35Mo研軽井沢ゴルフ

工大自動車部のシンボル  1935年型フォード号。今も走行可能。

我々8名は、誇り高き東京工大自動車部(Mo研・・・モーター研究会)昭和35年卒業の同級生。去年夏から定期的にゴルフコンペを行っている。今回は軽井沢で2日間のコンペを開催し、親睦を深めた。(三宅)

参加者
   斎藤 丈雄(化工)   鈴木 教夫(化工)
   寺本 直樹(機械)   宮川 正威(機械)
   谷中 雅雄(物理)   矢野 幸三(金属)
    米本  孝 (機械)   三宅 康之(化工) 

今回は、鈴木教夫君の別荘に泊まり、彼のメンバーコース「軽井沢900倶楽部」で2日間コンペを開催した。食事はすべて自炊する事に。
6月10日(日)昼過ぎ、横浜に住む我々6名は3名ずつに分かれて軽井沢に向かう。
宮川車に寺本、斎藤。米本車に矢野、三宅。日曜午後出発のため、道路はすいていて快調そのもの。ただ軽井沢に近づくと、猛烈な雷雨におそわれる。悪い予感がしたが、別荘に着く頃には、殆ど雨がやんでいる。ラッキー!
先発グループの寺本たちは、我々より1時間早く出発。食事の材料を仕入れる任務(?)を帯びている。
別荘に着くと、先発隊はすでに着いていた。日立に住む谷中君も1人で駆けつける。
今日は雨上がりなので、庭でのバーベキューは明日に延期、屋内で食事をすることに。
食事作りが趣味、という寺本君がいそいそとキッチンへ。何人かが彼を手伝う。
私はもっとも苦手な分野なので、遠くから眺めている。
やがて、夕食ができあがり、みんなで乾杯!。見事な料理だ。
食材や食器(キャンプ用の紙器)は、すべてスーパー「つるや」で調達。さすが軽井沢の別荘族が顧客とあって高級品が豊富だ。
学生時代に戻り、愉快なテーブルの後は、カラオケ、マージャン、と深夜までにぎやかだ。

千が滝に近い1等地の別荘オーナー、鈴木 教夫君。300坪の広大な敷地に壮大な館。8人が泊まってもスペース充分。
夕食の準備。白髪の寺本君が料理長。助手たちに指図して猛ハッスル。材料の調達も彼の見立てによる。
HP作者、三宅。写真を撮る方なので、あまり登場しない。そこでこの際存在をアピールしておかないと。
夕食の準備完了。海老フライ、鶏の唐揚げ、野菜炒めに促成漬け物。プロ級の腕前だ。
高原の気候には、ビール、ワインが最高!
山小屋風の雰囲気が良く出ている。
食後は娯楽室でカラオケ。レーザーディスク式
600曲以上がそろっている。
歌うは宮川君。
別荘には、高級コニャックやウイスキーがそろっていて飲み放題。飲み助ばかりで、ボトルがすぐ空に。
斎藤、米本、寺本。
カラオケは深夜まで続いた・・・。
米本、寺本両君のデュエット?。

6月11日(月)いよいよゴルフ1日目。自炊で作った朝食を終えて出発。素晴らしい天気だ。軽井沢900倶楽部まで20分。名門コースだけに素晴らしい。
ここのグリーンは傾斜が強く、芝目もきつく、ものすごく早い。私がもっとも苦手とするタイプだ。でもしようがない。
スコアはともかく、初夏の高原の風がさわやかだ。
月曜日とあって、ゴルフ場はがらがらだ。こんなにゆとりのあるゴルフは久しぶり。
終わってから今晩のバーベキュー用の材料や炭を買いに「つるや」に行く。
一休みのあと、いよいよバーベキューの用意。晴天下、屋外での食事は格別だ。
宴が進むうちに日が暮れる。みんな充分満足して部屋に引き上げる。

別荘の玄関。緑に囲まれた素晴らしい環境。
鈴木君は冬にもスキーに来るという。
庭に設けられたバーベキューの炉。
炉のIGNITION(点火)をする谷中君。
乾杯!
バーベキュー風景。
夜が更けてきた。
マージャンに興ずるのは寺本、矢野、斎藤、米本、の諸君。

6月12日(火)も快晴。2日間お世話になった別荘を片づけ、荷物を全部車に積み込んでゴルフ場へ出発。メンバーの組み合わせを変えてティーオフ。
今日もグリーンにてこずった。しかし、こんなに贅沢なプレイを2日間出来たことに感謝。
優勝は斎藤君。おめでとうございます。私ですか?最下位ですよ!なにしろスクラッチですから。スコア?それは、斎藤君に聞いて下さい。彼がエクセルで管理していますので。
・・・・かくて軽井沢のゴルフツアーは終わった。

クラブハウスにて。お疲れさま。