晴天続きの北海道へ

3.11の津波の被害で閉鎖されていた大洗港が3ヶ月ぶりに復活し、いつも通りフェリーさんふらわーに愛車を積み込み勇躍苫小牧港に向けて出発する。
今回は滞在7日間晴天に恵まれ、最高の旅行が出来た。こんな事は滅多にない。
今回の道内での行程は下記の通り。
6/16(木) 苫小牧港着、HKG社表敬訪問札幌泊
6/17(金) モエレ公園観光→千歳泊
6/18(土) HKG杯ゴルフコンペ(アロハGC) 苫小牧泊
6/19(日) 反省ゴルフ(グレート札幌GC) 苫小牧泊
6/20(月) ニセコへ 薬師温泉泊
6/21(火) 日本海岸周遊→雷電温泉泊
6/23(水) 寿都観光 深夜便で大洗へ出発

←ニセコ ミルク工房からの羊蹄山(1898m)
さんふらわあ」での往復は8年ぐらい前から続いている。
家から大洗港まで約160km。3時間のドライブで北海道に行ける。こんなにいいことはない。苫小牧まで19時間の航海だが、読書や乗客との会話などで退屈したことはない。

6月15日(水)
「さんふらわあ」の運航はは6月5日から復活したが、15日は幸運にも大洗町主催の「おかえりなさい「さんふらわあ」歓迎セレモニー」が開催され、三井商船フェリーの鈴木社長が出席され盛大に行われた。
雨天時は関係者による船内でのセレモニーのみ、とあったが快晴に恵まれた。
大洗フェリーターミナルも破壊されたが見事に復活した。
出航を待つ商船三井フェリー「さんふらわあふらの」約14,000トン。
セレモニーは17:00から18:15の出港時まで行われる。
大洗高校マーチングバンド「Blue Hawk」の演奏。
大洗町長、大洗港振興協会会長など町幹部に挨拶する「ふらの」古崎船長。
3.11大震災の日、13:30大洗着、乗客、車をおろし終え、14:46大地震発生、津波被害を避けるため直ちに沖合へ避難、無傷でふらのを守ったのがこの古崎船長だった。
地震が1時間早く発生していたら、客は下船できなかったはずだ。
ふらのは3ヶ月間苫小牧港に繋留されていた。

余談だが、深夜便はあと5時間で大洗着の予定だったがUターンし13時間かけて苫小牧に戻った。
船上から「Blue Hawk」の演奏を聞く。
三井商船フェリーの鈴木社長(左)が出航前の船に乗船され乗客に挨拶された。
右の女性は旅客営業部のIさんで秘書兼カメラマン、何と1年前ほぼ同じ頃乗船したときに開催された「四方山話」でお会いしている。船長を退役され、航行の安全管理を統括されている稲垣取締役が苫小牧まで乗船されて船舶に関する興味深いお話しを聞いた。その時同行されたのがIさんで再会を喜んだ。
そのときは記念に本田船長のサイン入り海図をいただき家に大切に飾っている。
乗客には色とりどりのテープを渡され、ふ頭に投げる。なかなか遠くに届かない。
出航!超低速で岸壁を離れる。離岸作業関係者が手を振って見送る。
出航後回収したテープのかたまり。

セレモニーの記念品として茨城産米を初めウチワなどの入った袋をいただいた。他に何が入っていたかは忘れた(失礼!)。

6月16日(木)
13:30定刻苫小牧港着。こんなに晴れている苫小牧は珍しい。
18日のHKG杯ゴルフコンペを前にHKG社を表敬訪問。1時間位西村副工場長と歓談、札幌に向かう。常宿「ススキノグリーンホテル3」に4時半頃着。なじみの店で0時過ぎまでススキノの夜を楽しむ。
ススキノグリーンホテル3のシングルルーム。
いつもサイドテーブルに折り鶴が置かれていて心が和む。
「セブンビル」に懇意にしているお店がある。
今日は北海道神宮例大祭の最終日だ。
スナックKにて。ニッカ「竹鶴12年PURE MALT」のマイボトルをキープしている。水割りにするのはもったいないウィスキーなので、ロックでいただく。
札幌商工会議所のお客さんと話しが弾み、0時過ぎまで長居して宿へ。

