青山学院高等部3-32クラス会

私達は1955年卒業のHR−32、田中 登喜先生のクラスです。
20年位前から毎年クラス会を開催していて、いつも先生をはじめ20人以上の参加があります。1泊して伊豆や箱根で開催したことも何度か・・・。
今年は、猛暑の7月、先生と21名の(元)生徒が出席しました。

日時: 2001年7月17日(火) PM6時〜9時
場所: 晋風楼(中国山西料理)  青山1丁目
幹事: 阿部 義夫君;齋藤 光世さん

ページ作成 :三宅 康之

出席者(近況報告順)

田中 登喜先生

津上 孟士君 梅原(古田) 弘子さん 小原(平田) 佳子さん 鈴木(三田村) 邦子さん
原 京子さん 武藤(児新) 明子さん 佐野 雅俊君 山蔦 祐司君
川島 瑞枝さん 布川(山口) せつ子さん  原田 孟君 三宅 康之君
下(小岩井) 美也子さん 白橋 悦子さん 星野 圭司君 田中(黒田) 美智子さん
湊(青木) 美智子さん 松前(中村) 早苗さん 森竹 一雄君
幹事の二人  ⇒
阿部 義夫君 齋藤 光世さん

今回は、2年ぶりの3期会が10月に開催されることもあって、梅雨明けの暑さ厳しい7月に開催された。
会場は、母校に近い青山1丁目の「晋風楼」。チョット高いけど、さすがにグルメ通の幹事だけあって中国山西料理が堪能できた。
今年の主役は、46年ぶりに現れた津上 孟士君。去年は下さんと三宅が幹事をしたが、出欠連絡のE−maiに「今年は忙しく、出席できないが、・・・」と書いてあったので、今回出席の予感はあった。そのとおりになってうれしい。先生始めみんなで大歓迎だ。
先ず乾杯。山西料理をいただきながら、順番に近況報告に立つ。私は、デジカメでの撮影に余念がない。
先生は84歳になられるが、大変お元気で、中国語の教室に通われている。教室では、山本(湯浅) 静子さんのご主人と一緒に勉強されているという。ちなみに、静子さんのご主人は私の会社時代の元上司で、OB会などで会うと、三宅君、先生元気だねー、とおっしゃる。
欠席者の近況をまとめた紙が回され、色々の事情で出席できなかったクラスメートを懐かしむ。
やがてみんな、自席を離れてそれぞれグループがあちこちに出来、話しに花が咲いている。

約3時間、楽しいおしゃべりが続いた。
先生がバッグをみんなに見せておられますが、これは、数年前に私達がプレゼントしたもの。
大切に使っていただいているご様子に皆から拍手が・・・。

楽しい宴もお開きの時間になった。齋藤さんからE−mailアドレス入りの名簿が配られる。まだ、9名、と少ない。これからもっとオンライン生活の楽しみをPRしてメル友を増やさねば・・・。
来年の幹事は原 京子さんと和田 重則君にお願いして(和田君、欠席裁判でゴメンナサイ!)お開きになった。

先生と一緒に恒例の記念撮影を、と思ったら、
もう先生はお帰りになったという。
シマッタ!と思ったが、もう間に合わない。
阿部君がお見送りに行ったようだ。
やむを得ず、生徒20人でカメラに収まった。