ニセコ物語 PART3
新緑の6月に続いてまた紅葉のニセコを訪れた。今度は1人旅だ。「ニセコ物語」シリーズも回を重ねPART3になる。目的地はもちろん湯本温泉郷の「チセハウス」。
      ニセコ物語   ニセコ物語PART2
今回の飛行機は「AIR DO(北海道国際航空)」。AIR DOは、東京←→札幌線のみで、平成10年に運行開始した。大手航空3社の寡占体制による高い航空料金に対し、余分なサービスなどをカットし半額近い料金で参入。スカイマーク航空と共に、今では普通になっている種々の割引料金のきっかけを作り顧客のニーズに答えたパイオニアだ。新規航空会社参入によって乗客が受けるプロフィットは計り知れない。
「DOバリュー21」という特割料金は片道9000円と超安値。札幌への個人旅行では大変ありがたい。これからも大いに利用しようと思う。

9月30日(月)
羽田発8時20分ADO11便。おしぼりや茶菓のサービスはないが、北海道の風物のライブラリーが完備しているし、「ラポラ」という北海道紹介の機内誌もあり搭乗したとたんに北海道への期待が膨らむ。全乗客対象に抽選があって小物が当たったりでとても楽しい雰囲気だ。スチュワーデス(今はキャビンアテンダントと云わなければならないらしい)さんは非常にフレンドリーで、北海道のことについて質問すると親切に答えてくれる。「北海道には何日まで・・・?」「4日の22便で帰ります。」「残念ですが私はその便には乗務しません。よいご旅行を!・・・」、と話が弾んで私がニセコの大ファンだと分かると、「14便のお客さんに配ることになっていますがどうぞ。」と、羊蹄山の湧水のボトルを特別に1本プレゼントしてくれた。サービスを省いて・・・コストダウン。とんでもない!ステキなサービスでルンルン気分。たちまちAIR DOのファンになった。
そんなわけであっと云う間に新千歳空港に着いてしまった。

いつもの通り三菱レンタカーの窓口へ。6月と同じシルバーの「ミラージュ・ディンゴ」を2日間借りて出発。天気は曇り空でこの旅行中台風21号に遭遇しそうだ。先ず、会社(北海道工業ガス・・・HKG)に挨拶に向かう。例年より紅葉が早く、白樺の木に交じって美しい風景が展開する。4日はHKGのゴルフコンペで、これに参加することが旅行のもう一つの目的だ。

千歳市内で昼食後ニセコに向かう。地図は要らない。曇り空で時々雨が降っている。いつものように「フォーレスト276」でトイレ休憩し、「ふきだし公園」に立ち寄って羊蹄山の美味しい水を飲む。先程のペットボトルにも詰めて出発。
イワオヌプリ北面の紅葉が見たいので、倶知安から五色温泉に直登する道道58号に入る。この道路は急坂で幅が狭いので、冬季は閉鎖になる難所だ。3年前の10月15日同じ道を登って五色温泉に泊まったら夕方から大雪になって、翌朝閉鎖されていたのを思い出す。登るにつれて雲が厚くなり、ライトを点けて走る。せっかくの紅葉も台無しだ。早めにチセハウスに行ってゆっくり温泉に入ろう。
チセハウスに着いたら今日も他の泊まり客はいない。織笠のおばあちゃんは元気で私を歓迎してくれた。早速部屋で着替えて温泉に向かう。硫黄のにおいが懐かしい。室内の浴槽に入って体を暖め、名物の露天風呂へ。今日はいつもより少し熱いようだ。今にも雨が降りそうな空を仰ぎながら30分くらい入って可成り汗をかいた。風呂上がりの水が美味しい。
チセハウスに着いたら今日も他の泊まり客はいない。織笠のおばあちゃんは元気で私を歓迎してくれた。早速部屋で着替えて温泉に向かう。硫黄のにおいが懐かしい。室内の浴槽に入って体を暖め、名物の露天風呂へ。今日はいつもより少し熱いようだ。今にも雨が降りそうな空を仰ぎながら30分くらい入って可成り汗をかいた。風呂上がりの水が美味しい。

