寒〜い北北海道旅行

今年の冬はニセコスキーツアーを諦め、オホーツクの流氷と旭山動物園に行くことにした。阪急交通社のツアータイトルは「ガリンコ号IIと層雲峡氷瀑まつり 旭山動物園と日本のてっぺんさいはて紀行3日間」という長いもの。旅行の中身をすべて表している。「てっぺん」とはサハリンに対峙する北海道最北端、宗谷岬。
平日のツアーを希望したが人数が集まらず、週末催行のツアーに統合され48人のグループになった。大型バス満席だ。

3月7日(土)
天気予報を気にしていたが、生憎西高東低の荒れ模様!全くついていないが行くしかない。ということで羽田空港に向かう。飛行機は全日空の稚内直行便11:15発ANA571便。
手荷物検査は国際線並に飲物や化粧品100cc以上は没収されると思っていたら、提示するだけでフリーパス。これでは国内線の飛行機がテロにねらわれないかと不安になった。規制は国際線と同じにすべきだ。
とにかく、「空弁」を買って乗り込む。
天候調査の結果、何とか出発可能となる。しかし、ここでハプニング。なんと、燃料ポンプが故障で修理するという。
50分遅れで出発した。水平飛行になって昼食の空弁をいただく。

稚内上空に近づくと視界不良と強風で着陸困難と言う。上空を旋回して着陸可能条件になるのを待ち、ダメな場合は新千歳空港に戻るとのアナウンス。近くの旭川空港は悪条件ですでに閉鎖されている。稚内の方がまだマシのようだ。何とか着陸出来るようになり、B737機は横揺れしながら無事着陸。随分緊張したが一安心。1時間半遅れだ。

空港から観光バスで「てっぺんの」宗谷岬へ。ものすごい風が北の海から吹き付け波しぶきがかかる。風圧で飛ばされそうだ。写真もろくに撮れない。気温は−6度C、瞬間風速は20mを超えるという。

稚内に戻り、ノシャップ岬やゴマフアザラシの越冬地などを見学して今宵の宿、稚内全日空ホテルにチェックイン。
休憩した後夕食に出かける。卸売市場2階の「夢広場」。ホテルから徒歩2〜3分だが、歩くのは危険とのこと、バスで行く。行程が遅れたので卸売り市場は閉まっており、レストランは貸切状態。


バス車内に掲げられたガイドさん手作りのコース図。
北海道は都道府県の一つだが日本全体の22%の広さがあり、東北6県より広い。14の「支庁」という行政区に分かれている。ツアーの全走行距離680km!
D:ドライバーさん G:ガイドさん。ニサッタカ・・・はアイヌ語で「ようこそ北海道へ」

私は広い北海道が好きで年3回、14日位滞在する。日本語が通じるヨーロッパだと思っている。


宗谷岬にて。「日本最北端の地」の碑。晴れていれば40km先にはサハリンが見えるはずだが・・・。
オホーツク海は大荒れ。
この青い建物に温度計があり−6度Cと表示されている。
「最北端の碑」遠景。灰色の雲、逆巻く波は凄味がある。
稚内の「ノシャップ岬」にて。ここも海から激しい風が。
ノシャップ岬の灯台とアザラシのオブジェ。

抜海港のゴマフアザラシ越冬地は夕暮れ時で写真も撮れないほど視界不良。ほとんど見えなかった。残念!資料館に入り、展示物を見たが、管理人はバスが来たので一旦閉めた入り口を慌てて開けたという。トイレはすでに水を抜かれ使用不可。
レストラン「夢広場」は到着が遅れた私達の貸切状態。生タラバ、生ズワイガニのしゃぶしゃぶは圧巻だ。

稚内の名物風景「防波堤」の一部。全長400m以上あり。
ローマの水道橋のようなイメージがあり名所に。
駅から5〜6分で行けるが時間が無く残念。
3月8日(日)
宗谷バスで昨日のレストラン1F「卸売市場」へ。皆さんかにやホタテなど高価な食材を大量に買い込みクール宅急便で送っている。私達は現地でいただくから美味しい、と思っているのでこのような買い物はしない。
ここは日本最北端の稚内駅に隣接しているので買い物は短時間で済ませて駅周辺を散策する。

今日は、宗谷岬を経由し、オホーツク海岸を南下し、紋別の流氷クルーズをして層雲峡まで342kmのドライブになる。北海道の広さを満喫出来る日だ。途中猿払でホタテ弁当を仕入れ、配布される。猿払は日本一のホタテ産地とのこと。昨日から強い西風が吹きつづいているので昨日は海から、今日は陸から海へ、の風になる。波しぶきを被らないで済むが、流氷を沖へ押し流す。
次は浜頓別のクッチャロ湖。日本最北のラムサール条約登録湿地。コハクチョウの越冬中継地になっている。
湖畔には浜頓別町役場があり行政の中心になっている。

いよいよ流氷の紋別へ。その前に沙流の「流氷岬」で打ち上げられた氷を見学。オホーツクでは昨日と違って海へ向かう強風が吹き荒れて昨日まで接岸していた流氷群は40kmも沖へ押し流されたとのこと。ガックリ!
紋別でガリンコ号の乗船を待つ。日曜日で超満員。30分も前に並ぶ。これだから休日の観光はイヤだ。

