白河高原ゴルフの旅

年1回、恒例のAG会(青山学院ゴルフ会、昭和30年3期高等部卒の45年来の仲間とその友人で構成)。今年は白河高原カントリークラブ
で開催された。
6月28日(木)〜6月30日(土)

参加者
中森 遥    山室 信雄    米田 宗弘    山田 実
水谷 理    寺田 義男    三宅 康之

幹事
中森    水谷

週間天気予報では、この3日間だけよりによって雨。梅雨時なので諦めていたが、28日当日は晴れ。ラッキー!!。
メンバーは7名。横浜・鎌倉組の我々3人と、練馬・東久留米組3人が別々に出発する。
集合は、東北道、白河I.Cからすぐの国道4号沿い、肉の万世に午後5時。余裕を持って、2時に横浜駅前を山田君のアコードで出発。平日の昼下がりで渋滞もなく、15分前に万世の駐車場に。やがて練馬組も到着し、再会を祝して乾杯。評判の焼き肉定食を注文して早い夕食となる。ここには、同じメンバーで何回も来ているが、さすがに美味しい。
すぐ近くのJUSCO白河西郷店に立ち寄り、今夜のビールやおつまみ、それからサクランボ「佐藤錦」を1箱を調達する。佐藤錦は2キロ入り1780円で安い!。
ここからゴルフ場のロッジまで30分弱。高度が上がるにつれて涼しさが増してくる。横浜で大汗を流していたのがウソのようだ。森の緑が、日頃パソコンや読書で痛めつけられている目を癒してくれる。
白河高原CCに着き、チェックインして温泉つきロッジへ。白河方面のゴルフ場には何回も来ているが、この名門ゴルフ場は13〜14年ぶり。2年前にロッジが新しくなり、個室になっていて快適だ。
このゴルフ場は昭和38年にオープンしたが、甲子温泉の泉源から4キロのパイプを敷設し、ゴルフ場の大浴場まで湯を引いているので、24時間いつでも入浴できる。
また、クラブハウスは合掌造りで、木の太い梁や柱が美しい。
温泉に入り、ビールを飲みながら雑談したり囲碁を楽しんだ後、明日のゴルフに備え、早めに解散。

肉の万世に集合。
6人で再会。
もう1人寺田君は神田で開業する耳鼻科医。多忙のため、1日遅れて明夕の到着する。

29日(金)、明け方大雨と雷の音で目が覚める。これはマズイ。TVをつけて天気予報を見ると午前中雨、雷雨注意報。午後は曇りとのこと。9時のスタートまでになんとかなるかも知れない。
7時30分、食堂に集合。全員はりきっている。雨もやんで、一部青空がのぞいている。
今日はゴルファーが少なく、コースはがらがらだ。30分ぐらい時間を繰り上げスタートする。
日が照り始め、夜からの雨で水をたっぷり含んだ芝からの湿気で蒸し暑いが、しばらくすると乾燥して、高原特有のさわやかさが戻ってきた。粘り着くようなティフトン芝のフェアウエィや傾斜の強いグリーンに悩まされる。キャディさんの的確なアドバイスがなかったら大変だ。
好天下に1日目の1ラウンド終了。
早速、温泉へ。「炭酸カルシウム単純泉」、「高度835メートル」の表示がある。涼しいわけだ。
しばらく休息して、近くの高原を散歩する。野生の花々がいろどりを添えている。近くに「キョロロン村」というレジャー施設もある。2時間くらい歩いてクラブハウスに帰って夕食をとる。
寺田君が、9時前の新幹線で着くので、山室、中森両君が迎えに行く。到着後また雑談をする。寺田君が今からマージャンをやろうと言いだし、みんなでなんとか阻止した。明日のスタートは7時30分。早く寝ないと。明日は多分雨だろう。

29日朝、クラブハウス前。早朝の雨はもう止んでいる。
合掌造りの建物がユニーク。
キャディーさんにシャッターを押してもらう。
今日のメンバー全員で記念撮影。
クラブハウス内のレストランにて。
屋根の構造を内側から。
9番ティーからクラブハウスを望む。
山田君のアドレス。
コースからクラブハウスを望む。
高原の可憐な花たちを観賞する。
野生のアヤメやマーガレットなどが、小さく遠慮がちに咲いている。
キョロロン村 ゴルフ場入口。米田、中森、山室

30日(土)、今日の予報も朝から雨。今はまだ、降っていない。
6時50分、食堂に集合。7時30分スタートの予定で、急いで朝食をとる。
1番ティーグラウンドで、また全員の記念撮影。寺田先生の先輩でここのメンバー、中川先生にも一緒に入っていただく。今回のコンペは、中川先生のご紹介により実現した。
今日が正式のコンペだ。昨日はいまいちだったので、今日はがんばらなくては・・・。
この日第1組でスタート。いきなりドラコンホール。あまりいい当たりではなかったが、フェアウエイに。(これが幸運にも取れたのだ。)まだ、雨は降っていない。
昨日同じコースを回ったので練習になったはずだが、これがそうはいかない。
8時半頃アウト9ホールを終了し、すぐインに向かう。なかなか調子が出ない。やがて、ぱらぱらと雨が降り始める。本降りになる前に終わりたい、と先を急ぐ。結局、小雨の段階でホールアウト出来た。だが、スコアは非常に不満足。昨日より5打悪い。多分メーカーだろう。
後の組も上がってきた。まだ12時前だ。
温泉に入って汗を流し、精算した後、ハウスのレストランに集合する。
とりあえず、ビールで乾杯!この後が大変だ。なにしろ、順位の他、ドラコン、ニヤピン、バーディなどのポイント、オリンピックetc.etc.計算も無事に終わり、ゆっくり食事をしながら反省会。
優勝は、またまた水谷さん。私はブービー。トホホ・・・。優勝とブービーが次回の幹事になる。これから1年間大変だ。


クラブハウスで乾杯! 2日間お世話になったスタッフの皆さん。


ブービー 三宅君(写真なし)。スコアは最後に記載(コッソリ)。優勝の水谷さんはベスグロ(87)。圧倒的なレベル。以下、順位を示すと、

↑ メーカー 山田君


↓ 4位T 米田君
↑ 優勝 水谷さん


↓ 4位T 寺田君(真ん中)
↑ 3位 山室君


↓ 2位 中森君(左)

これで、表彰式もお開きに。
この後、またJUSCOによって、おみやげを買う。鈴木 一成君に白河名物のソバなど一式を送る。彼は我々グループの有力メンバーだが、2年前、事故で重傷を負い、懸命にリハビリ中。来年の復帰を目指している。がんばれ鈴木君!!
これで、全行程終了。幹事さんご苦労さんでした。
近くに雪割橋という名所があると聞いて、見に行く。阿武隈川源流の深い渓谷だ。橋の上から覗き込むと目がくらむような深さだ。橋のたもとにある売店カルミヤでアイスクリームを食べ、再会を約して、それぞれ帰途についた。

氏名 HC 6/29  非公式戦 6/30  本戦 新HC
OUT IN TOT. NET 順位 OUT IN TOT. NET 順位
山田 実 52 52 104 95 51 55 106 97 10
三宅 康之 18 55 50 105 87 56 54 110 92 BB 18
水谷 理 48 49 97 89 42 45 87 79 優勝
米田 宗弘 48 54 102 94 55 44 99 91 4T
中森 遥 26 57 59 118 92 53 55 108 82 23
山室 信雄 13 49 49 98 85 優勝 50 50 100 87 13
寺田 義男 16 53 54 107 91 4T 16