夕食時、おばあちゃんはまた昔の話をはじめる。今日は南極探検隊の訓練の話だ。
第1回の南極探検の準備が行われている頃、ここ、チセハウスが訓練の舞台になったのだ。村山隊長や同行する若い隊員達が集まって耐寒訓練が行われたらしい。ご主人の巌さんも冬山の経験を買われて隊員に乞われたが、生きて帰れないかも・・・ということで固辞したそうな。
村山氏の他南極関係の錚々たるメンバーが多数来訪したらしい。
長期間、立派な先生方や若い研究者が滞在し、そこに訪れた若い女性スキーヤー達との恋が生まれ、ゴールインしたカップルは数え切れないという。

私の「ニセコ物語」を見たといって、神奈川県在住のKa氏からメールをいただいた。25年前チセで働いていたという。当時はユースホステルもやっていて可成り多忙で、ヘルパーとして働いたとのこと。メールをコピーしておばあちゃんにこの人覚えていますか?と訪ねたら、ああ、Kaさん、よく覚えてますよ!お元気なんですね。との答えが返ってきた。

夜も更けてまた露天風呂へ。翌朝も早く目が覚めてまたまた露天風呂へ。硫黄のにおいが体に染みついてしまった。
上の写真説明
新千歳空港の三菱レンタカー.。カウンターのお嬢さんとは4ヶ月ぶりに再会。 R276沿いの「道の駅」
日本最大のログハウスという。
ふきだし公園。
羊蹄山の伏流水が1日8万トン湧出している。日本百名水の一つ。
倶知安から五色温泉に登る道道58号。車を置いて周辺散策。近くに名勝鏡沼への入口がある。 所々にこういう紅葉が見られる。
イワオヌプリ北面の紅葉。晴れていたら素晴らしいのだが・・・。 国民宿舎「雪秩父」付近の紅葉。
10月1日(火)
雨は降っていないが山の上は雲がかかっている。今日天気が良かったら五色温泉からアンヌプリ(1308m)に登ろうと思っていたが、この天気では無理だ。五色温泉の上にあるセンターでコーヒーを飲んで管理人さんに見通しを聞いたが、紅葉は今が一番だが天気は良くならない。下りた方がいい、とのこと。諦めてニセコ町に下りることにする。
敬子おばあちゃん、81才 いつまでも
お元気で!
上から見たチセハウス。
霧がかかって幻想的。
チセハウス正面脇の紅葉。
霧の中のシラカバ
(ダケカンバ?)林。
大湯沼脇の黄葉。
いつもの郵便局でお金をおろそう。「昆布温泉簡易郵便局」だ。この郵便局はその名の通り昆布温泉郷にある。近くには「昆布温泉公園」や「甘露水」などがある。
ここに来るのは3回目。私のお気に入りの場所だ。今年6月に来たとき、「ニセコ物語」を見て下さい、とURL記入の名刺をお二人の局員さんにお渡ししておいたらしばらくして、見ました・・・、と下の写真右のKoさんからメールをいただいた。今度は、お金を預けに行きますよ、と返事を出したが、今回も、ん万円引き出す羽目になった。

入口で記念撮影。Koさんにシャッターを押していただく。旅行から帰って写真をKoさんにメールで送ったら返事が来て子供の学芸会の準備で忙しくなった・・・とお返事を下さった。

