ようこそ!ヨーロッパ古代・中世文化史の部屋

私のヨーロッパ古代・中世史について

 小学生の時に、大日本帝国が壊滅し、欧米の文化の素晴らしさが強く私を引きつけました。その頃、アメリカへのあこがれが強く、日本の都道府県名よりもアメリカの48州(当時)の名前の方を良く知っていた位でした。

 また、私は、漢字に弱く、日本や中国の文章が読みにくく、関心が薄れてしまいました。西洋の事物については、カタカナですので、小学生でもわけなく読めました。(昔は、小学校で最初に習うのがカタカナです)

 更に、私はキリスト教の幼稚園、プロテスタントの高校卒で、これも影響していると思います。父の学校もプロテスタントで、私が小学生の頃から家でクリスマスを祝っていました。

 そんなきっかけから、興味は光り輝くアメリカへ、そしてアメリカを生んだ偉大なヨーロッパに向かっていきました。

 幸いにも、仕事の関係で1966年に英国に、1968年にフランスに、それぞれ約2ヶ月滞在し、益々ヨーロッパに関心が強くなりました。

 古代・中世史といっても興味の範囲は広く、古代・中世文学、古代ラテン語・ギリシャ語、ローマ法等法律関係、キリスト教、妖精学など、いはば、<古代・中世文化>と言った方が当たっているようです。

歴史

 当初、暗黒の中世に興味を持ち、中を覗いてみたら暗黒とは全然違い、大変面白い時代でした。騎士道華やかなりし時代、大学の創設、壮大な中世文学作品の数々等輝かしい時代に思えます。

 そのうちに、中世を生んだ元の時代であるローマやギリシャ、さらには、古代オリエントに興味が広がります。

 私のハンドル名プリニウスは、最も尊敬する人で、1世紀のローマ帝国が最大に発展した時代の政治家で、現在のコモ湖の近く、コムムの生まれ。当時もローマの平和(Pax Romana)のもと、今と同じように世の中が頽廃していたましたが、プリニウスは正義の人で、常に世の中のためになることを実行し、皇帝にまでアドバイスする事もました。

 趣味も広く、文学作品も玄人肌でした。実は、プリニウスは二人いて、叔父(大プリニウス)と甥(小プリニウス)で、前者は<博物誌(Naturalis Historia>で有名。私のハンドルは後者です。プリニウス書簡集(講談社学術文庫)参照。本屋で、前書きを立ち読みすれば、大体の人物像が判ります。

 歴史を通じていえることは、何千年間人間の本質は何も変わっていない、と言うことです。ですから歴史は繰り返し、歴史に学べば物事の予測が出来、そこが面白いところです。

古代・中世文学

 古代・中世文学はおおらかで、ロマンにあふれ、読む者を魅了します。次のような作品に特に感銘を受けました。

アエネーイス       ウエルギリウス・泉井久之助訳   

   ローマ建国の伝説を歌った大英雄詩。ローマ初代皇帝アウグスツスの命により作られた。伝説上のローマの起源はBC753年ロムルスによるとされているが、更に、300年遡るトロイの英雄、アエネアースに始まる、と言う壮大なもの。訳者、泉井博士の見事な韻文は平家物語のように快く胸に響く。 

ベオウルフ        大場 啓蔵訳

 制作時期は8世紀半から10世紀末、と諸説があるが、イングランド最古の英雄詩。英雄ベオウルフ王は数々の悪魔と戦い、最後は恐ろしい火龍と戦ってベオウルフも火龍も死ぬ。

ニーベルンゲンの歌  相良 守峯訳

 12世紀末〜13世紀初に書かれたと言われるドイツの大叙事詩。専門家は、ドイツの「イーリアス」と絶賛する。夫ジーフリトを殺されたクリエムヒルト妃のものすごい復讐の物語で、強烈な迫力に圧倒される。ラテンとはちがった、ゲルマン的な香りが漂う。

ローランの歌      佐藤 輝夫訳

 8世紀のシャルル・マーニュの時代の物語で、12世紀に書かれた。スペインのサラゴッサのイスラム軍との戦いが舞台。謀反のガヌロンが四つ裂きの刑で果てる最後が圧巻。

公爵夫人の書      チョーサー・原田 東雄訳

 チョーサー得意の手法。世にも美しいランカスター公爵夫人ブランチがペストで世を去る悲劇の物語。夢の中で、古代の神々や、古い時代の人物が出てきて、混沌とした中で、物語が展開する。夢の解釈が色々あり、奥深い。14世紀。

デカメロン         ボッカッチョ・柏熊 達生訳

 とにかく面白い。1日10話×10日(デカメロン)=100話のいわゆる額縁小説。人間とは何か。男とは。女とは。聖職者とは何か。人間の本質がえぐり出されている。7割がエッチな物語で、抱腹絶倒するのもある。女子修道院長がこんなにヒドイ事をするとは、当時の上位聖職者は、本当は神様なんていないと信じていたらしい。

マビノギオン        シャーロット・ゲスト・北村 太郎訳

 ウェールズの昔話。アイルランド、スコットランドに次ぐケルトの拠点ウェールズに伝わる、6世紀頃からの古潭を集めたもので、素朴で力強い物語。

ギルガメシュ叙事詩   矢島 文夫訳

 紀元前3500に遡る世界最古のシュメールの神話。原語は、粘土書板に楔形文字で書かれていた。こんなに古いと色々の時代に色々な写本が無数にあり、神話の内容よりも、写本の研究に興味が行く。よく、日本語訳が出来たものだと。矢島先生のご努力に敬服してしまう。洪水の話など、聖書にも出てくる物語の源泉が、ここにはある。

 

ラテン語ギリシャ語    

ラテン語はローマの言語。文法が大変に複雑で難解だが、重厚な言葉です。私は初級以下ですが、魅力を感じていて、もう少し上達したいと思っています。シーザーのガリア戦記(De Bello Gallico)位読めれば・・・と始めましたが、とても・・・。ローマ時代は、ラテン修辞学によりリファインされた偉大な人々の名演説が多数残されている。このようなものを是非、原語で読めるようになりたい。

多少でもラテン語を知っているとヨーロッパに行くと尊敬されますよ!また、碑文なども読めるし。

 ギリシャ語は未着手。アルファベットといくつかの単語を知っている程度。二人の友人から勉強に誘われ、テキストももらっている。しかし、ラテン語もろくに出来ないのに・・・と言うことで進まない。

 

妖精学      

妖精、なんとロマンチックな言葉でしょう。英国のコーンウォール地方の本を読んでいると、妖精は見る事が出来るそうです。

妖精を知るなら、福島県金山町の妖精美術館ヘ!妖精学の権威である明星大学教授、井村 君江先生(私は大ファンです)が建てられたものです。

井村先生の<コーンウォール>と言う本から妖精に関心を持つようになりました。