外にある看板。

カールの上はガスがかかる。
八丁坂を少し登ると、ホテルはもう遥か下だ。
宝剣山荘の玄関。
収容人員200名。今夜は80名が泊まるという。

当初、駒ヶ岳直下の駒ヶ岳山荘(収容人員250名)に泊まる予定だったが、機械故障のため宿泊不可となった。何人の予約があったのか分からないが全員宝剣山荘に移された。
前岳の勇姿。
今の時期ご来光はこの山の上に現れる。
山荘から中岳を臨む。この先に木曽駒ヶ岳が鎮座する。
宝剣山荘のヘリポート。こんなチャチな台に物資輸送のヘリが発着するとはオドロキだ。
宝剣岳。私達は登らなかったが、ここから30分ぐらいで頂上に立てる。
宝剣を背に記念撮影。
天狗岩。見事な造形だ。

千畳敷に咲く高山植物たち

翌日も快晴。まだ真っ暗な4時頃に起き出して外に飛び出す。朝食は5:15から。その前にみんなで写真を撮りまくる。

朝食後装備を調え、柔軟体操をして6:20中岳に向け出発。空気がうすいので睡眠を充分とれたのに呼吸が苦しい。この苦しさを乗り越え頂上に立つのが登山の醍醐味だ。ガマン、ガマン。
中岳頂上に着くと木曽駒が姿を現す。駒ヶ岳山荘が建つ鞍部に一旦下り、最後の苦しい登りを終え7:35頂上に立てた。
北アルプス、南アルプス、木曽御岳などの大展望を堪能、来た道を引き返し、10:55全員無事ロープウェイ千畳敷駅に帰着した。
前岳からのご来光。この時期山の頂上から日が昇るのでこのような写真になる。
駒ヶ岳頂上。右手前は駒ヶ岳山荘。

ここから山荘まで降りて、「Nach dem Gipfel!」(頂上へ)山にはドイツ語がよく似合う。ヒュッテ(山小屋)、ザイル(ロープ)、ザイルバーン(ロープウェイ)、アイゼン、・・・。
悠然と聳える木曽御岳。
頂上の標識。
頂上で記念撮影。
北アルプス遠望。乗鞍、穂高連峰、槍ヶ岳へと続く。
南アルプス遠望。富士山もこの通り。
宝剣岳。
八丁坂を降りてホテル(千畳敷駅)に向かう。
一般の観光客向けの遊歩道経由で最後の歩行。
このような奇岩が沢山ある。氷河時代に出来たのだろうか?

ロープウェイ、路線バスを乗り継いで12:25駒ヶ根の町にあるこまくさの湯に到着。ここでも標高600m。涼しい。
温泉で疲れを癒し、食事をして(もちろん地ビールも)
駒ヶ根IC発14:54新宿行きの高速バスに乗り、18:45新宿着。皆さん、お疲れさまでした。

この夏は記録的な猛暑が続き、事前の運動もろくに出来ず外出さえしない日が多かった。そんなわけで実は高山に登る自信は「?」であった。昨秋ペルーで手ぶらとはいえ4000mのシルスタニ遺跡で標高差200mを登った実績もあったので何とかなるかなとは思っていたが・・・。
ベテラン登山家の会長、女流登山家のリーダーの好リードで素晴らしい登山が出来、感謝いたします。