極北の町ノルウェー トロムソ

2010年夏に行ったノルウェーが気に入って、同年12月中旬にこの国でオーロラを見たくて極北の都市「トロムソ」に出かけた。
トロムソは世界最北(北緯70度!)の都会。人口6万人でノルウェー第3の都会だ。世界最北のオーロラ観光地でもある。
気温は大西洋を北上するメキシコ湾流のために3000kmも南の北緯43度の札幌よりも暖かい。現に雪はあるが雪解けで道路は水浸しだ。

今回、冬至に近い12月14日から6日間のツアーに参加した。旅行会社はいつもの阪急交通社のtrapics

オーロラ観光地はアラスカのフェアバンクス、フィンランドのロヴァニエミなどがあるが、いずれも北緯約66度の北極圏ぎりぎりのところ。だったら一番北のトロムソに決めた。

人気コースらしくツアーメンバーは37名で大型バスでほぼ満席の人数だ。統率力満点の女性「スーパー添乗員」K.M.さんがこの大人数のチームを完璧にコントロールする。
トロムソは世界最北のオーロラ観光地だが、「世界最北」が付くものがいろいろある。
「世界最北の大学」「世界最北の病院」「世界最北の博物館」「世界最北の水族館」「世界最北のビール醸造所」.etc。

人口6万、北極圏最大の都市。市民は殆どが大学と病院で働いている。
寒さは、メキシコ湾流の影響で大したことなく、北緯43度の札幌と殆ど変わらない程度だった。雪は、豪雪地の札幌よりずっと少なく
歩きやすい。

12月14日(火)
12:30成田発スカンジナビア航空SK-0984便でコペンハーゲンへ。
16:35コペンハーゲン着。時差8時間。日本時間で24:35。
コペンからオスロで乗り継ぎ21:45トロムソ着。

しかし乗客1人のスーツケースが到着せず、2時間近く空港で待たされ、スカンディックホテルに着いたのは0時を過ぎていた。
これからオーロラの出現を待つが空振り。荷物は翌日午後に持ち主の元へ。



12月15日(水)
10:30発。昼間トロムソ市内見学。現地ガイドのトムさんはカナダのモントリオール在住。冬季にトロムソで観光案内をしているとのこと。
丘の上に建つプロテスタントのトロムソダーレン教会を外から見学し、トロムソ博物館へ。
オーロラの仕組みが分かりやすく展示されている。また、この地の太古からの歴史が展示され、中生代ジュラ紀の水生恐竜「イクチオサウルス」の実物大の復元した模型に圧倒される。
サーメ人やヴァイキングの古代の生活も展示され興味は尽きない。
市内のレストランで昼食、午後は自由行動。市内散策に行く。

レストランを出るともう真っ暗だ。先ず、ビールが試飲出来る世界最北のMACビールへ。午前中は製造プラントの見学が出来るが、試飲だけする。陽気な住民がビールを楽しんでいる。彼らと楽しい会話をして3種試飲して帰る。
水族館に行こうと思ったが中止、スーパー「ユーロスパー」でおみやげやおやつを買って14:25発のバスでホテルに帰る。
夜のオーロラ観賞に備え夕食まで休養する。
オーロラは6時頃から午前2時頃が最も現れやすいというが、今夜もダメだった。

ホテル玄関にて。
ホテル前の広場。午前10時。
現地ガイドトムさん。カナダモントリオール在住。冬季のみトロムソのガイドをしている。暗い極夜(白夜の反対。太陽が一日中出ない)が好きらしい。
博物館前の看板。ノルウェーの公用語はノルウェー語とサーメ語。その下に英語、・・・日本語も。
博物館入口。
オーロラの原理を説明するオーロラ発生装置。北極を中心に環状に発生する。だから北極では見えない。
太古の恐竜イクチオサウルス。実物大の模型。
1億年前?このあたりに生息していた。
古代サーメ人の住処。
サーメ人はノルウェー、スエーデン、フィンランドの北部に住む。リレハンメルオリンピックの開会式でサーメ人の伝統的な踊りが披露された事を思い出した。
丘の上に建つプロテスタントのダーレン教会。
反対側のステンドグラス。
午後1時のメインストリート。クリスマスの飾りがきれい。
雪が融けて道路は水浸し。
世界最北のビール醸造所、MACビールの店内。3〜4人の男性が陽気にビールを楽しんでいた。
MACビールは市内のレストランでも飲める。
MACビールの店内に巨大ホッキョクグマの剥製が・・・。
再びメインストリート。
カトリック聖堂。
ホテルの外でオーロラ出現を待つ。
三脚にカメラをつけ、マニュアルモードで露出10秒にセットして待機。雲が邪魔しているのか、元々出ていないのか?・・・。


12月16日(木)
今日は終日自由行動。現地で募集している犬ぞりツアーに参加する。
ホテルから出発するショートコース(1人990NOK=ノルウェークローネ、約15000円)。ホテル出発から帰着まで2.5時間だがそりが走る時間は30分ちょっとだ。

10時ホテル出発。犬ぞりコースはホテルから30分、クジラ島にある。今日は可成り寒い。
初めての体験にワクワクする。

コースに到着すると出発の準備をする小屋があり、防寒対策不十分な客に防寒着やブーツを貸してくれる。私達は準備万端、必要ない。1980NOKを支払い待機する。
犬ぞりは2〜3人乗り、大型の北極犬達が元気よく飛び跳ねている。いざ出発。時々見晴らしのよいスポットで停止する。あっという間に出発点の近くに着いた。
昔のサーメ人の住居を模した小屋で熱いいコーヒーをいただき、帰りのバスを待つ。

