古代遺跡

私の家の近くには、古代の遺跡がたくさんあります。
縄文、弥生、古墳各時代の遺跡です。もっと新しい奈良、平安時代
のものもありますが、古代人は、鶴見川や支流の恩田川沿いの土地
がお気に入りのようでした。
遺跡の中には立派に復元されたものや、どこにあるか素人にはわか
らないようなのもあります。
これから少しずつ訪ねていきたいと思っています。

大塚歳勝土遺跡 01年01月24日
稲荷前遺跡、市が尾横穴群   01年02月06日

日本の先史時代から歴史時代の初期までの大体の年代は
次の表の通りで、
特に縄文時代は1万年も続き、青森の三内丸山遺跡は同一の場所に
1500年間も集落(ムラ)が存続しました。これらの数字は、
他の国の歴史に比べて驚異的な長さです。しかも研究が進むにつれて、
高い文化レベルであったことがはっきりしてきました。
我が国も古い時代には先進国であったかも・・・。

大系 日本の歴史1「日本人の誕生」より。

岩宿時代

1期
2期
3期
縄文時代 草創期
早期
前期
中期
後期
晩期
弥生時代 先1期
1期
2期
3期
4期
5期
古墳時代

30000年前

13000年前

12000年前

10000年前

6000年前

5000年前

4000年前

3000年前

2300年前

2000年前

1700年前

1400年前

岩宿とは、群馬県にある旧石器時代の
岩宿遺跡から。マンモスも発掘されている。
この時代には確実に人が住んでいた。
ねつ造ではない!!

縄文時代は、中国などの新石器時代に当たる。

三内丸山遺跡(5500年前〜4000年前)