宿はここから僅か2町。5分はかからない。車は宿の向かいの専用駐車場に入れてある。

6月17日(金)
9時頃出発してイサム・ノグチが設計した広大な「モエレ沼公園」に向かう。宿から30分位。面積は189haあり、2005年に完成した札幌の新名所だ。元はゴミ捨て場だったとはオドロキだ。
ここは一昨年も訪れたが、時間が十分でなくもう1度行きたいと思っていた。今回は昼過ぎまでゆっくり見学する。

午後は千歳に移動する。千歳インターゴルフ練習場で軽く練習し4時頃に千歳の常宿「ビジネスホテルHORIN」にチェックイン。フロントのIさんが笑顔で迎えてくれる。
18時〜の懇親会に出席する。
モエレ沼公園の平面図。周辺がU字型のモエレ沼に囲まれている。
標高62mの人工の山。
頂上に登ると公園全体だけでなく札幌市街地が見渡せる。
ガラスのピラミッド。公園の中心施設。
内部は広大なスペースでエレベーターで5階まで昇れる。
3階に「イサム・ノグチギャラリー」がある。
テトラマウンド
ステンレス柱の組合せによる三角錐(高さ13m)と芝生のマウンドで構成された造形。
ミュージック・シェル。広い園内では小さく見えるが前面が直径15mの舞台でコンサートやダンスなどのパーフォーマンスが繰り広げられる。白いシェル状の建物内部は出演者の控え室、トイレなどが配置されている。
ガラスのピラミッド内部。
千歳の常宿「ビジネスホテルHORIN」のフロントにて。
HORINは漢字で「豊輪」。3階建ての小さなホテルでエレベーターもないが、家族経営でとても落ち着く。
フロントのIさんが、いつもにこやかに迎えてくれる。
4時頃に早く着いて他に客が来なかったので、10分ぐらい世間話をしてキーを受けとった。
千歳市内の海鮮料理「与加呂」にてコンペ前日の懇親会。(前祝い)
この店は最高級の食材を安く提供していただける。94〜97年私がHKG社在任中からお世話になり、多数のお客さんを案内して喜ばれた。
首都圏から参加は私とI元社長の2名。

6月18日(土)
HKG杯コンペ 「第30回HKG杯ゴルフコンペをご覧下さい。
苫小牧在住のIさん宅に泊めていただく。


6月19日(日)
翌日はグレート札幌CCで年輩者4人で「反省ゴルフ」。ここは昨日と違ってプレイしやすい。天気も体調も良くコンペより良いスコアで満足でした。もう1日Iさん(左端の人)宅に泊めていただく。
グレート札幌CCのクラブハウス。
フロントでチェックインしようとして、先ず名前を書いたら「住所が変わってなければお名前だけでOKです」といわれた。
?、と思っていたら、私は2000年6月23日(11年前、HKG杯)にプレーしていてコンピュータに記録が残っていた。こんなの、って気分がいいですね!

グレート札幌CCは1994〜97年HKG社在任中何回もプレーしたお気に入りのコースの一つだ。
フェアウェイが広く、のびのびとプレー出来る。
スタート前。
何番か忘れたが、打ち下ろしの美しいショートホール。

