大荒れのニセコスキー

今年も3/1から3日間北海道のニセコに妻と恒例のスキーツアーに行った。
原則、毎年2〜3月にニセコにスキーに行くことにして10年になる。理由は簡単だ。97年から4年間北海道の会社に勤務し、ニセコの雪に出会ったためだ。春も秋もニセコに出かける。
ニセコの大きいスキー場は主峰ニセコアンヌプリの山腹を囲むように「ヒラフ」「東山」「アンヌプリ」の3箇所がある。(他に多数有るが)
山頂付近で3つが合わさっていてどこにも下りられるが、私達はニセコ全山を滑り回る実力も気力も無く、人が少ない東山やアンヌプリによく出かける。それぞれ「東山プリンス」「日航アンヌプリ」の大きいホテルが有ったが、両方とも経営が変わり、「ヒルトンニセコヴィレッジ」「ノーザンリゾート」に生まれ変わった。

今年は初めて「ヒルトンニセコヴィレッジ」に2泊3日のツアーを申し込む。プリンスホテル時代は天然温泉を目当てに何回も来ている。どのように変わったか興味津々だ。
外観こそそれほど変わらないが、ロビーは燦然と輝いていたくシャンデリアを始め派手好みの西武色が消え、落ち着いたデザインになっている。

従来はスキー靴を着けて客室に行けなかったが、今はスキー板だけ1Fに預け、靴もウエアも着けたまま出入りでき大変便利になった。

スキー場の天気は2日目だけがまあまあ、初日と3日目は雪が降ったり止んだりだった。
ニセコにはオーストラリアの資本が進出し、オーストラリア人や中国人、韓国人が多く、日本人は1/3位で海外旅行に行ったような感じだ。

3月1日の往きは順調だったが、帰りの飛行機が大幅に遅れ、羽田に0時15分に到着したが家に帰る交通手段がなく空港で夜明かしして翌朝始発のリムジンバスで朝8時前に帰宅した。
夜明かしは100人ぐらい?、若者だけと思ったら同年輩のご夫婦も多数おられて安心した。

3年前も大雪で新千歳空港で乗り込んだ飛行機が滑走路まで行って離陸直前に大雪で運休になり新千歳空港で夜明かしした。今年は羽田までたどり着いたので前回よりまだマシだ。来年も懲りずに出かけるでしょう。

昨年までの北海道スキーは下記の通りほぼ毎年行っている。
リンクを張っているものはクリックしてご覧下さい。
ブログ「プリニウスの部屋」は「以前の記事」の該当年月から探して下さい。
02.3.17 ニセコひらふ
03.3.11 ニセコスキーツアー
04.3.10 函館七飯大沼スキー場
05.2.23 ニセコ東山スキーツアー(ブログ)
06.3.01 2006北海道スキーツアー(ブログ)
07.3.04 ニセコスキーツアー
08.2.25 雪に悩まされたニセコスキー
10.3.19 久しぶりのニセコスキー
往きの飛行機はこんなジャンボ機。ラッキー!
2Fは子供専用席でいろいろな仕掛けがあるらしい。
ダイニングルームからの幻想的な夜景
ダイニングルームにて
ホテルのエントランス
妻も私も10年間同じウェア。
こんなにハデなウェアはあまり見かけないが、もはや周りを気にするトシではない。
中腹のコース表示板と食事どころの看板
「シャッター押しましょうか?」「Yes please!」
3月2日と3日朝のゲレンデ・コンディション
羊蹄山(蝦夷富士1898m)が見えたのは3日間でこの一瞬(10分ぐらい)だけ
パトロール隊のスノーモービル
新千歳空港への帰路 バスの窓から寒そうな風景画広がる。