ニセコ物語

憧れの北海道、6月に引き続きまたやってきました。
今回は紅葉には少し早いのですが、  その先がけでも見られれば・・・と懐かしのニセコは湯本温泉郷に出かけます。

10月3日、9時15分定刻通りに新千歳空港着。残念ながら、千歳は雨。隅々まで知り尽くした空港だ。懐かしい。
早速、三菱レンタカー(三菱は30%のJAF会員割引がある)の窓口に行き、2日間車を借りる。先ず、前に4年間勤務していた千歳市内の会社に挨拶に行き、6日のゴルフコンペについてなどおしゃべりして、市内のなじみの店「万留川」で昼食。
 さあ雨の中をニセコに向けて出発。目的地の湯本温泉まで130キロ。ゆっくり行っても2時間半も見れば十分だ。車は快調に走る。

 目的の宿は「ロッヂ チセハウス」。去年、10月17,18日と2泊の予定が、16日に突然大雪が降り、一部道路が閉鎖され、チセハウスまで到達できず、1泊だけになった。今日は早く着いて、ゆっくり露天風呂に入ろう。どうせ他に泊まり客はいないのだ。
 付近に町営国民宿舎「雪秩父」がある。前からなぜ「雪秩父」なのか、疑問に思っていたが、実は、昭和3年3月初旬に、スポーツ好きの秩父宮殿下が豪雪地ニセコにスキーに来られたことに由来する。殿下はこの地でスキー普及に尽力された。現在、スキーのメッカ、ニセコのスキー場開発の原点である。
 
 さて、今日の宿、チセハウス。近くにもっとも古い「チセヌプリスキー場」がある。殿下が来られた後、大不況や戦争のため、スキーどころではなかったが、昭和26年に、ニセコで最初に建てられたロッジがこの「チセハウス」だ。
 現在、79歳の織笠敬子さんというおばあちゃんが実質1人で切り盛りしている。ご主人は12年前に亡くなられ、40代の息子さんの昇さんが経営者で、朝晩と週末はロッジの手伝いをされているが、昼間は別の仕事をされている。つまり、おばあちゃん1人だ。
 
 昇さんは、大変なアイデアマンで、ロッジ建設当時から、露天風呂というものはどこにも存在しなかったが、彼がはじめてチセハウスに露天風呂を作った。これが大評判になり、ニセコの他の旅館などから見学に来て、それぞれ特徴のある露天風呂を作るようになった。上述の「雪秩父」はチセハウスの建設後10年位後に出来たらしいが、ここからも見学に来て、今では、立派な数多くの露天風呂が出来て、大繁盛である。
 また、昇さんは音楽好きで、週末になると、ロッジの食堂でバンド演奏が夜遅くまで行われ、多数の若者が集まり、全9室の小さなロッジはたちまち満室となる。だから食堂には、カラフルな照明やミラーボール、ドラムなどの楽器が並んでいる。このようなアイデアで、ロッジをうまく経営しているのだ。

 10月3日、今日は火曜日!やはり他に客は誰もいない。貸切だ。去年泊まった同じ部屋を用意してくれる。
早速、露天風呂に入り、都会生活のストレスを解消しよう。
 ここ、湯本温泉の泉源は90m×50mの熱湯が沸く「大湯沼」だ。硫黄の微粒子が浮遊し、硫化水素のにおいの強い蒸気が上がっている。この熱泉から引いた湯が絶えず浴槽をあふれさせている。
 このニセコ最古の露天風呂は底に10cm位硫黄の微粒子を含んだ泥が貯まっていて浴槽に浸かると一風変わった感触で、他に例を見ない。もちろん混浴で、そういえば去年来たときは札幌から、若いカップルが入ってきて少しあわてた。女性のシルバーの指輪が、硫黄で真っ黒になったとこぼしていたっけ。
 雨はまだ降っている。今日は地元も人が1人で入っていた。ニセコの、この頃の景気の話しなどを聞いた。頭が雨で冷やされて、気持ちが良い。2月の阿寒湖に泊まったときは、外は−15度で雪が降っていたが、雪中の露天風呂ももっと頭が冷えて快適だった。

 夕食の時間になる。料理はありふれた家庭料理で、カニやウニなんて全然ない。これで十分だ。温泉に入りに来たのだから。おばあちゃんがTVを見ながら、色々と話をしてくれる。亡きご主人の話や、筑波に住んでいる長女の話など・・・。筑波の4階建てのマンションに行くと、こんな狭いところは、人が住む場所じゃない、とすぐニセコに帰ってくるとのこと。
 夕食も終わり、後は何回も露天風呂へ。硫黄のにおいが肌に染みついている。