6月20日(月)
ニセコへ出発。Iさん2泊もお世話になりました。苫小牧からR276を快調に走り、支笏湖、美笛峠を越えて道の駅「フォーレスト276」でトイレ休憩。ここは「花畑牧場」専用の施設になっている。
喜茂別の手前で羊蹄山の勇姿が見えてきた。初夏、秋、冬と毎年ここを通るが、こんなにハッキリ見えるのはあまりない。
喜茂別でR230に入り、ルスツリゾートを横目で見て知人が働く店「スパーようていルスツ」で今宵の宿「薬師温泉」で飲むビールとおつまみ、それと氷1kgを買って道道66(パノラマライン)に入る。ニセコ駅に近い道の駅「ニセコビュープラザ」でニセコ周辺の情報を確認、蘭越町の「昆布温泉簡易郵便局」に立ち寄り、貯金をおろしたり、記念切手を買ったりする。
その後、広いニセコ地域周辺を散策して、4時頃常宿の「薬師温泉」に到着。この温泉は1軒宿で温泉そのものが素晴らしい。2種類の深〜い湯船の底から36度の温泉が湧きだしており、ぬるま湯で長時間入れて私の好みに合っている。日帰り入浴のお客さんが多いが泊まり客は私1人、貸切だ。ここの管理人さんとも懇意にしている。
喜茂別手前のパーキングから。
残雪をまとった羊蹄山は可成りうすく見える。左の雪の無い山は冬季スキーに行く時はは真っ白で羊蹄山が二つ並んでいるように見える。私は「ニセ羊蹄」と呼んでいるが「尻別岳」というれっきとした名前を持っている。
ミルク工房から見た羊蹄山 この方向からは雪が少ない。
昆布温泉簡易郵便局」の窓口。
局長の木村博子さんと最近札幌から着任されたFさん。
ここにはもう10年以上必ず立ち寄り、局長さんや局員さんと話が弾む。場合によってはお客さんとも話しが出来て楽しい。広い意味での「ニセコ」のローカルな情報が得られる。
いつもコーヒーやお菓子を出して下さる。
昼食の美味しい店を教えて、と言ったらFさんが写真の「ルピシア」を紹介してくれた。

迂闊にも私は知らなかったが、ルピシアは世界の紅茶緑茶専門店。高級なお茶を全国に販売していて、おしゃれな彼女は「ルピシア」のファンでいつも取り寄せているとのこと。
北海道でたった1軒のレストランがニセコにオープンしたので彼女は大喜び。
料理はパスタをいただいたが美味しかった。食事の後、お茶が出るが、「本日のお茶」のメニューが、「ICEティーブレイク」「抹茶黒豆玄米茶」「巨峰」「ジャルダン・ソバージュ」の4種類。

1人で行く所ではないようだ?。
3月初旬スキーで2泊した「ヒルトンニセコNV」。
夏はゴルフ場のクラブハウスになる。
ヒルトンニセコNVのゴルフ場。美しいシラカバ林の向こうにコースが見える。
夏はこういうコースでゴルフしたいですね。
ニセコの最高峰「ニセコアンヌプリ」(1320m)。
五色温泉から。
ここから2時間ぐらいで登れる。
薬師温泉の朝。私の車だけ。
到着時、寝る前、早朝、と最低3回は入る。
濁り湯は混浴。透明の湯は男女別になっている。
館内の設備は必ずしも良くないが、温泉博士、札幌国際大学の松田先生が絶賛されている。
先生は「ORP」(Oxidation Reduction Potential)の理論を展開されていて、R(還元)状態で直接体に触れられるのが良い温泉という。
薬師温泉の野趣にあふれる露天風呂。ここは営業していないが、(タダで)入浴可能。但し温泉成分に群がるブヨが多く、今まで1人だけ入っている人を見かけた。晩秋から春にはムシもいなくていいだろう。
内湯より成分の濃度が高いという。湧出量も多く大量にあふれて川に流れている。

この付近には巨大なフキ(蝦夷蕗)が多く管理人さんにことわって20本ぐらい持ち帰った。(6月には毎年ここの蕗をもらっていく。)

