ニセコ物語PART2
2000年10月の「ニセコ物語」から1年8ヶ月、チセハウスの織笠敬子おばあちゃんに会いたくなり、新緑のニセコ地方に旅行した。題して「ニセコ物語PART2」。
ニセコ地方といっても細かく分けると、ニセコ、倶知安、蘭越、共和、などの町があり、地元の人たちは「ニセコ?、ここは蘭越」などとプライドを込めて話すが、私はニセコ地方全体を「ニセコ」と呼ぶ。
今回は、高校時代の同級生、Y君が「私も同行したい」と言っていたので、2人で出かけることになった。
彼も、昔札幌に5年間住んでいて、北海道が大好きだ。

6月11日(火)7:30羽田発JAL503便。9:00新千歳空港着。いつも利用する三菱レンタカーの窓口に直行する。三菱はJAF会員割引30%だ。小型の「ミラージュ・ディンゴ」を2日間予約する。

三菱レンタカーのカウンターのお嬢さんと話しているうちに、私が前に利用したことを思い出してくれた。とてもうれしい。千歳のことなど,、しばらく話し込んでしまった。

9:25着のANA55便で来るY君を出迎え、レンタカーを駆って千歳を出発する。

ニセコへの途中、支笏湖や北海道の3大秘湖の一つ、オコタンペ湖に寄り道したので途中で昼になり、道の駅「フォーレスト276」で昼食にする。ここは1億円の自動演奏ピアノがあるので有名だ。コロッケやきのこ汁、ソーセージなど地元産の食材に満足した。

支笏湖畔のポロピナイ
キャンプ場とY君。
背景は風不死岳。

ミラージュ・ディンゴ。
小さくてもよく走る。
GDIで燃費も最小。
オコタンペ湖にて。
やがて、車窓から羊蹄山が見えてきた。
吹き出し公園によってみよう。ここは羊蹄山の伏流水が湧きだしているところで、山全体で50万トン/日、ここ1カ所で8万トン/日もの名水が噴き出している。日本百名水にも選ばれている。多数の業者や一般の人々も灯油缶のような大型容器を手押し車に積んで、汲みに来る。札幌から自家使用のためにわざわざ汲みに来るという。

名水はさすがにおいしい。北海道の乾燥した空気にのどが渇き、これ以上飲めないほど十分に飲んで、さあ出発。

倶知安から五色温泉への急な坂道を登っていく。五色温泉もいい温泉だ。今は新しい建物になっているが、6年ぐらい前は古い建物で、ひなびた雰囲気がなかなか良かった。
五色温泉から数分で懐かしのチセハウスに着く。その前に国民宿舎「雪秩父」の裏にある大湯沼を見学する。私は何回も見ているが、Y君にもぜひ見てもらいたい。これがチセハウスの泉源だ。

雪秩父前の坂を下りるとチセハウスだ。敬子おばーちゃんは元気で私達を迎えてくれた。
荷物を部屋に置いて、名所「神仙沼」にドライブ。秋には何回も行っているが、新緑の神仙沼は初めてだ。時間が遅く殆ど人がいない。
神仙沼の周辺は湿原が発達し、尾瀬のように多数の池塘が存在する。また、所々に小さい花が慎ましく咲いているのがいい。

駐車場から展望台に歩く。ここからは日本海が展望でき、岩内、遠くには泊原発、更に積丹半島が展望できる。
この日は残念ながらすこしかすんでいて、展望もイマイチだった。
チセハウスに帰ってきた。平日のロッジは、いつも他のお客さんが居ないのだが、今日は女性の先客が1人あった。
七飯から30年ぶりに来られたというMさん。やはり昔からのチセハウスのファンとのことで、とても上品な奥様だ。
もう1人の「チセ」のファンに巡り会えてうれしい。食事しながらいろいろとお話しできてよかった。E−メールで写真を送る約束をして、何枚かカメラに収まっていただく。
今まで、日帰りで訪れるお客さん達とも露天風呂で話しをしているが、チセに来る人はみんな例外なくフレンドリーでいい人達だった。週末に昇さんのコンサートに集まる若者達もきっといい人に違いない。

今年1月、私の「ニセコ物語」を見たと云って、ニューヨークからメールが舞い込んだ。ご実家が札幌で、国際結婚をされてニューヨークに住んでいるとのこと。2才になる男の子の若いお母さん、Mさん(先程の七飯の方もMさんです)がメールの主であった。
彼女のお父さんがチセハウスの常連で、彼女も幼少の頃から冬も夏もチセハウスによくつれてこられて、今は亡きおじいちゃんの巌さん、敬子おばあちゃん、昇ちゃん(と彼女は呼ぶ)に可愛がられて楽しい想い出を沢山持っておられる。今も、札幌のお父さんは月に1回くらい来られているとのことだ。

メール交換で「次はMさんのことを書いたニセコ物語PART2を作りたい」と私が伝えたら、ぜひ読みたい、との返事があった。近い内に機会があったら、家族3人でチセに遊びに行きたい、とも・・・。
今回、おばあちゃんにその話をしたらとても懐かしがっていた。
後日、おばーちゃんから、7月に札幌に帰って来られます、との手紙が来た。

前日は、何回も温泉に入り、ニセコのおいしい水をよく飲んだ。
翌日も天気は上々。外で記念撮影だ。写真を撮っているとキタキツネのご訪問。すずらんも咲いていて、緑が目にしみる。やがてMさんは、次の目的地、小樽へ昇さんの車で出発された。Bon Voyage!
チセハウスの露天風呂。ニセコ最古の露天風呂だ。

Mさんは30年ぶりおばあちゃんや昇さんと話が弾んだ。

私もおばあちゃんと2ショット。
いよいよ、チセハウスを出発することになり、車に乗り込む。また来ますよ〜・・・車が見えなくなるまでおばあちゃんは手を振ってくれた。

次の目的地に行く前にお金をおろさないと・・・。ということで、昆布温泉簡易郵便局へ。2年前にも立ち寄ったところで懐かしい。ここでも前にも来ましたよ、とまた話し込んでY君を待たせてしまった。「ニセコ物語」を見て下さい、とHPのURL入りの名刺を渡したらしばらくして、見ましたよ、とKさんからメールが届いた。

3月のスキーで来た場所が、今どんな風になっているかを見たいと思って、ニセコ甘露水、アンヌプリ温泉やひらふスキー場に行ってみた。冬と違ってスキー場周辺の店は殆ど閉まっている。2泊した「ロッジ浦中」も挨拶しようとしたが閉まっていた。

パノラマラインをニセコ駅まで下り、それから有島記念館に行く。私は3回目だが、来るたびに新しい発見がある。Y君が有島武郎の生き様に大変感銘を受け、いろいろ話し合ったので今回はなおさらだ。展望塔に登ってのどかな周辺の景色を眺めて記念館をあとにした。
アンヌプリ温泉
甘露水(湧水)
有島記念館
有島武郎:親子坂
遅い昼食のあと、雄大な北海道の景色を見ながら新千歳空港に向けて車を走らせる。今日も無事空港に帰着した。三菱レンタカーでチェックを受けて返却完了。走行距離363キロ。
JR新千歳空港駅から今夜の札幌の宿「ススキノグリーンホテル1」に向けて出発した。