長野・岐阜 桜と温泉の旅

東京・横浜での見頃が終わった頃に開花を迎える土地へ妻と4月9日から2泊3日の旅を計画した。
寒さ続き、不安定な天気が続いた後一転初夏のような天気になり旅行中素晴らしい天候に恵まれた。

コースは下記の通り。
4月9日(木) 家→(R246・東名高速・環八)→練馬IC→(関越道・長野道)→小諸IC(懐古園観光)→(長野道)→長野IC(善光寺観光)→(長野道・中央道)→松本IC→(R158・安房峠道路)→平湯IC口→(R471・D475)→新穂高温泉
4月10日(金) 新穂高温泉→平湯IC口→(R158)→高山→(R41)→飛騨一ノ宮→(R41)→高山→平湯IC口→(R158)→上高地入口坂巻温泉
4月11日(土) 坂巻温泉→平湯IC口→高山→飛騨清見IC→(東海北陸道)→美濃IC→(R418)→根尾薄墨桜観光→(R157・D23・R21・R258)→大垣IC→(名神高速・東名高速)→横浜青葉IC→家


4月9日(木)
6:03家を出発、コンビニで朝食のサンドイッチなどを買い込み関越道に向かう。平日早朝のため車は少ない。45分で練馬ICに到着。朝食をとらず、水分をとらずに走るのでトイレに行きたくならない。ふだんは関越道に入って最初の三芳SAのトイレに駆け込むが、今朝は違う。長野道に入り横川SAまでノンストップで走行した。ここでトイレ休憩、朝食。20分ぐらい休み出発、小諸ICに8:54到着。殆ど車が居ない懐古園の駐車場に滑り込む。

懐古園の桜はまだ殆どが蕾で一部満開の木もある。園内をいろいろ見物したが寅さん記念館があるのは知らなかった。2時間ぐらいで出発。次の目的地長野善光寺に向かう。

善光寺には昼前に到着。駐車場は混雑していたが、警備員の誘導がうまくすぐに入れた。
6年に一度(数え年で7年目)の前立本尊御開帳のため、境内は大混雑。「回向柱」とよばれる檜の巨大な角柱に白い綱が結ばれ、本尊の右手に繋がっており、柱に手を触れると綱を伝わって本尊との縁が結ばれるという。なお、前立本尊は寺の住職様も見たことがない本当の本尊の代わりでいわば本尊のダミーだ。
善光寺の桜も殆ど蕾で一部満開の木がある。
善光寺の近く、城山公園も桜の名所だが、ここも同じであと1週間ぐらいで満開になる。
懐古園の門。ここに来たのは何十年前だろう?懐かしい。
懐古園の大ケヤキ。樹齢500年、幹まわり6.3m。
藤村記念館前に建つ島崎藤村像。
懐古園の名木「小諸八重紅枝垂」。蕾で残念。
園内の動物園のしだれ桜。この木はどういう訳かほぼ満開。
こんな所に「寅さん記念館」。
見晴台。小諸の街並みが望めて絶景。
古城の石垣。
ここからは善光寺。

桜は全体に蕾〜咲き始めだがこの木は七分咲き。
前立本尊の御開帳で賑わう本堂。
手前の回向柱という角柱(40cm角位もある)に白い綱が結ばれているのが見える。柱に触れるとヒノキの香りが漂う。
善男善女で賑わう正面の参道。
清楚なコブシの花がきれい。
牛の銅像。参拝者がなでるので頭はピカピカ。
「牛に引かれて善光寺」。
私は丑年、次男も丑年、まもなく生まれる6番目の孫娘も丑年。、
善光寺五重の塔。この桜もきれい。
城山公園の桜並木。ここも長野一の桜の名所。
桜祭りの準備で提灯が目障りだ。