ホテル到着後は近くのスーパーなどで買い物などをして休養。オーロラ最後の夜を待つ。

やはりオーロラは現れてくれなかった。

出発待ち。
私達のそり。3人乗り。顔が冷たい!
元気な犬たち。
コースの途中でで休憩。
出発地点に着いたがもう可成り暗い。
犬たちは一見怖いがよく人になれている。
犬の匂いが鼻につく。
たき火を囲みながらいただく熱いコーヒーで冷えた体が暖まる。

12月17日(金)
コペンハーゲンへの移動日。そして午後から市内観光。
5:00ホテルをチェックアウトし、3泊したスカンディックホテルを出発、トロムソ空港へ。オスロで乗り継ぎコペンハーゲン空港着。
市内のレストランでオープンサンドをいただく。6月2日にも同じ店で同じオープンサンドをいただいたのでとても懐かしい。僅か半年後に来るとは思わなかった。コペンハーゲン大学に面した静かな通りにある。

昼食後、日本人ガイドの案内で海岸に立つ人魚姫(Little Marmaid)、アンデルセンの家があり露店の並ぶニューハウン地区アマリエンボー宮殿を観光する。6月に来ているので二番煎じだが、人魚姫だけはぜひ見たいと思っていた。

人魚姫は6月に来たときは上海万博に貸し出されていて残念ながら会えなかった。今回は元の場所に戻っていて、会うことが出来た。44年前の1966年6月、仕事でロンドンに行く時の乗り継ぎ空港がコペンハーゲン。3時間ぐらいの時間があったのでタクシーで市内をミニ観光した。初めてのヨーロッパ!。当時はテロなど無い時代、乗り継ぎ客は空港外に出られたよき時代だった。
今日の市内観光には人魚姫は入っていなかった。何でも希望を聞いて下さるM添乗員に訳を話してお願いした。彼女は早速ガイド氏に交渉して快諾をいただいた。
人魚姫は雪をちょっと頭に乗せていたが44年前とちっとも変わらず佇んでいた。大感激!!。

早い時間に都心に近いラディソンBLUスカンジナビアホテルに到着。

少し休憩して街に出かける。都心の市庁舎広場まで約2キロ、30分ぐらいで歩ける。ウォーキングが得意な私達は小雪や路上の雪をものともせず河を渡って到着。左手にイルミネーションが美しいチボリ公園が見える。
名店が並ぶストロイエを散歩する。クリスマスフェストの飾りが美しい。どこかで夕食でも、と思ったがどこも混んでいたので、ホテル付近の「Q8」という名のコンビニに行き、ビールとチーズ、パンなどを買って部屋で食べることに。そして寝不足解消のため、早めに寝ることにする。

「スーパー添乗員」K.M.さん(左)。
オープンサンドの店(左)。右はコペンハーゲン大学の重厚な建物。。
アンデルセンの童話から生まれた人魚姫。
44年ぶりに再会。記念写真を撮ってもらった。
今度はいつ会えることやら・・・。
アマリエンボー宮殿の衛兵。
ニューハウンのアンデルセンの家(中央)を望む。
運河の左にはレストランや屋台、お土産屋が並ぶ。
6月に来たときは雨だった。
ホテルの窓からサンセットを見る。
コペンハーゲンは北緯56度。トロムソより1500kmも南で、冬至とはいえちゃんと太陽は出る。
チボリ公園の外観。中には多数のレストランや娯楽施設がある。
市庁舎広場。クリスマスツリーが美しい。
ストロイエ。ショッピングセンターで高級品からコンビニまでいろいろあり見ているだけで楽しい。
クリスマスの飾り付けが美しい。

12月18日(土)〜19日(日)
最終日。午前中はオプションツアー「フレデリクスボー城観光」があり一部のメンバーが参加したが、緑が美しい6月に見ているのでパス。
ゆっくり起きて美術館でも行くか、と思っていたが寝不足で大寝坊。12時のチェックアウトまで部屋でゆっくり過ごす。

13:00にホテルを出発、空港へ。ヨーロッパは大寒波でロンドン、パリ、フランクフルトなどの空港が閉鎖になりコペンハーゲン空港のチェックイン窓口が大混雑。添乗員の指示で、初めて「自動チェックイン」を試みる。意外に簡単で、37人全員が早くチェックイン出来た。

前にも買ったno taxの店「FINE HOOD」で本場のチーズなどを買い、出国手続きをしてスカンジナビア航空SK-0983便に乗り込む。

翌日10:30無事成田に着いた。

今回はオーロラに会えなかったですが、ツアーメンバーによると何回も来て、また今回もダメだったと言う人が多く、また来るという。と言うわけでオーロラはダメだったが、4日間大好きな雪のある地方で過ごすことが出来て良かったと思う。また来年トロムソに行くことになるでしょう。

航空機の発達により、地球はそれほど大きいと思わないが、不思議な世界ははいくらでもあると思った。
今回冬至の時期に北緯70度の極夜(白夜の反対)を体験できたことに大満足だ。太陽は全く顔を出さず、朝10時頃薄明かりになるだけで昼の12時には真っ暗になり夜が22時間続く。ここで生まれ育った住民はこれが普通の世界と思うが、南の国から仕事で転勤してくる人は暗闇の世界で精神に異常を来し、病院の精神科が繁盛するという。毎年1月30に太陽の上面が1分間現れる。住民はこの日を待ちわびているという。

同じ時期にもう一度トロムソに行ってオーロラを見たいが、夏至のトロムソで白夜も体験したい。

今回の旅行に当たり、6日間お世話になった添乗員K.M.さんに感謝致します。