ニセコの表玄関
JR函館本線 ニセコ駅


どういう訳か、まきバス 「まき太郎」が展示されている。このバスは、昭和18年頃走っていたものを復製したもので、実際にまきを投入し、ガスを発生させている。30キロで走れるという。
近くに有島武郎記念館がある。




ロッヂ チセハウス

正面の広い空き地に車は1台もいない
日帰り入浴もOK。
私のお気に入りの宿。





ロッヂ チセハウスの織笠敬子おばあちゃん

いつ来ても元気で歓迎してほしい。





チセハウスの食堂

楽器、照明、ミラーボールなどがあり、週末やスキーシーズンは夜中までにぎやかなコンサートが。


熱湯の大湯沼

国民宿舎「雪秩父」のすぐ裏にあり、湯本温泉の泉源だ。
風下に行くと硫黄のガスで息が詰まりそう。

 十分休養出来たので、朝5時に目が覚める。また露天風呂へ。昨日と違って、雨は上がり曇っているが青空ものぞいている。今日は紅葉をみれるかも知れない。のどが渇いて、水を飲む。ニセコ一帯のわき水は素晴らしい。ペットボトルに入れて持っていくことにする。
 8時に朝食を頼んでいたので、それまでまわりを散歩する。ナナカマドの葉が紅葉し、真っ赤な実がたわわに実っている。ナナカマドは北海道の道花だ。(今晩は札幌ススキノの小さな和食処「ななかまど」でおいしいものを食べよう。)もう1週間遅ければ、全山見事な紅葉が見られるだろうけど、贅沢を言ったらきりがない。。

 ロッジに帰ると、朝食の用意が出来ている。漬物が美味しい。
 またおばあちゃんの話が始まる。今日は神仙沼に行こうと思うけど・・・というと、昔は歩いて何時間もかけて行きましたよ。ずいぶん奥の方でしたから・・・。天気が良いといいですけど。
 今日は五色温泉イワオヌプリ神仙沼に行ってみよう。
 イワオヌプリは山麓の紅葉が有名。去年は最高であったが、やはりチョット早い。それでも部分的に鮮やかな色合いを見せている。少し登ると、ニセコの最高峰アンヌプリの山頂が見える。「このあたりは、クマの散歩道」、とある。他に人がいないので、ヤバイと思ったが麓を1時間ばかり歩いて、五色温泉を後にする。
 
 次は神仙沼へ。ここは昔は秘境であったが、今は大駐車場が出来ていて、天気の良い週末は車があふれるほど有名になっている。だが、今日も平日で、人は少ない。
 何回来ても良いところだ。木道を歩いて、沼へ行く。
 神仙沼は静まりかえっていた。鏡のような水面が紅葉した木々を映して夢のように美しい。何時間でも眺めていたい気持ちになる。
 名残を惜しんで、駐車場に戻る。ビジターセンターで熱いコーヒーを飲んで、出発だ。

 帰りは蝦夷富士とよばれる羊蹄山を見て行こう。国道5号を北上すると、頭に雲をかぶった羊蹄山がよく見える。倶知安で昼食休憩し、後は新千歳空港へ。

 
 



湯本温泉のナナカマド



真っ赤な実が鮮やかだ。

冬になって、雪の中の赤い実を付けた姿はなかなか風情がある。



五色温泉の紅葉




五色温泉からイワオヌプリに登る斜面。
紅葉はまだまばらだ。




ニセコの最高峰 アンヌプリ




「ヌプリ」とはアイヌ語で山のこと。アンヌプリは1309m。

冬、ベテランスキーヤーは、リフトで山の肩まで上がり、更にスキーを担いで、頂上へ。そこから、誰も滑らないバージンスノーを豪快なシュプールを描いて滑降する。



秘境、神仙沼入口



ダケカンバの幹が美しい。
木道が沼まで続く。



神仙沼 1



鏡のような湖面に木々が映っている。


神仙沼 2



水面に水草が茂り、神秘的な風景。

新千歳空港の三菱レンタカーの窓口へ。数百円分距離が超過している。精算して追加料金を払おうとしたら、「何回もご利用いただいていますのでサービスです。」とのこと。うれしい。 
 ニセコの旅も楽しい想い出を残して無事終わった。これから今日の宿泊地札幌へ。