6月21日(火)
朝5時に起きて温泉へ。チェックアウト後フキを採り、9時半頃薬師温泉発。
今日は日本海岸を散策する予定。

先ず、岩内に下りて、道の駅で今晩の宿、雷電温泉を予約しよう。八一(やいち)ホテルの予約が取れる。お一人様2食付き6900円ナリ。ちなみに2人だと6400円/1人。安い。

先ず海岸を北上して神恵内の龍神岬を見て南下、泊原発のある泊村へ。もちろん原発には警戒が厳しく立ち入れない。原発のPR施設「とまりん館」を見学。3.11福島原発事故後見学者は増えているという。
「計って見よう!あなたの放射能」という機械があって、所定の位置に立ち、生年月日、体重など指示に従い入力すると5500ベクレルとプリントアウトされた。これは平均的な値と印刷されている。

R229を岩内に戻り、更に南下し「雷電トンネル」を通過すると雷電温泉だ。時間が早いのでちょっと先の道の駅シェルプラザ「貝の館」を見学する。美しい貝細工が並んでいて買う事が出来る。
時間をつぶして4時前に「雷電温泉ホテル八一」にチェックインする。
とまりん館外観。原発の説明だけではなく、地元の人が楽しめるよう温水プールやギャラリーでのイベントなどいろいろ。
私が興味を持ったのは、「地域展示」というコーナーで、泊村周辺で発掘された埋蔵文化財。石器時代から現代までの埋蔵物が多数展示されている。
遥か彼方に泊原発の3基の原子炉建家が見える。
雷電付近の海岸。潮だまりには貝やカニなどが・・・。
1人旅なのに「横浜市三宅様ご一行様」との看板が。
千歳からご夫婦で来られていて話しが弾む。
ホテルから見える「弁慶の刀掛岩」。
雷電温泉「八一」
温泉が売り物だけあっていい温泉だ。ただ、ちょっと熱めで長く入ってられない。何回も入る。
雷電温泉のサンセット。もう少し雲が晴れると丸い太陽が見られたのだが・・・。

6月22日(水)
今日は北海道最終日。9時半頃雷電温泉を出発し小雨模様のR229を南下し初めての寿都(すっつ)に向かう。
寿都はシラス漁で活況を呈している。ニシン漁などいろいろな歴史が有り大変興味をもっている。
昨年「昆布温泉簡易郵便局」(6月20日参照)に行ったとき「寿都のシラス佃煮」をいただいた。これが美味しかったので次回はぜひ寿都に行こうと決めていた。

寿都漁港。
道の駅「みなとま〜れ寿都
「皆止まれ」「港MARE」、と複数の意味を持っている。MARE(マーレ)はラテン語やイタリア語で海のこと。
道の駅の中にある売店で、シラスの佃煮を3種類買う。7つの会社が味を競って店に出している。

昔ニシンを茹でた大釜(1.3mφ)の前でスタッフの皆さんと記念撮影。皆さん、実に親切に寿都の歴史などを説明して下さった。

秋にはまた行きますよ!
総合文化センター「ウィズコム」 内部に展示室があり、寿都の歴史など興味深い展示品や映像が見られる。
寿都は北海道としては気候温暖で原始時代から多数の人が住んでいて、近世には産業が発達し鉄道も敷設され活況を呈してた。
黒松内駅
6月23日(木)01:45苫小牧港発深夜便さんふらわあ「だいせつ」で一路大洗へ。
19:45定刻大洗港着、22:00頃無事帰宅した。

6月の北海道の旅は終わった。
6月と10月の北海道旅行は大体今回と同じようなパターンです。

年2回、フェリーで北海道に行くが、あまり旅行記をアップしていない。
いつも概ね今回と同じような旅をしている。項目だけは「私の旅行記」に掲載している。(2011.8.20)



4〜5年前の廃業まで常宿にしていた「チセハウス」。
ニセコで最も古い歴史を持つロッジだったので残念だ。「ニセコ物語」「ニセコ物語PART2」「ニセコ物語PART3」・・・をご覧いただければどんな歴史があったか、がお分かりいただけるだろう。