4月9日夕〜4月10日朝
長野ICに戻り松本ICへ。梓川に沿った国道158号は平湯に近づくにつれてカーブ、トンネルが多くなり可成りの難所だ。漸く安房峠道路入口に着き一安心。国道471号に入り栃尾温泉を過ぎると新穂高温泉だ。穂高連峰が見え隠れするうちに「水明館佳留萱山荘」に着いた。
この宿の名物は250人は同時に入れるという日本最大級の混浴大露天風呂。私の好きなぬるま湯で長く入っていられる。
栃尾温泉を過ぎたところで穂高連峰が姿を現した。
佳留萱山荘には2005年9月に愛知万博を見た後高山からバスで来ている。懐かしい宿だ。
料理は飛騨牛のほうらく焼きをはじめ豪華版。これは最初に出された料理で他に煮物、揚げ物・・・、と出てくるが、食べることに集中し写真は忘れた。もちろん生ビールで乾杯だ。
メニュー。

温泉を徹底的に楽しむ主義だ。先ず夕食前に内湯で暖まり、体を洗って混浴の大露天風呂へ。以前来たときは無かったが混浴風呂に入るときは「湯浴み」という緑色の腰巻き?を着用する。これがごわごわして良くない。
夕食後ビールがさめてから寝るまで2回入りにいく
寝る前に冷蔵庫の缶ビールを飲んで寝床に入りすぐ熟睡出来る。
翌朝は6時に起きてまた温泉へ。そして朝食。更にチェックアウトまでにもう1回・・・。翌日の「坂巻温泉」でも同じパターンになるだろう。

朝食のお膳。日差しでわかりにくいが・・・。
旅館の前で記念撮影。宿泊者の看板に「三宅様」もある。何となく嬉しい。
大露天風呂入口。ここから先は撮影禁止。

4月10日(金)
チェックアウト後、北アルプスに近づきたいと車で登っていく。町営の足湯や「奥飛騨おもちゃ博物館がある」中尾高原を通り、北アルプス大橋を渡ると遭難救助隊のヘリポートがある。ヘリポートには非常時立入禁止だが、北アルプス展望園地駐車場があり、周辺はハイキングコースになっている。
この先は新穂高ロープウェイの中間駅「鍋平高原駅になる。ロープウェイは通年営業で「西穂高口駅(2156m)」に登れるが今年は10年に一度のメンテナンスでGW直前まで4週間停止中だ。残念だがやむを得ない。鍋平高原を散策して帰った。
槍、穂高の山々を堪能し、高山に向かう。高山は2人とも何回か行っているので、ちょっと周辺を見ようということで「飛騨一之宮」に行った。飛騨一之宮駅はJR高山駅の一駅南にある。
ここに名木「臥龍桜」がある。樹齢1100年余のエドヒガンで樹高15m、東西20m、南北29m、幹の周囲7.3mの堂々たる古木だ。薄墨桜にもひけをとらない。ただ、ここも涼しい高山市内、まだ殆ど蕾で地元の人は満開は2週間後と言う。
駅前通に紅桜の並木があり、もう蕾がふくらんでいた。あまり知られていないがいいところだ。今度は満開の時期に来てみたい。
駅名になっている飛騨一之宮、水無神社は立派な神社だ。鬱蒼とした森に囲まれ樹齢500年、45mの大杉がある。
立派なお社で島崎藤村との関連も深い。

また高山に戻って市の中心部をなるべく徐行し、古い街並みを眺め、来た道を平湯まで戻る。
平湯トンネルの10kmぐらい高山寄りに「銚子の滝」がある。250m歩けば到着できるというので行ってみた。高さ30mはあろうかと思われる雪解け水を集めた堂々たる滝だ。時間が早かったので以前夏に見た平湯大滝にも行ってみたが水量が少なく、それほど迫力は無かった。滝の周辺はまだ全面雪に覆われ素晴らしいが、デジカメの電池切れで写真撮れず残念。
また安房トンネル(750円、ETC、クレジット不可)を通って坂巻温泉に無事到着。16:30。
ヘリポートから穂高連峰。
飛騨山岳救助隊本部。
ロープウェイは休止中。
飛騨一之宮の臥龍桜。樹齢1100年余、樹高15m枝張り東西20m、南北29m、幹の目通り周囲7.3m。
幹が2本に見えるが、右の幹から出た枝が地表に達し、ここから第2の幹が生成したという。
幹の大写し。迫力満点だ。
枝には蕾が多数付いている。2週間後には素晴らしい景観が見られるだろう。
飛騨一之宮駅前通の紅桜並木。
蕾がふくらんでいる。
飛騨一之宮、水無神社の大杉。ご神木だ。
神社の本殿。
大杉遠景。右が大杉で高さ45m。
銚子の滝。滝壺の近くに行き、しぶきを浴びてきた。
昔は滝壺がお銚子のようにふくらんでいてこの名前がついた。