部分的に残った流氷帯に突入。ガリンコ号の真価を発揮する。ここ以外は氷も殆ど無く通常の航海と変わらない。強風をものともせずデッキに出て
40分ぐらいで帰港。

氷海展望塔「オホーツクタワー」で海底を眺め、バスはひたすら層雲峡へ向かう。上川付近は地吹雪がひどく、路面は凍結している。ドライバーさんはこんな国道を高速で巧みに走破する。4年間このような道を走った私は危険が充分分かるので敬意を表する。ただ、スタッドレスタイヤの性能は10数年前に比べて飛躍的に進歩しているようだ。

層雲峡の「ホテル大雪」に無事到着し、暗くなるのを待って「氷瀑まつり」に出かける。相変わらず強風が吹き荒れ国道を横切って会場に行くのは至難の業だ。でも幻想的なライトアップで素晴らしい。


卸売り市場の風景。カニが飛ぶように売れる。
3日間お世話になった宗谷バス。
「ナンバー262」を忘れると別のバスに乗ってしまう!、とガイドさん。
稚内駅全景。改札はこの裏側にある。
「最北端の線路」の標識前で。
稚内駅前商店街。
海に面している稚内は昔住んでいた千歳ほど寒くはなく3年ぐらい住んでみたい町だ。現地ガイドのTさんは稚内在住、この町の素晴らしさを盛んにPRする。
クッチャロ湖。コハクチョウの群が凍っていないエリアに集まる。
流氷岬に打ち上げられた氷の塊。
肝心の流氷は水平線の彼方に?
紋別港のガリンコII号の勇姿。前方に設置されたスクリューで氷をガガリガリ削って進む。

流氷観光船は網走にも(というよりこちらがメーン)オーロラ号がある。10年以上前に乗ったので今回は紋別のガリンコにした。

ガリンコ号は元はアラスカ油田開発のために作られた砕氷船。2本のスクリューは「アルキメディアンスクリュー」という。
取り残された流氷。この中をガリンコ号は氷を割りながら進む。迫力満点だ。
オホーツクタワー。海面下7mの海底がのぞける。
クリオネも見られた。
層雲峡の「氷瀑祭り」。木の枝で作られたフレームに水をかけて作られられる。ライトアップが幻想的。

強風がおさまらず吹き飛ばされそうになりながら滑りやすい道を10分も歩いてやっと到着。寒い!
かまくらのような内部は風を遮断して暖かく感じる。
寒い中来た道をひきかえす。
層雲峡温泉の「ホテル大雪」に帰り、冷え切った体を温泉で温めて夕食。至福のひととき。

3月9日(月)
昨日までの大荒れの天気はおさまって快晴だ!
勇気百倍「ホテル大雪」を出発。層雲峡の名所「銀河の滝」「流星の滝」を見学。何回も来ているが冬季は初めてだ。朝日に映えて実に美しい。2年前に泊まった三角屋根の「マウントビューホテル」も懐かしい。

層雲峡を出発し、途中、「北の森ガーデン」と言うおみやげ店(総合物産店)に立ち寄り、旭川に向かう。
ラーメン村で昼食、各グループお気に入りの店で醤油、塩、味噌などお気に入りのラーメンをいただく。

最後は日本一の「旭山動物園」。平日でも人、人、人。人気の高さが分かる。暖かい日差しの中園内をゆっくり回る。
ホテル大雪の前で。
銀河の滝。正面のV字から流れるが殆ど真っ白に凍っている。
流星の滝。
滝見台に上ると不達の滝が見られるのだが・・・。
フリー昼食は旭川の「ラーメン村」で。
8軒ある。青葉の名前を知っていたのでここにした。
私は醤油ラーメンにした。さっぱりしたなかなかの味だ。
村の一角にラーメン神社もある。
旭山動物園には数年前の10月に初めて行った。
オランウータンは冬は屋内で過ごし、豪快な綱渡りはしない。
ゴリラ。
シロクマ(ホッキョクグマ)。
豹。
新しくメンバーに加わったオオカミ。
学名「Canis Lupus」とある。Canisはラテン語で犬のこと。
レッサーパンダ。
動物園の一番人気ペンギンの散歩(1)。スタート点。
ペンギンの数は日によって違う。出たい人?だけ出して強制はしないとのこと。
子供連れのグループが多い。
ペンギンの散歩(2)。
30分以上前からコース沿いに人が並びはじめ、コース全体に人垣が出来る。
アザラシの食事風景。「モグモグタイム」といい、動物毎の時間表が掲示されている。
園内の風景。時計塔に気温が表示されているが、この時点+6.5〜7.0度C暖かい!
旭川を後に、新千歳空港へ。途中、砂川のパーキング「ハイウェイオアシス」に立ち寄り、最後のトイレ休憩。以後、渋滞もなく新千歳空港に到着。
ガイドさん、ドライバーさんにお礼を言って別れる。悪天候に苦労したが、これも北海道の魅力、といい体験をしたと思っている。

空港では充分時間があったので3Fのグルメシティで夕食。お気に入りの「はなぶさ」で新鮮な和食をいただき、添乗員さんと共に羽田に向かった。