冬の北陸グルメツアー

 

クラブツーリズムの「旬の美食越前ガニ・ズワイガニ食べ比べと氷見の天然寒ブリ充実の金沢・絶景の能登東尋坊と永平寺北陸めぐり」という長い名前のツアーに妻と参加した。
動機は天然寒ブリの腹身の刺身を食べたいというものだったが素晴らしい旅になった。
北陸という豊かな土地をまのあたりにし、寒い土地が好きな私たちは住みたいと思った。

2月24日(日)〜26日(火)2泊3日の旅だ。
東京駅で添乗員Oさんに迎えられる。御一行様37名。東京駅から長野新幹線で上田下車。上田駅に待機する現地ガイドFさんを乗せたバスで雪深い長野道を走り、上越JCTから北陸道に入る。3日間の行程で北陸道を何回も往復する。

1日目
 
上田駅到着。雪は意外に少ない。
上田駅前から長野観光のバスが待っている。ガイドさんと運転手さんがこれから3日間私たちに付き合って下さる。
長野道を北上、。妙高高原付近は大雪で視界が悪い。
間一髪で通過できたが北陸道のパーキングで聞いたら除雪のため通行止めになったという。
名立谷浜SAでトイレ休憩。
平日で天気もさえないので駐車場はガラガラ。
金沢市近江町市場。市民の台所で観光客も多い。
東茶屋街にて。木造の古い建物が落ち着いた風情を漂わせる。
ご存知兼六園の雪吊り。
実物を見て感激!
霞ヶ池の「ことじ灯篭」にて。
兼六園に隣接する「箔座」。壁全体が金箔で覆われ、技術の高さに感銘。
   呉羽山温泉「富山観光ホテル」泊。
氷見産天然寒ブリ尽くし会席料理。
ブリの刺身と特大のブリ大根(ふたを取り忘れてしまった)は圧巻。
2日目
 
添乗員OさんとガイドFさん。
  輪島朝市。ここ駅長さんの店から朝市へ。
「ホテル高州園朝市店」とあるが、高州園は輪島の名門旅館。2005年冬、43年ぶりに輪島に泊まったのは 高州園だった。
  朝市の風景。 
   輪島塗の工房「しおやす」にて。
   残雪の「白米千枚田」全景。日本一おいしいコシヒカリが採れるという。
巌門、能登金剛。海はそれほど荒れていない。(ガッカリ)
巌門の風景。
東尋坊温泉「三国観光ホテル」の夕食の目玉は越前ガニ。これで2人分。手前の大きいカニは黄色の「タグ」付きで越前ガニを名乗れる。市場では1万円以上する。小さいカニはただの「ズワイガニ」。
ホテルの向かいはお寺「龍泉院」とのこと。
  ホテルから「成田山」千葉県成田山の分院という。 
 
3日目
もう3日目の朝になった。今日は予報に反して快晴!
三国観光ホテル玄関にて。
   東尋坊へ。このお店「正太楼」から出発。ここで福井の名品、鯖の発酵食品「へしこ」を買う。
食べたことがなかったが帰宅後いただくと最高の味、病み付きになりそう。
東尋坊。61年前初めて来たときはすごい断崖と思ったが意外に小さく感じる。
   東尋坊タワー。昔はこんなのなかった。ここからの眺めは素晴らしいだろう。
雪の永平寺。曹洞宗(禅寺)の総元締め。
現在の当主、福山諦法猊下の額。
建物内は階段や坂が多く、拝観は疲れる。
永平寺正面にて。
永平寺の小坊主さんたちの人形か?
永平寺門前通り。「ほっきょ荘」は指定の休憩所。
昼食をいただく。
車窓から快晴の立山連峰遠景。
   同上。
   同上。
   同上。
  妙高高原PAから妙高山(左)。 
同上。まだ3mの雪が残る。
  松代SAから信州ダイワロイヤルホテル。
春から秋にかけ義姉の招待で何回も泊まって豪華夕食をごちそうになっている。 
   最後のパーキング松代PA。真田家の紋章がついている。
無事上田駅に到着。帰宅の途に。運転手さんによると3日間の走行距離1200km!。特に2日目は北陸道を何回も往復し、480km走行。大型車の走行が困難な狭い道やアイスバーンや圧雪の道を安全に走行していただきありがとうございました。お疲れ様でした。
 3日間の北陸の旅は楽しく終わった。豊かな北陸地方のどこかに住みたいと思ったのは私だけだろうか。
クラブツーリズムのO添乗員さん、長野観光のFガイドさん、運転手さんありがとう!