Kiさん(左)とKoさん。3回も来ると顔なじみ。
民営化になってこの郵便局が廃止になると困ります・・・etc.etc.またまた話し込んでしまった。これって、営業妨害?
「ジャガイモ畑」の記念切手を買って、ようやく出発する。
旅行の1ヶ月くらい前、どの局か忘れたが、「比羅夫駅」の駅舎が民宿になっていて、ユニークな経営をされている様子が放映された。そこに行ってみる。細かいことは忘れたが、北海道外の若いご夫婦がこの地を気に入って住み着き、先代の主から民宿を継いでいる・・・とのことであった。
昼間は民宿の客に出す料理の素材を仕入れに行ったり、畑の仕事で誰もいない、とのことであったが、行ってみると、その通り民宿の入口にはカギがかかっていた。
無人駅でホームには自由には入れる。一度こんな所に泊まって、お話しを聞きたいと思う。
駅には愉快なカンバンがあった。この駅は比羅夫であるが、比羅夫スキー場から4キロも離れている。間違ってここで降りるスキー客があるらしく、そんな客のためにどうしたらいいかをアドバイスするカンバンだ。要約すると次のようになるが、とてもユーモラスで気に入った。
 (1)スキー場まで4キロを歩く。・・・元気な人向き
 (2)次の列車で隣の「倶知安駅に行ってそこからバス。・・・ヒマな人向き
    (次の列車は4時間くらい来ないこともある)
 (3)タクシーを呼ぶ。20分くらいで来る。・・・リッチな人向き
民宿入口はこちら
函館本線比羅夫駅ホーム
民宿に併設された風呂入口。巨木
をくりぬいて作った浴槽がある
比羅夫駅前広場
駅をあとにして帰路に向かう。パノラマライン(道道66号)真狩方面に進む。ニセコ駅を過ぎて近藤地区に「シェーンベルク」というレストランがある。ここで昼食だ。ログハウス風のシェーンベルクは66号沿いにあり昔から何回も通っていたので知っているが、高級そうで、庶民派の私にはちょっと・・・と思っていつも通り過ぎていた。

ここのオーナーは村岸弘さん。ミュンヘンで4年間修行されてハム、ソーセージを主体とする料理がご自慢で、ここでハム、ソーセージ作りの体験も出来る。「シェーンベルク」は「美しい山」の意で目の前に美しくそびえる羊蹄山から名付けられたとのこと。

村岸さんはわがパソコンセミナー「いちえ会」の先輩メンバー、札幌ご出身の村岸延子さん(ハンドル名:オレンジさん)の甥で、それを知って6月に立ち寄ったが生憎定休日であった。それで今回こそ、とやってきた。

外観と同じく屋内もセンスの良い飾り付けでいい感じだ。
ランチメニューはソーセージにサラダ、
パン、コーヒーつき。ソーセージは5〜6
種類から選べる。さすがにお味は1級品
。しかもお値段は1500円程度と割安だ。
今回は伯母様からの紹介と云うことで
自家製のアイスクリームを振る舞って
下さった。大満足!!
シェーンベルクから2キロほど東に行くと、真狩村の湧き水がある。真狩村は細川たかしの生地だ。
ここでも羊蹄山の清水がこんこんと湧きだしている。シェーンベルクでもこの水を使っている。

これで今回のニセコ物語はエピローグとなった。一路、新千歳空港に向かう。台風21号は茨城県で送電線を倒しながら80キロという超高速で北海道へ北上中とのこと。まだ雨は降っていないが雲行きが怪しくなってきた。
無事空港に着いて車を返却。JRに乗り換えて今夜の宿札幌に向かった。
札幌のホテルに着いたら「明日のゴルフは台風のためキャンセルした。」との電話が入っていた。ゴルフ中止は残念だが、翌朝は6時に起床の予定だったので寝坊できるとはありがたい。翌未明までススキノの夜を楽しんだのは言うまでもない。
台風は午前6時に苫小牧に上陸した。ゴルフのブランクを札幌市立中央図書館で、趣味の古代ローマ史の本を読んで過ごした。さすが大都市札幌だ。蔵書は驚くほど多い。風は強いが天気は急速に回復してきた。