4月10日夕〜4月11日朝
坂巻温泉は上高地への入口、梓川添いの崖の上にある。昔は対岸の低い位置にあったが昭和59年洪水に流され現在の位置に建て替えられた。そのため温泉はポンプアップされている。四方が山に囲まれているため、ケイタイは「圏外」、テレビは地上波が届かず全チャンネルがBSだ。
坂巻温泉の夕食膳。イワナの塩焼き、鴨鍋、鯉のあらいetc.・・・いいなと思っていたら、
大きな鯉こくが・・・。
旅館の休憩室。木の量感が凄い。
男子露天風呂。
朝食は温泉卵、アユの甘露煮・・・。
出発前旅館の玄関にて。

4月11日(土)
今日はいよいよ薄墨桜を訪ね、長駆帰宅する。
チェックアウトまで露天風呂に入って9:20出発。また安房トンネルを通って高山へ。高山から東海北陸道の飛騨清見ICまでは無料の高速道路が出来ていて20分ぐらいで到着できる。岐阜方面に進路をとり標高1000m以上の高地を快適に走る。途中ひるがの高原SAに立ち寄り飲物を買う。実に気持ちのいい高原だ。
12時に美濃ICに着いてR418を1時間も走れば薄墨公園に着く。R418は幅員が狭く、対向車とすれ違いに苦労する。土曜日、桜満開で来場者が多く、駐車場になかなか入れない。やっとの思いで車を置き、憧れの薄墨桜に対面する。
満開を少し過ぎた薄墨桜は樹齢1500年、威厳に満ちている。もう少しすると花びらは薄墨色を帯びるという。2時間あまり滞在して桜を堪能した。
ひるがの高原SA。出来たばかりらしい。
薄墨桜の説明板。
樹種ウバヒガン、樹齢1500年、樹高17.2m、東西23.9m、南北21.2m、幹囲9.1mとある。
薄墨桜の全容。
満開の桜。やがて薄墨色になるといわれる。
幹(みき)部拡大。
別方向から。
同上。
薄墨公園の桜たち。

薄墨公園には「さくら資料館」があり、枯死寸前から関係者の努力によって見事蘇った薄墨桜の歴史がよく分かる。
特に、宇野千代女史の薄墨桜復活への情熱はここに来て初めて知った。

後ろ髪を引かれる思いで薄墨桜を後にする。帰りはR157で岐阜方面へ。途中道の駅「織部の里もとす」で蜂蜜や野菜などを買い、R157→D23→R21→R258経由名神高速大垣ICに入り、名神→東名をひた走る。横浜青葉ICまで370km。
土曜日、ETC料金は1000円均一なのに車は少なく快適に走れる。政府が高速をどんどん走れ、とハッパをかけるが賢明な国民はそんな無駄遣いはしない。夕食と給油のため立ち寄った静岡県の牧之原SAも混雑無く、横浜青葉ICにたどり着いた。ここからは5〜6分で家に着く。21:30無事帰宅。斯くして長野・岐阜桜と温泉の旅は終わった。素晴らしい旅だった。

今回もよく走った。走行距離1165km、ガソリン101.6L、燃費11.5km/L。ホンダCR-Vに乗って7年だが故障もなく良く走る。