'11青学会白河高原ゴルフ

毎年1回7月初旬に開催する「贅沢な」ゴルフコンペ。今年も8名が参加した。
白河高原カントリークラブは青学四谷会の会長で都内でクリニックを開業する耳鼻科医寺田君が40年以上「名誉会員」として懇意にしているお気に入りの倶楽部だ。彼は医者仲間で年に何回も通う。
毎年梅雨のまっただ中の開催だが地球温暖化による異常気象のお陰(?)で梅雨だからといって雨に降られたことは殆どない。
以前は白河高原の他軽井沢や那須などでも開催したが、2007年から2泊2ラウンドを白河高原カントリークラブで行うことになった。宿泊はロッジですべてシングル部屋。
また、甲子温泉から天然温泉が引かれている。

メンバーは横浜組、東京北組、三越組の3グループに分かれ、車で現地に集合する。
6月30日(木)
夕方5時頃までに現地に集合、チェックイン。6時からの夕食を前に24時間オープンの温泉に入る。
夕食は選べるが、今回はフランス料理のフルコース。先ず温泉上がりに生ビール。後は、赤ワイン、焼酎、日本酒など好みの酒をいただき料理に舌鼓を打つ。
宴たけなわで食堂を後にし、ロッジのサロンでしばし歓談して各自の部屋に引き上げる。

7月1日(金)
コンペ1日目は非公式コンペ。天気はまずまずで8名でプレイした。Yo君は所用で帰宅する。

7月2日(土)
今日も天気は良好。7人で公式コンペ。スコアは公表しないが、昨年から異次元とも云える「スーパーゴルファー」Ma君が加入したため当コンペは様変わりしている。

コンペ終了後は白河IC近くの「肉の万世」で表彰式兼ねた打ち上げ会。ドライバー3名(私も)以外は大いに飲み、楽しい会はお開きに。
初日の夕食風景。木曜のため広い食堂は殆ど貸切状態だ。
涼しくて絶好のゴルフ日和。
ゴルフ場入口。
奥に合掌造りのクラブハウスが見える。
ゴルフ初日。スタート前記念撮影。
昨年から異次元のゴルファー松野君が仲間に加わった。超ロングヒッターでハーフ40を着る実力は
1組のホールアウト。キャディーさんと記念撮影。
ここのキャディーさんは全員優秀で、パターは云うとおりに打てば必ず入る。云う通りに打てないのが問題だ。
アウトの5番谷越えの名物ショートホールでバーディを取ると金杯が貰える。
山田君が達成した。